金環蝕

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
33%
38%
17%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

保守政党の総裁選挙を端に発した汚職事件を描き、政界のドス黒い内幕を暴露する。脚本は「どてらい男」の田坂啓、監督は「華麗なる一族」の山本薩夫、撮影は「股旅」の小林節雄がそれぞれ担当。

1975年製作/155分/日本
配給:東宝

ストーリー

昭和39年5月12日、第14回民政党大会で、現総裁の寺田政臣は、同党最大の派閥酒井和明を破り、総裁に就任した。この時、寺田は17億、酒井は20億を使った。数日後、星野官房長官の秘書・西尾が、金融王といわれる石原参吉の事務所を訪れ、二億円の借金を申し入れたが、石原は即座に断った。そして、石原は星野の周辺を部下と業界紙の政治新聞社長・古垣に調査させ始めた。政府資金95%、つまりほとんど国民の税金で賄っている電力会社財部総裁は、九州・福竜川ダム建設工事の入札を何かと世話になっている青山組に請負わせるべく画策していた。一方、竹田建設は星野に手を廻して、財部追い落しを企っていた。ある日、星野の秘書・松尾が、財部を訪れた。彼は寺田首相夫人の名刺を手渡した。それには「こんどの工事は、ぜひ竹田建設に」とあった。首相の意向でもあると言う。その夜、財部は古垣を相手にヤケ酒を飲んだ。古垣は財部の隙を見て、首相夫人の名刺をカメラにおさめた。昭和39年8月25日、財部は任期を一カ月前にして、総裁を辞任した。彼の手許には、竹田建設から7000万円の退職金が届けられていた。新総裁には寺田首相とは同郷の松尾が就任し、工事入札は、計画通り竹田建設が落札し、5億の金が政治献金という名目で星野の手に渡された。そんな時、石原は星野へ会見を申し込んだ。すでに星野の行動全てが石原メモの中に綿密に記されていた。この会見で、星野は石原に危険を感じた。数日後、西尾秘書官は名刺の一件で、首相夫人に問責され、その西尾は自宅の団地屋上から謎の墜落死を遂げた。警察は自殺と発表した。昭和39年10月6日、寺田首相が脳腫瘍で倒れ、後継首班に酒井和明が任命された。ある日石原はマッチ・ポンプと仇名される神谷代議士に呼び出された。神谷は、福竜川ダム工事の一件を、決算委員会で暴露するといきまいた。石原は神谷に賭けることにした。昭和40年2月23日、決算委員会が開かれた。参考人として出席した松尾電力会社総裁らは神谷の追及にノラリクラリと答え、財部前総裁は、古垣と会ったこと、名刺の一件を全て否定した。一部始終をテレビで見ていた石原は、古垣に首相夫人の名刺の写真と、石原がこの汚職のカギを握っていること、を古垣の新聞に載せるように言った。彼は星野らが自分を逮捕するであろうことを予測したのだ。派手に新聞に書きたてれば、よもや彼らも自分と心中はすまいと睨んだのだった。だが、その夜、古垣は、義弟・欣二郎に殺され、何者かに古垣の原稿と名刺写真のネガを持ち去られてしまった。翌朝の新聞には「三角関係のもつれ」とあった。石原参吉がついに逮捕された。「数億の脱税王」などと新聞記事は大見出しをつけていた。民政党本部幹事長室で、斎藤幹事長は、神谷代議士に2000万円渡し、三カ月ほど外遊するように、との党の意向を伝えた。翌日の決算委員会に、すでに神谷の姿は無かった……。昭和40年3月21日、死去した寺田前総理の民政党葬が行なわれ、酒井総裁が、厳粛な表情で故・寺田を讃える弔辞を読んでいた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0本作は政治だけを糾弾していないのです 金環蝕とは、日本の輝く繁栄の中心が、国民の腐敗そのもので真っ黒であることを描いているのです

あき240さん
2020年7月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

一昔前になりますが、都内のとあるバーで議員さんの秘書の方と知り合ったことがあります
その人は半年に一回来るくらいです
いつも深夜2時とかの超遅くに現れて、テキーラとかの強い酒を一挙に飲み干すような飲み方の人でした
寡黙で仕事の話は一切口にしませんでした
彼の仕事がいかに神経を興奮させるものか
それを鎮めるためにどれほど強い酒が必要なのかを知りました

金環蝕とは日食の一種
太陽本体が月の背後に隠れて真っ黒になり、周囲のコロナが輝いて見えることからついた名前
2020年はコロナウイルス禍で幕を開けました
コロナウイルスの名前も、ウイルスの周囲にコロナのようなものが取り巻いているところから命名されたそうです

本作の公開は1975年
劇中の時代は1964年の秋から1965年の春にかけての物語です

ダム工事にまつわる政界汚職
総理夫人
秘書官の死
検察と政治の関係
次期総裁選
予算委員会への証人喚問

まるで現在進行形の言葉が飛び交います
原作から55年、映画化された本作から45年
それ程の年月が過ぎたのに全く変わりは無いのです

それは政治が変わらないから?
政治家が、政党が、悪いから?

