二百三高地

劇場公開日

26%
40%
28%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

今世紀初頭、近代化したとは言え、列強諸国に比べ遅れをとる日本が、超大国ロシアに何故戦争を挑んだのか。そして、その戦争を背景に、政府、軍、民間といった様々な階級の人々がいかに生きたかを描く。脚本は「仁義なき戦い」シリーズの笠原和夫、監督は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の舛田利雄、撮影は「トラック野郎 突撃一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

1980年製作/185分/日本
原題:Port Arthur
配給:東映

ストーリー

十九世紀末。ロシアの南下政策は満州からさらに朝鮮にまで及び、朝鮮半島の支配権を目指す誕生間もない明治維新政府の意図と真っ向から衝突した。開戦か外交による妥協か、国内では激論がうずまいていた。軍事力、経済力ともに弱小な日本にとってロシアは敵にするには強大すぎた。しかし、幾度となく開かれる元老閣僚会議で、次第に開戦論がたかまっていくがロシアの強大さを熟知している伊藤博文は戦争回避を主張していた。巷でも、開戦論で民衆を煽動する壮士グループと、戦争反対を叫ぶ平民社とが対立。ある日、開戦論に興奮した民衆が平民社の若い女、佐知に殴りかかろうとしているところを、通りがかった小賀が救った。その頃、伊藤は参謀本部次長の児玉源太郎と会見、対露戦の勝算を問うていた。児玉は早いうちにロシアに打撃を与え、講和に持ち込むしか勝つ道はないと訴えた。明治三十七年二月四日、御前会議で明治天皇は開戦の決議に裁可を下した。ここに日露戦争の幕が切っておとされた。日本軍は陸と海で破竹の進撃を開始した。伊藤は前法相の金子堅太郎をよび、アメリカのルーズベルト大統領に講和の調停役を引き受けるように説得を要請する。そうしたなかでも、神田のニコライ堂ではロシア人司祭によるロシア語の講座が細々と続けられ、出席していた小賀は、そこで偶然にも佐知に出会った。思いがけぬ再会に、二人の間に愛が芽生えた。やがて、金沢の小学校教師である小賀も出征することになり、彼を慕って金沢までやって来た佐知と愛を確かめあう。小賀の小隊には、豆腐屋の九市、ヤクザの牛若、その他梅谷や米川たちがいた。戦況は次第に厳しさを増し、海軍はロシア東洋艦隊に手こずり、陸軍は新たに第三軍を編成、司令官に乃木希典を命じた。旅順の陥落が乃木にかせられた任務だったが、ロシアはここに世界一という大要塞を築いていた。ロシア軍の機関銃の前に、日本軍は屍体の山を築いていく。絶望的な戦いの中で、小賀と部下たちの間に人間的な絆が生まれていった。しかし、戦いで部下を失った小賀の胸には戦争への怒りと、ロシア人への憎しみが燃えあがっていた。十一月二十七日、司令部は二百三高地攻撃を決定した。その日、小賀は捕虜の通訳を命じられたが、「兵には国家も司令官もない、焦熱地獄に焼かれてゆく苦痛があるだけ」と拒否、その言葉は激しく乃木の胸を打った。十二月六日、乃木に代って指揮をとった児玉のもと、二百三高地攻撃が開始された。戦闘は激烈を極め、乃木は鬼と化していた。そして、三一五〇名の戦死者と、六八五〇名の負傷者という尊い犠牲を払い、二百三高地はおちた。しかし、小賀たちの一隊は、ロシアの少年兵との激闘の末、戦死してしまう。一ヵ月後、旅順は陥落、これが翌三十八年三月の奉天大会戦の勝利、さらには日本海大海戦の勝利へとつながった。翌三十九年一月十四日、乃木は天皇はじめ皇族、元老が居ならぶ前で軍状報告を行なったが、復命書を読み進むうちに、小賀や多くの兵のことが心をよぎり、落涙を禁じえなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
笠原和夫
企画
幸田清
天尾完次
太田浩児
瀬戸恒雄
撮影
飯村雅彦
美術
北川弘
音楽
山本直純
主題曲
さだまさし
録音
宗方弘好
照明
梅谷茂
編集
西東清明
助監督
馬場昭格
スチール
加藤光男
特殊効果
中野昭慶
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

