黒い雨

劇場公開日

27%
61%
12%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

原爆による黒い雨を浴びたために人生を狂わせられてしまった女性と、それを暖かく見守る叔父夫婦とのふれあいを描く。井伏鱒二原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「女衒」の今村昌平、共同脚本は「ジャズ大名」の石堂淑朗、撮影は「危険な女たち」の川又昂がそれそれ担当。

1989年製作/日本
配給:東映

ストーリー

昭和20年8月6日、広島に原爆が投下された。その時郊外の疎開先にいた高丸矢須子は叔父・閑間重松の元へ行くため瀬戸内海を渡っていたが、途中で黒い雨を浴びてしまった。20歳の夏の出来事だった。5年後矢須子は重松とシゲ子夫妻の家に引き取られ、重松の母・キンと4人で福山市小畠村で暮らしていた。地主の重松は先祖代々の土地を切り売りしつつ、同じ被爆者で幼なじみの庄吉、好太郎と原爆病に効くという鯉の養殖を始め、毎日釣りしながら過ごしていた。村では皆が戦争の傷跡を引きずっていた。戦争の後遺症でバスのエンジン音を聞くと発狂してしまう息子・悠一を抱えて女手一つで雑貨屋を営む岡崎屋。娘のキャバレー勤めを容認しつつ闇屋に精を出す池本屋。重松の悩みは自分の体より、25歳になる矢須子の縁組だった。美しい矢須子の元へ絶えず縁談が持ち込まれるが、必ず“ピカに合った娘”という噂から破談になっていた。重松は疑いを晴らそうと矢須子の日記を清書し、8月6日に黒い雨を浴びたものの直接ピカに合っていないことを証明しようとした。やがて庄吉、好太郎と相次いで死に、シゲ子が精神に異常をきたした。一方、矢須子はエンジンの音さえ聞かなければ大人しく石像を彫り続けている悠一が心の支えとなっていった。しかし、黒い雨は時と共に容赦なく矢須子の体を蝕み、やがて髪の毛が抜け始めたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

受賞

作品賞  
監督賞 今村昌平
脚本賞 石堂淑朗 今村昌平
主演女優賞 田中好子
助演女優賞 市原悦子
音楽賞 武満徹

第42回 カンヌ国際映画祭(1989年)

受賞

コンペティション部門
フランス映画高等技術委員会賞 今村昌平

出品

コンペティション部門
出品作品 今村昌平
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0コールタールの雨を受けた

kossyさん
2020年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 冒頭からいきなり8月6日の原爆投下。一瞬夜のように真っ暗になる演出は証言者の言葉を忠実に描いたものだろう。わけもわからず攻撃を食らった雰囲気が出ていて良かった。被爆直後は説明調の部分が鼻につくけど、すぐに昭和25年となり、原爆症やピカを受けたことへの差別問題が浮上する。

 矢須子は叔父夫妻に育てられ、3度目の縁談も失敗に終わる。村人の様子、特に前線から帰還した悠一(石田圭祐)がエンジン音を聴くと枕爆弾とともにバスの下に潜り込む様子がいい。

 縁談のために、黒い雨に打たれただけであって原爆症とは無縁という健康診断書まで作ってしまう。ストーリーでは入市被爆者であるから、やはりいつかは発病するのだろうけど、差別・偏見と闘っていかねばならない時代はなんとも胸が痛む。

 女優二人が賞をとっていますが、石田圭祐や北村和夫、それにチョイ役の殿山泰司が最も印象的だったりする。不謹慎になるかもしれないけど、スーちゃんのヌードが綺麗。カラーでも見たいものです・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0抑制の効いた映像と内面の辛さ

M.Joeさん
2018年1月3日
Androidアプリから投稿

素晴らしい。
構成もカットも。
原爆のシーンもリアリティーある。
次々に亡くなる被爆者。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
M.Joe

3.5平和って素晴らしい。冒頭原爆投下直後の惨状、苦しさに胸が詰まる。た...

2016年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

平和って素晴らしい。冒頭原爆投下直後の惨状、苦しさに胸が詰まる。ただ、広島原爆資料館で見た事実には到底及ばない。オバマ氏も言っていたが、世界中のあらゆる人に訪れて欲しい。その衝撃たるや。
話はたんたんと進みます。スポットライトがあたる演劇的演出はあるものの、正直少し退屈になりました。もはや途中からの興味は田中好子の…。ゲスですいません(笑)
この映画、別エンディングがあるようなので、ぜひ見てみたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.5非常に重い

2016年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

白黒で始まり スーちゃんが出てきて おや?
と思ったところから始まった …なるほど
ピカドンキノコ雲原爆投下 そして黒い雨…
白黒で作るしかなかったのかもしれない
被爆直後の凄惨な現場はリアルに作られ
そのご5年以上経ってからの二次被曝の苦しみ
最後まで気持ちを緩めることなく鑑賞
生涯忘れない「楢山節考」とともに
重く受け止めます
スーちゃん…図らずも演技で体験した苦しみ
重く受け止めます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る