違う
変わらないのは、国民がそうだからです
政治は国民の反映なのです

胃が痛くなりました
恐ろしいまでのリアリティです
デジャヴ感が半端ないのです

もちろん自分は政界など縁遠いし、まして政財界の中枢など知りもしません

しかし大きな会社や組織にいて、その中枢の近くにいたことがある人ならわかるはずです

こうだ
このとおりだと

何も変わっていない、変わらない
いや変われないのかも知れない
日本人の作る組織はこうなのだと

役員会の雰囲気、その部屋の内装、調度品
幹部達の顔つき、体型、服装、言葉遣い、身のこなし
徹底的な取材でモデルの人物に寄せているのだと思います
政治家は明らかにあの人物がモデルだと分かる登場人物もいます
しかし有名政治家以外の人物であっても、自分の知る誰かに似ているのはどうしたことでしょう
日本人の作る組織はどこも似てしまうのです

大手会社の専務や役員達はああです
あの感じです
料亭での接待もあの通りです
専務の接待術はそれはもう見事でした
日本人の組織の在り方を活写しているのです

本作は政治だけを糾弾していないのです
金環蝕とは、日本の輝く繁栄の中心が、国民の腐敗そのもので真っ黒であることを描いているのです
だからどんなに年月が経っても変わらないのです

政権が交代したところで同じだったのです
汚職がなくなったかというと無くなってはいないのです
それどころか、これ見よがしにダム工事を中止させたら、水害を起こしている始末です

エンドロールに駅のラッシュアワーの国民が写されるのは、そのメッセージなのです
この国民の中から仲代達矢が演じた星野官房長官に続く人間が次々に生まれていくのです
そして金環蝕が大写しになり、映画は終わるのです

さすが山本薩夫監督です
単なる政治批判では終わっていないのです

癖の強いおじさん俳優が大量出演して、名演合戦と化しています
特に大滝秀治の法務大臣が検事総長と話すシーンは最高峰の名演でした
無表情なあの目の怖さ!
背筋が凍りました

そして大手マスコミの堕落を、鈴木瑞穂と前田武彦の二人を狂言回しにしつつ表現しています
無責任なただの外野、見物人でしかないことを特に前田武彦がみごとに演じています
カメラに写る、彼の持つその存在の空気だけで滲み出ているのです
本当のジャーナリストというものはな!との罵声に、この二人は顔を見合わせて冷笑するのです
監督の強烈なメッセージでした

そしてもちろん宇野重吉
乱杭歯、胡麻塩頭などやり過ぎなほどの造形
逮捕前に身繕いをする時、着流しの前を解いて褌ひとつの貧相な身体を見せるのも素晴らしい演出でした
裸一貫に戻るとの暗示です
石原のビルの佇まいもデジャヴ感が強い見事なロケ地選定でした

残念なのはその石原参吉と仲代達矢の星野官房長官との正反対の対比を鮮明にだすと目論んだ映画の作りのはずなのに、その点が今ひとつ不発に終わっているように思えます
三國連太郎の神谷代議士のキャラ作りが強烈過ぎたのかも知れません

ともかく凄い濃い映画です
間違いなく傑作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.5宇野重吉の重厚感

2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

宇野重吉、金貸し老人ながら闇の帝王。
史実に基づいているが、巨匠山本薩夫が腐敗した政界と財界を鋭く描いている。こういう骨のある作品、なかなかお目にかかれない。
仲代さんの冷淡非情な演技に着目。
人の良さそうな顔をして実は単なる政治ゴロ・高橋悦史もなかなかしたたか。三國連太郎のどうしょうもないゲス、しかし愛らしいゲスぶりも必見。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

4.0安倍昭恵夫人のルーツがここに。元祖全員悪人

2017年6月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

昭和39、40年の話。九頭竜川ダム汚職事件が元ネタの小説があるとか。
タイトルの意味は冒頭のテロップで教えてくれる。
まわりは金色の栄光に輝いて見えるが、 中の方は真っ黒に腐っている。
仲代達矢のヌルヌルした感じがいやらしくてクズエリートっぽい。
三國連太郎は当時のゲス議員の典型っぽい。
宇野重吉の歯並びが印象的

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

2.0怪優大戦争

2015年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

金融業者の宇野重吉。内閣官房長官の仲代達也。新聞記者の鈴木瑞穂。建設業者の西村晃。公社副総裁の神山繁。
どいつもこいつも一筋縄ではいかない悪辣な連中ばかり出てくる。この中にあって、やたらと鼻息の荒い代議士の三國連太郎が可愛らしく見えてくるのは、やはりほかの連中がずる賢い奴ばかりだということ。新聞記者の高橋悦史と三國の一本調子があればこそ、宇野と仲代の腹の底の見えない男たちが引き立つ。
それにしても京マチ子がなかなか出てこない。名刺に刻まれた名前だけ出てくる総理夫人が、後半になって現れても、そのころにはもう観客はワルとエロにおなか一杯である。いまさら京マチ子に何を期待するだろうか。遅すぎだ。
しかし、終盤になって出てくるキャストの中で法務大臣の大滝
秀治と彼に与えられたセリフがこの映画の白眉である。疑獄事件に関して検事総長との間に交わされる会話は、職務上の建前と政治家としての本音を顔色一つ変えずに以心伝心させるという、重大局面を演出している。大滝の虚空を見つめるような眼差しは、寒気すら感じさせる名演である。長い映画にサスペンスを盛り込むことに成功し、このおかげでダレることなく最後まで怪優たちの競演から目が離せない作品になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
佐分 利信
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る