30代米国人が原爆の真実に取り組む「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」“黒い雨”本編映像 広島市長がコメント

2021年5月30日 08:00

原子爆弾を至近距離で被爆した父の凄絶な体験を映画化
原子爆弾を至近距離で被爆した父の凄絶な体験を映画化

広島に投下された原子爆弾を至近距離で被爆した父の凄絶な体験を綴った美甘(みかも)章子のノンフィクションを映画化した「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」。“黒い雨” に打たれる少年を幻想的に映像化した本編映像が公開された。

「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」の著者美甘が、自らエグゼクティブプロデューサーを務め、地獄のような状況にあっても生きることを諦めなかった父の思いと、父から娘へ受け継がれた平和へのメッセージを描く。

1945年8月6日、広島。父とともに建物疎開の準備をしていた19歳の美甘進示は、自宅の屋根に上り瓦を剥がしていた。その時、激しい光が進示を襲い、一瞬にして暗闇の中へと突き落とす。世界で初めて投下された原子爆弾は広島中を焼き尽くし、7万人以上もの命を奪った。焼けただれた体を引きずりながら助けを求めてさまよう進示は、激痛から解放されたい一心で死さえ願うが、父の力強い言葉に支えられ、懸命に前へ進むのだった。それから40年後、進示の平和への願いが形となってニューヨークの国連本部に届く。しかしその数年後、ニューヨークを訪れた進示の娘・章子は驚くべき事実を知る。

原爆を題材とした映画であるが、米ナッシュビル映画祭2020 では、若い審査員に圧倒的な支持を得て観客賞を受賞した。ポンテ審査委員長は「映画を観なければ知る術のなかった大切な史実を知ることができるのだ」と絶賛。世界的評価も高く、ハリウッド映画化への準備が進められている。

松井一實広島市長は「原爆による悲惨な体験をしながらも生きることを諦めなかった美甘進示氏が娘の章子氏に託した思いは、この映画の中で見事に表現され、『許す心』と『助け合い』の大切さが人類への根源的なメッセージとして強く訴え掛けてきます」とコメント。そして、八丁座の蔵本健太郎支配人は「世界中の人たちに、今こそ観ていただきたい、見るべき映画です」と力を込める。日本に2年住んだ経験があるJ.R.ヘッフェルフィンガー監督は「1945年8月6日の出来事は、歴史の教科書には白黒写真や史実や統計が史上の多くの悲劇の一章としてしか載っていませんが、私は実際の被爆者の経験に心を動かされ、戦争の怖ろしさと何者にも負けない親子間の愛情、逆境を乗り越える人間の魂の力強さと思いやりや赦す心の力を描きました」と述懐する。

米ナッシュビル映画祭ポンテ審査委員長、ヘッフェルフィンガー監督、レ・フュインプロデューサーら、30代の若い世代が、日本の原爆の真実を受け入れ映画化に取り組んだ。美甘氏は「多くの外国人は、『原爆投下があったから戦争が終わった』と信じています。我々日本人でさえ、そう思っている人も多いでしょう。この映画を世界に発信することによって、ご覧になった方がそういった認識をもう一度みつめ直すきっかけになれば良いと思います。ニューヨークの映画制作スタッフは全員が30代で、制作中に原爆投下の意義に関してそれまで学校などで習っていたことをもう一度見つめ直し、『こんなひどいことは、いかなる理由があれ2度とあってはならない』と、この映画が世界へ発信する平和へのメッセージ制作のために全身全霊を込めてくれました」と語っている。

新宿・K's cinemaで7月31日から、広島・八丁座で8月6日より上映され、今夏に全国順次公開。

▼コメント全文

【広島市長 松井一實】

核兵器のない平和な世界の実現のため、私たちは被爆者の「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という切なる願いを世界の人々に広げるとともに、次の世代にも確実に受け継いでいかなくてはなりません。

原爆による悲惨な体験をしながらも生きることを諦めなかった美甘進示氏が娘の章子氏に託した思いは、この映画の中で見事に表現され、「許す心」と「助け合い」の大切さが人類への根源的なメッセージとして強く訴え掛けてきます。私たち一人ひとりがそれを深く胸に刻み、日常生活の中で平和について考え行動することで、人間の暴力性を象徴する核兵器は要らないという声が市民社会の総意となり、核のない世界に向けての歩みが確実なものになると確信しています。

一人でも多くの人が、この映画を通じて、平和の尊さ、ありがたさを実感し、そしてそれを持続していくために何ができるのか考え、行動していただくことを期待しています。

【広島・八丁座支配人 蔵本健太郎】

昨年の公開直前まで、じつは名前も知らない映画でした。しかし、映画を観させていただき、中編映画ではありますが、美甘さんの「伝えなければ」という使命感に圧倒され、急遽上映を決定しました。

昨夏、被爆75周年の節目の8月に、絶対に広島で公開しなければいけない、世界に先駆けての公開でした。

ほとんど宣伝もできず、急な上映にもかかわらず、たくさんのお客様がおこしくださいました。原爆の体験を伝えるだけではなく、本当に伝えたいテーマが「許しの心」というところが、すごいと思います。

ドキュメンタリーですが、再現ドラマ中心なので、とてもわかりやすいし、ダイレクトに生のメッセージが伝わってきます。映画としてのクオリティの高さにも驚きました。

世界中の人たちに、今こそ観ていただきたい、観るべき映画です。

シネマ映画.comで今すぐ見る

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    1

    「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    2022年5月26日 16:05
  2. ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2

    ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2022年5月26日 08:00
  3. 転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    3

    転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    2022年5月26日 15:00
  4. トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    4

    トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    2022年5月26日 08:00
  5. 「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    5

    「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    2022年5月26日 08:00

今週