受賞

助演男優賞 丹波哲郎

ノミネート

作品賞  
監督賞 舛田利雄
脚本賞 笠原和夫
助演女優賞 夏目雅子
音楽賞 山本直純
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)東映

映画レビュー

5.0アメリカ並みの舞台セット

2020年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリカ並みの大掛かりな舞台セット。
日本でもこういう迫力あるものが作れたのか、と驚きました。

有名なのでしょうけど、更に世間に知れ渡って欲しいです。
戦争は悲しいものだ、というのが分かります。

太平洋戦争を戦争だと、ひとくくりにしてその思考の通りに鑑賞し、
その気持ちのまま観ていましたが、
ただただ、これもこれでひとつの「戦争」という大きな「物語」なのだと感じました。
これは戦争賛美及び日露戦争賛美ではなく、
独立した「ひとつの」戦争だと、他とひとくくりにしてはいけないものだという、
そういうことを言いたいです。

ただ、あまりにも長いので、1時間おきに休憩をいれるといいかもしれません。
夏目雅子さんがあんなに美しい方だったとは、、
とてもお綺麗な方ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひぃちゃん

4.5勝ち戦を題材にしての堂々たる反戦映画

2020年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りゃんひさ

5.0最高の「反戦映画」です。

よしさん
2020年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

乃木大将と、最前線に出征した少尉の目線から描いた旅順包囲戦。

邦画の戦争映画の中で、唯一鑑賞出来た映画です。
名もなき兵士から見た戦争の惨たらしさ。軍司令官の苦悩。要所でインサートされる家族たち。そして、元老伊藤を描くことで日露戦争全体も描き、映画全体の分かり易さと完成度を高めます。

乃木を演じる仲代達矢の演技が秀逸です。ランプを消し暗闇で震えるシーン、児玉に「木石じゃないぞ」と怒りをぶつけるシーン。素晴らしいシーンの連続でした。
また、少尉が変貌していく姿も心を打ちます。トルストイを敬愛しロシアに愛着を持つ少尉が、戦闘を繰り返すことで形相が変わっていく様は、戦争の恐ろしさを思い知らされます。

戦闘シーンは邦画レベルを超越した迫力で、テレビ鑑賞でも圧倒されるものでした。やや芝居がかっていたり、ジオラマがチープだったりするのが少々残念ですが、映画全体の評価を損ねるものではないように思います。
戦争の酷さをこれでもか・・・と描きながら、最後は勝利で終わる日露戦争は、私にとっては鑑賞出来るギリギリのものでした。
公開直後は、「戦争賛美」と批判されたそうですし、どうしてもナショナリズムを駆り立てる映画であるのも事実です。しかし、私の中では反戦映画の最高峰だと思っています。

ただ、忘れてはならないことが2点。この戦争ではロシア兵士も数多く死傷しています。旅順包囲戦では、日本兵より多くの兵士が亡くなっています。欧州からアジアに侵略してきた兵士達ですが、彼等も祖国の為に戦っている点では、日本兵士と変わりはありません。
そして、この戦争は朝鮮・中国の国土で行われていたこと。当時の世界情勢を考えると仕方ないことではあるのですが、今の感覚では「日本もロシアを批判出来ない」戦争であることも理解しておきたいです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

5.0これこそ世界最高峰の戦争映画にして、同時に世界最高峰の反戦映画でもあります

あき240さん
2020年1月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

声を上げて号泣しました

戦争の悲惨をこれでもかと訴え、感情を震わせて伝えてきます
本作を、軍国主義を賛美しているとの批判は全くどうかしています
これ以上の反戦映画は世界を見渡しても有りません

