溺れる魚

劇場公開日

10%
23%
51%
3%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

落ちこぼれ刑事コンビが巻き込まれる荒唐無稽な事件の顛末を描いたコメディ・ミステリー。監督は「ケイゾク/映画」の堤幸彦。戸梶圭太による同名小説を基に、「クロスファイア」の横谷昌宏が脚色。撮影を「新生 トレイの花子さん」の唐沢悟が担当している。主演は、「風花」の椎名桔平、「富江 replay」の窪塚洋介、「リング0 バースデイ」の仲間由紀恵、「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のIZAM、「ざわざわ下北沢」の渡辺謙。

2001年製作/101分/日本
配給:東映

ストーリー

麻薬取引の現場から証拠の現金を着服した白州刑事と、女装癖から婦警の制服を盗んだ秋吉刑事は、警察組織の内部犯罪を調査する特別監察官室長・御代田警視正の部下・相川警部の命を受け、警視庁公安部の警部・石巻の内偵調査をすることになった。石巻は、大手フィルムメイカー、ダイトーの社長・保坂との癒着や中国マフィアとの関係などが噂される要注意人物だ。早速、白州と秋吉は石巻が頻繁に出入りしているクラブ、ディファ有明へゲイ・カップルを装って潜入するが、実はそこのオーナーでグラフィック・アーティストの岡部は、「溺れる魚」を名乗りEメールでダイトーに脅迫文を送りつけていた人物だった。岡部には、オブジェに人骨を使用していたことを指摘され、ダイトーが主催する芸術賞を剥奪された過去があったのだ。保坂に裏金を貰って溺れる魚の調査にあたっていた借金まみれの石巻は、岡部が犯人で証拠を掴むことに成功するが、なんと彼は岡部を脅迫して彼からも金を得ようとしたのである。ところが岡部はそれに屈せず、窮した石巻は中国マフィアを使い溺れる魚を名乗ってダイトーから金を奪おうと画策。しかしそれが原因で、警察、大企業、ヤクザを巻き込んでの大騒動が勃発してしまうのであった。白州と秋吉、相川の活躍で騒動は一件落着。しかし、今回の騒動の裏には御代田の恐るべき思惑があったことが判明する。それは、岡部との因縁の対決。実は、御代田は岡部がまだ幼い頃に彼の家族を惨殺した犯人だったのだ。ふたりの意外な関係を知った白州たちは、御代田の凶弾に倒れた岡部の為に、壮絶な闘いの末、御代田を倒すのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
横谷昌宏
原作
戸梶圭太
企画
遠藤茂行
伊藤満
製作
佐藤雅夫
芳賀吉孝
プロデューサー
渡邊範雄
出目宏
菅野賢司
撮影
唐沢悟
撮影効果
津川達郎
愛甲常幸
美術
稲垣尚夫
音楽
見岳章
音楽プロデューサー
津島玄一
主題歌
鬼束ちひろ
サウンドコーディネーター
志田博英
録音
井上宗一
効果
亀森素子
照明
石田健司
編集
深野俊英
衣裳
冨樫理英
加藤美紀
山口千恵美
アシスタントプロデューサー
澤渡匠
製作担当
朝比奈真一
助監督
木村ひさし
スクリプター
奥平紋子
スチール
阿部昌弘
特殊効果
鳴海聡
船橋誠
CGデジタル合成スーパーバイザー
西村敬喜
特殊メイク
松井祐一
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0劇場公開時鑑賞。原作未読。

なおさん
2022年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テレビドラマの『トリック』『池袋ウエストゲートパーク』にどハマりしていたので、その流れで鑑賞。
豪華な出演者を無茶苦茶させてるのにキャッキャしてた。やっすいキャラにやっすい事件は実はピッタリだったと思っている。
ラストカットを見るに戸梶さんも満更でもないような…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

1.0ハズレのほうの堤作品(本当は好き)

kossyさん
2021年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5堤幸彦監督らしい作品。 TRICKやケイゾク、SPECが大好きだか...

2020年11月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

堤幸彦監督らしい作品。
TRICKやケイゾク、SPECが大好きだから、本作も楽しめた。十八番のクスッと笑える演出は本作も現在。独特の映像も好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

3.0堤監督ワールド!

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

堤さんの作品感が出てるなあ
って思った作品だった

全体的に暗い雰囲気が続いていて
狂気性を感じられるような作品。

IZAMに関して全く知識なかったけど
演技うまいなあって印象があるくらい
見ててどんどん引き込まれた!

仲間由紀恵もtrickの山田っぽくて
より堤監督を感じたのかもしれない!
狂気性がありつつも
くすって笑えるコメディの方が
私は強いと思った!!

原作読んでないから
原作通りに進んでるのかはわからないけど
溺れる魚っていう題名の通りに
話は進んでもない気がする、、?

というか結局溺れる魚の最初の殺人鬼は
誰だったんだろう???

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねん
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る