おろしや国酔夢譚

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

鎖国日本にあって、広大なシベリア大陸を走り抜けた日本人の冒険記を描いた井上靖原作の映画化。脚本・監督は「敦煌」の佐藤純彌。共同脚本は「必殺4 恨みはらします」の野上龍雄と「タイガースメモリアルクラブバンド ぼくと、ぼくらの夏」の神波史男。撮影は「マリアの胃袋」の長沼六男がそれぞれ担当。

1992年製作/125分/日本
配給:東宝

ストーリー

1782年、伊勢出帆後に難破した光太夫らは、9カ月後に北の果てカムチャッカに漂着する。生き残ったわずか6名の日本人は、帰郷への手立てを探るためにオホーツク、ヤクーツク、イルクーツクと世界で最も厳しい寒さと戦いながらシベリアを転々とするが、土地土地で数奇な運命に翻弄される。そして、凍傷で片足切断した庄蔵は日系ロシア人のタチアナに手を引かれるようにキリシタンとなり帰化、若い新蔵はロシア女ニーナと恋におち姿を消した。一方、光太夫は学者ラックスマンを通じ、初めて見る文化に強い衝撃を覚え、この感動を故国へ伝えたいと帰国への執念をなお燃やすのだった。そして、最後の望みを賭け、エカテリーナ二世への直訴を決意、首都ペテルブルグに向かった。ラックスマン、ベズボロドコ伯爵、女王側近ソフィアの協力を得て、ついに光太夫の熱い想いは女帝の心に通じ、光太夫、小市、磯吉わずか3人だが、1792年、実に9年9カ月ぶりに帰国を果たし根室へ着く。だが、鎖国中の幕府は彼らを迎え入れようとはせず、小市は病死、光太夫、磯吉も上府、雉子橋外の厩舎に留置されるが、やがて松平定信のはからいで光太夫は幽閉という扱いで、迎え入れられることになるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第16回 日本アカデミー賞(1993年)

ノミネート

主演男優賞 緒形拳
助演男優賞 西田敏行
音楽賞 星勝
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5漂流からの国交

2015年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

もう何度も読んだ本
漂流とアイヌものは読むね
まあほとんど忠実な映画だった
なんたって緒形拳は間違いない
ロシア人やエテカリーナは陳腐に映っていた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

4.0現代の海外旅行とはわけが違う

Cape Godさん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

難しい

総合:80点
ストーリー: 80
キャスト: 80
演出: 75
ビジュアル: 75
音楽: 65

 この当時、小さな日の本が世界の全てと思っていた日本人にとって、難破してロシアに漂流してサンクトペテルブルグにまで行き皇帝に日本帰国を願うということ。それを現代に置き換えるならば、飛行機が流されて火星あたりにまで吹き飛ばされ、いきなり人間以外のさらに進化した知的生命体の存在を知り、その宇宙人の皇帝に会うためにさらに木星あたりにまで旅をしたというほどの凄まじい経験であったことだろう。言葉も文化も人種も違う中で生活して生き抜くこと自体が、それはもう映画の題材としては充分なとんでもない波乱の物語である。
 そして帰国しようとしても日本の鎖国政策に阻まれる。常々思うが、当時の江戸幕府のなんと矮小で保守で近視眼なことよ。数奇な運命に翻弄された男たちの生き様が、古い矮小な時代を背景によく描かれた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る