インターミッションとエンドロールで流れる有名な主題歌がその反戦のメッセージを的確に伝え、かつ感情を強烈に揺さぶります

司令官としての乃木将軍の巨視的視点、最前線で戦う名も無き兵士達の苛烈な戦場の視点
そして銃後の日本での生活の視点を、夏目雅子の演じるヒロインの松尾、野際陽子の演じる乃木の妻とでみせます
この三つの視点を巧みに組み合わせて立体的に物語を紡いでいきます

希にみるような優れた脚本で、私達は金沢第9師団に応集された新兵4人、新任少尉の元小学校教師の小賀の5名とともに旅順攻略戦に参加することになります
映画の終盤にはその5名と私達は戦友になっているのです

単なる戦記物語ではありません
戦争の悲惨さをあざとく、これ見よがしに見せてくる安っぽいお涙頂戴でもありません

忠実に戦史を再現しつつ、戦争の悲惨さを同時に伝えます
日露戦争は第一次世界大戦を先取りしたような戦争だったのです
人類初めての大量殺戮の戦いを経験したのです
ですから決して乃木将軍が無能であったとは言い切れません

戦闘シーンは古今東西の戦争映画の最高峰です
ジョン・ウェインの硫黄島の砂も、史上最大の作戦、プライベートライアンでのオマハビーチの激戦シーンすら本作には遠く及びません
雨霰と飛び交う銃弾と砲弾の下、一面に戦死者が埋め尽くされていきます
地面は砲弾によって掘り返され月面のようになっています
銃弾が無くなるまで戦い、銃弾が底をつけば石を投げ合ってでも戦い、銃剣突撃し、最後には素手で掴みあうのです

さらには上面なヒューマニズムでは全く歯が立たない戦争の強烈な現実までも伝えてきます

国と国の利害の激突によって殺し合うかも知れないが、人間同士が敵視しあうものではない

そのようにあおい輝彦が演じる小賀は主張して美しい国日本、美しい国ロシアと小学校の黒板に併記して出征します
しかし、その彼がそれを否定してしまう現実
フィアンセの松尾もまた美しい国ロシアとは板書しようとして出来ませんでした

戦争するくらいなら殺されようと、繁華街でギターを鳴らして歌ってビラを撒く団塊左翼老人達の夢想的平和主義の空理空論を木っ端微塵に粉砕しています

山も、河も、季節も、愛も死にはしません
しかし人間はかくも簡単に戦場で死んでいくのです
殺されては何もなりません
けれども山、河、愛、祖国の平和な暮らし
それを守る為になら、確実にすり潰される運命を知っていても兵士達は死地に飛び込むのです
突撃に怯むことなく敵に向かって突進しているのです

本作には日章旗と共に旭日旗が数多く登場します
軍旗としても登場し、クライマックスではボロボロになってまでロシア軍と争奪戦をして山頂に掲げられます

旭日旗はこのような歴史と戦場で戦った無数の兵隊達の血と涙が染み込んだものだったのです

確かに軍旗として使われていますが、それは某国が主張するような侵略の旗印では決してありません
そぞろオリンピックに向けて難癖をつけて来そうですが、そんなものでは絶対にありません

名も無き兵士達が、祖国の山、河、平和名暮らし、愛する人、それを守る為に命を掛けていた名誉の旗なのです

それを侮辱するということは、私達のご先祖様の死を、血と涙、苦痛と苦悩を侮辱する事と同じ事です

それを再確認出来る事でも、本作を今観る価値と意義があります

乃木の仲代達矢、児玉の丹波哲郎、明治大帝の三船敏郎
彼らは正にその人にそのもののようです
そしてヒロインの夏目雅子は目を見張るような美しさでした
あれほどの戦場の悲惨さに釣り合うほどの美しさでした

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る