どら平太

劇場公開日

どら平太
16%
36%
29%
16%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

或る小藩に蔓延る腐敗を正すべくやって来た、破天荒な町奉行の活躍を描く痛快娯楽時代劇。監督は「新選組」の市川崑。山本周五郎の原作を基に、「雨あがる」の黒澤明と「父」の木下惠介、市川監督、「食卓のない家」の小林正樹による四騎の会が共同で脚色。撮影を「新選組」の五十畑幸勇が担当している。主演は「カリスマ」の役所広司。第50回ベルリン国際映画祭参加作品。

2000年製作/111分/日本
配給:東宝

ストーリー

或る小藩。ここでは、町奉行が不明瞭な辞職を繰り返していた。そんな矢先、江戸から望月小平太なる新任がやってくる。ところが、その男には振る舞いの不埒さから_どら平太_という渾名がついていた。実際、着任する筈の期日を10日も過ぎても、彼は奉行所に出仕しない始末なのだ。しかし、それはどら平太本人が友人で大目付の仙波義十郎に頼んで、わざと流させた悪評であった。実は、彼は密輸、売春、賭博、殺傷などが横行する「壕外」と呼ばれる治外法権と化した地域の浄化にやってきたのだ。早速、遊び人になりすまし壕外に潜入した彼は、壕外の利権を分け合っている3人の親分の存在を知る。密輸業を仕切る大河岸の灘八、売春業を仕切る巴の太十、賭博を仕切る継町の才兵衛。そんな彼らに、腕っぷしの強さと豪快な遊び方を見せつけ圧倒するどら平太。遂に、彼は誰もがなし得なかった3人の親分を観念させることに成功する。だが、彼が奉行として彼らに下した罪状は、死罪ではなく永代当地追放であった。実は、どら平太の本当の目的は、彼らと結託して私腹を肥やしていた城代家老・今村掃部を初めとする藩の重職たちの不正を正すことにあったのだ。灘八たちに藩と結託していた証拠を無理矢理作り出すことを命じ、それをもって重職たちを退陣に追い込むどら平太。しかし、藩の重職たちと3人の親分の間で私腹を肥やしているもうひとりの人物がいた。それは、義十郎であった。だが、そのことを知ったどら平太の前で義十郎は自害してしまう。こうして、どら平太は一度も奉行所に姿を現さないまま役目を全うした。しかし、そんな彼にも苦手なものがあった。それは、彼とは7年来の馴染みで、先般、江戸から彼を追いかけてやってきた芸者のこせいである。江戸に連れ帰ろうとする気の強い彼女に捕まってなるものかと、どら平太は次なる赴任地へ駄馬を走らせる……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 日本アカデミー賞(2001年)

ノミネート

主演男優賞 役所広司
助演男優賞 片岡鶴太郎
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0四騎の会

2020年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作は山本周五郎、四騎の会(黒澤明、木下惠介、市川崑、小林正樹)が脚色、市川崑が監督した。
主人公のどら平太(役所広司)は小藩の町奉行に任命されるが、出仕していない。
江戸から藩には来ているようだが、特命によりいろいろと調べているらしい。
そのうち江戸から芸者(浅野ゆう子)がやってきて・・・。
とても面白い作品で、この主人公はまだまだ使えそうなほど魅力的。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5敵を欺くには先ず味方から…

everglazeさん
2018年11月19日
iPhoneアプリから投稿

町奉行の作戦も良いけれど、最後の裁き、成敗が上手いです。みんな、唸るしかない(^^)。

ただ演出や言い回しが昭和のコントみたいで残念です。アクションもリアクションもいまいち。あれだけ斬って血が一滴も出ないのがチャンバラという感じ。

浅野ゆう子さんの話し方は、芸者と言うより、武家の奥方にしか聞こえません。。。
菅原文太氏は渋い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

3.5古き良き時代のサムライだ!

2018年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作 山本周五郎 監督 市川崑 脚本は、黒澤明 木下恵介 役所広司が、痛快なお奉行を演じてました。
単純明快なストーリーが返ってよろしいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大阪ぶたまん

3.5痛快時代劇! ネットでの評判は芳しいものではないようだが、 とんと...

2017年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

痛快時代劇!
ネットでの評判は芳しいものではないようだが、
とんと面白い時代劇が見られなくなった昨今、それもあってか実に楽しく見ることが出来ました。遊び人的なお奉行様が悪を成敗するという王道ストーリーも安心感あり。
役者陣も豪華です。なかでも菅原の文ちゃん、やっぱシブいわ。主演の役所広司も若々しい。

ところで役所広司と言えば今は『陸王』ですね。今晩の放送も楽しみですね。『陸王』と言えばいつも挿入歌に泣かされますね。歌っているのは、リトルグリーモンスターです。今日もジュピターなのかな?劇中、いろいろな曲が使用されるようです、こちらもお楽しみに!
個人的嗜好を押し付け申し訳ありません(笑)
個人的ついでに…エンドロールにて私と同姓同名、発見。点数up(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る