GONIN

劇場公開日

19%
51%
28%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バブル崩壊で世間からはみ出してしまった五人の男たちが仕組んだ強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で描くバイオレンス・アクション。監督・脚本は今回は名美と村木の愛の物語を離れた「夜がまた来る」の石井隆。撮影は石井とのコンビが冴える佐々木原保志。五人に紛するのは、「プ」の佐藤浩市、「RAMPO」の本木雅弘、「ゴト師株式会社スペシャル」の根津甚八、「EAST MEETS WEST」の竹中直人、「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」の椎名桔平。LD化の際再編集され119分の<特別版>が製作された。また2007年には121分の<REAL EDITION>が製作されている。

1995年製作/109分/日本
配給:松竹

ストーリー

かつてはヤングエグゼクティブとして雑誌に紹介されたこともあったディスコのオーナー・万代は、バブル崩壊で多額の借金を背負い、暴力団大越組の借金の取り立てに苦しんでいた。ある夜、万代は新宿のバッティングセンターで、サラリーマン風の男・萩原に執拗にからまれ、反対に殴りつけると、萩原は呆気なく倒れて泣き出した。リストラで会社を解雇された萩原は、職を求めて夜の街をさすらっていたのだ。怪我をした萩原を車に乗せて店に帰った万代を待っていたのは、大越組組員による嫌がらせだった。調子に乗って暴れる組員を、美貌の青年・三屋がナイフで刺した。三屋はホモ男を恐喝して刑務所に入ったことがあり、それが万代の密告によるものと思い込み付け狙っていたのだ。三屋の誤解をとき、万代は一緒に仕事をしないかと持ちかける。万代は、大越組の金庫に眠っている大金強奪を計画し、仲間を探している最中だった。万代に憎しみとともに憧れも抱いていた三屋はそれを承諾する。翌日、万代は借金の返済を延ばしてくれるよう、大越組に頼みに行った。そこへ組員の金髪の青年・ジミーが、女の借金のことで文句を言いにきて幹部と大もめになってしまう。ジミーは、タイ人の売春婦ナミィーのヒモだった。その夜、ジミーを探しに行ったバーで、万代は用心棒をしている刑務所帰りの元刑事・氷頭に出会う。氷頭は万代が現金強奪を計画した時から、仲間にしようと思っていた男だった。事務所の内部に詳しいジミーも仲間に引き込んで、打ち合わせを行っているところへ萩原が現れ、なかば強引に仲間入りし、計画は五人で遂行される。決して思い通りには運ばなかったものの、まんまと大金を手に入れた五人。だが大越組は、大金と一緒にナミィーのパスポートが盗まれていたことに気づき、ナミィーと一緒にタイ逃亡を企てていたジミーを拉致、拷問する。すぐに、主犯が万代らしいことを突き止めた大越らは、万代のディスコを襲撃するなど報復を開始。総長が雇った殺し屋の京谷と柴田も、精神に異常をきたし自らの手で一家を惨殺してしまった荻原や、氷頭の別れた妻子を次々に始末していくのであった。いよいよ自分たちの身に危機が迫っていることを知った万代と三屋は、万代の故郷・飯田へ身を隠そうとするが、京谷たちに逃亡途中で発見され、万代が殺されてしまう。万代との間に愛が芽生え始めていた三屋は、氷頭と捨て身の覚悟で大越組を襲撃。氷頭は命を落とすが、京谷以外皆殺しに成功する。こうして三屋は、金と万代の遺骨を持って再び飯田へと長距離バスで向かうが、警察に捕まったと思われていた京谷が現れ、バスの車中で相討ち。命を落とすのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.05人のアウトロー

近大さん
2021年2月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

石井隆監督1995年の作品。
邦画アクションに於いても未だに鮮烈に残る傑作。

借金まみれのディスコのオーナー、万代。
男相手のコールボーイ、三屋。
元刑事、氷頭。
リストラされたサラリーマン、荻原。
パンチドランカーの元ボクサー、ジミー。
社会から弾き出された5人の男が出会って、万代のディスコを取り仕切る暴力団・大越組の大金を強奪する計画を企てる。
見事成功するが、仲間の一人から足が付き、雇われた二人組の殺し屋に追い詰められ…。

スタイリッシュ!クール!バイオレンス!
鬼才の才気が冴えまくるスリリングな世界。
佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平…豪華な面々。
本木は個性的、竹中はかなりアブナイ、根津が渋くカッコいい。
大越組組長の永島敏行、殺し屋役のビートたけしまで、贅沢。
男たちが皆、この作品/世界に合っている。

5人のやった事は無論犯罪。
故にその末路は予想付く。
悲しく、愚か。
何が彼らを狂わせたのか。バブル崩壊というあの頃の社会か。
それしか道は無かったのか。

男たちは時に、馬鹿な道を行き、自ら命を散らす。
男たちは時に、そんな男(アウトロー)たちに、憧れ惚れる。

50年~60年代は黒沢時代劇、70年~80年代は深作バイオレンス、90年代はこの『GONIN』、近年は『るろうに剣心』やその他。
邦画アクションだって捨てたもんじゃない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

4.0過去鑑賞

刺繍屋さん
2020年11月8日
iPhoneアプリから投稿

多少フィルムの質が悪かったり、ファッション等古さも感じない訳ではありませんが、今観ても十分面白い作品でした。

ストーリー的には割りと単純ですが、豪華な俳優陣が演じる登場人物各々が個性的であるため、インパクトの強い作品に仕上がっていますね。

個人的には自分の住む街の地名が出てきたり、見慣れた高速バスや双葉のSAが舞台になっていたので、更に好感度アップしてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
刺繍屋

5.0邦画の大傑作!!

2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿

大好きな映画です。
安川午朗さんの音楽も最高!サーガでもかかったメインテーマでご飯3杯いけます。
ななめの文字もカッコイイです。全部かっこいいです。邦画フィルム・ノワールの最高峰だと個人的には思います。

ビートたけしさん達の真っ向勝負に向かい合って打ちっ放す銃撃戦の有り得なさとかっこよさは、石井監督の凄さだと思います。
出てくる役者、全員、凄いです。これをまとめあげる石井監督はもっと凄いです!
番手は低いですが、この鶴見辰吾さんの過不足ないヤクザっぷりも好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shihommatsu

4.0本格派ハードボイルド

2020年7月15日
PCから投稿

フランスの「ドーベルマン」など、影響を受けた映画が数多くある、ハードボイルドのターニングポイントになるような作品です。
シュールでサイケデリックなところがあるので抵抗を感じる人も多いでしょう。
特に、無計画で投げやりな殺し屋ビートたけし。
竹中直人と根津甚八は不穏で陰惨な雰囲気が出ていてさすがでした。
もっくんと椎名桔平は、意外な演技でした。
佐藤浩市を加えた五人の演技は、相乗効果をもたらして、不思議な化学反応を見ているような幻想感をかもした独特の世界観が出ていて、これは凄い。
バイオレンス、ハードボイルドといえば、この映画を外すことは出来ないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「GONIN」シリーズ関連作品