僕らはみんな生きている

劇場公開日:

解説

アジアの架空国タルキスタンのクーデターに巻き込まれた日本人商社員の姿を描くサバイバル・コメディ。「病院へ行こう」シリーズのヒット・コンビ、監督・滝田洋二郎、脚本・一色伸幸によるもので、撮影も同じく「病は気から 病院へ行こう2」の浜田毅。政情不安のタイで七五日間に渡る本格的長期ロケを敢行して完成した。キネマ旬報ベストテン第五位。

1993年製作/日本
配給:松竹

ストーリー

三星建設海外土木設計第三課の若手社員・高橋啓一は恋人・美由紀にしばしの別れを告げ、南西アジアにある国タルキスタンに出張することになった。空港で出迎えたのは現地の支店長・中井戸と運転手のセーナ、そして貧しい子供たちの群れと戦車のパレード。高橋が呼ばれたのは三年前に政権を掌握したムイニット軍事政権によるODA事業のプレゼンテーションをするためだったが、軍の開発担当相であるカッツ大佐にはライバル会社IBCの富田がしっかり食い込んでおり、入札は案の定IBCに。だがその結果の内示があったカッツの誕生パーティーの日、突如クーデターが起こる。ゲリラの中にはセーナの姿もあった。高橋と中井戸、富田とその部下の升本の日本人商社員四人は市街戦の真っ最中の街を避け、空港にたどり着くためにジャングルを歩くはめになるが、途中の村で革命軍に遭遇、中井戸が捕まえられる。彼はスパイとして政府軍にゲリラの情報を無線で知らせていたのだった。高橋ら他の三人は何とか逃げ出すが、やはり中井戸を助けようと考え、政府軍のデジタル無線を傍受する機械を作り中井戸の命と引き換えに売ろうと戻っていく。革命の混乱の中でも彼らはジャパニーズ・ビジネスマンだった。そんな姿を自嘲気味に最低だと言い合いながら、無事助かった中井戸ともども、四人は空港に向かってオート三輪を走らせるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第17回 日本アカデミー賞(1994年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 滝田洋二郎
脚本賞 一色伸幸
主演男優賞 真田広之
助演男優賞 岸部一徳
助演男優賞 山崎努
詳細情報を表示

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5日本人はみんなビジネスマン、ではない

2023年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(真田広之)は東南アジアの某国へ海外出張するが、滞在中にゲリラによるクーデター騒動に巻き込まれる。
日本人仲間4人で空港まで逃げようとするのだが・・・。
ある意味、当時の日本人の思い上がりを皮肉っている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

3.0戦時下のエゴと儚さ

2023年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

悲しい

貧富の差による政府軍と反政府軍の内乱下に先進国が商売する様は、現代のスロバキア🇸🇰とロシア🇷🇺の戦争にも通じて、悲しかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jiemom

5.0日本のサラリーマンの凄さ

2022年10月2日
Androidアプリから投稿

をおもしろおかしく風刺も含めて表した「僕らはみんな生きている」。
真田広之がかっこいい。
もう、今の日本では、こんなサラリーマンはいないよな。
マンガ版はもっとすごい名作。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
M

3.5地獄の黙示録

2020年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

カーツ大佐なんて名前を付けているところや、ジャングルを彷徨う当たりが、地獄の黙示録のパロディを観ているみたいでした。経済的に日本が良かった時代の作品なので、日本企業の名前が沢山出てきます。悲しいかな、今ではあり得ませんが、「日本凄い時代」の象徴的作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミカ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る