おもひでぽろぽろ

ALLTIME BEST

劇場公開日

おもひでぽろぽろ
13%
33%
42%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人生の節目を迎えた27歳の女性が小学校のころの自分を思い出しながら、田舎の人々と自然に触れ、自らの生き方を見つけていくまでを描く。岡本螢、刀根夕子原作の同名コミックの映画化で、「魔女の宅急便」の宮崎駿がプロデュース。脚本・監督は「火垂るの墓」の高畑勲。作画監督は「魔女の宅急便」の近藤喜文、近藤勝也、佐藤好春が共同でそれぞれ担当。

1991年製作/日本
配給:東宝

ストーリー

一九八二年夏。会社から10日間の休暇をもらったタエ子は姉のナナ子の亭主の実家である山形の片田舎・高瀬へ旅をする。東京生まれの東京育ちだったタエ子には、小学校5年生の時、田舎がなくてとてもさみしい思いをした記憶があった。それが姉の結婚によって自分にも田舎が持てたのだった。そんな旅の途中にふとそのころの数々の出来事を思い出すタエ子。そして、彼女は小学校5年生の自分を連れたまま高瀬に到着した。明け方に着いたタエ子を駅まで迎えに来ていたのは、親せきの青年トシオだった。年はタエ子より2歳下だったが、頼りになる好青年で、彼によってタエ子はいろんな田舎の表情を知る。そして自然と調和しながら生きている農家の人々の姿に、タエ子は地に足の着いた生活の魅力を発見するのだった。そんなある日、タエ子はトシオや姪で中学1年生のナオ子に、小学5年生の自分の話を聞かせる。それはいま思うと笑うしかない、だけどその時はつらかった“おもひで”だったが不思議とふたりに話すのは抵抗がなかった。そして、タエ子が東京に帰る前日の夜、おばあちゃんからタエ子にとって思いもかけない話題が出た。それはタエ子とトシオの結婚話だった。思わずその場を飛び出してしまうタエ子。しかしタエ子もいつしかトシオに好意を抱いていたことに気付くのだった。そして翌日、トシオやナオ子やおばあちゃんに別れを告げ、東京に帰るタエ子。しかし、列車の中で考えた末、これまでの悩みがふっ切れたかのようにタエ子は高瀬に舞い戻っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 日本アカデミー賞(1992年)

ノミネート

話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1991 岡本螢・刀根夕子・GNH

映画レビュー

3.5成長のバロメーター

2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

楽しい

幸せ

何十回と見た作品です。今回は数年ぶりに見ました。
いつの間にか大人のタエ子の年を通り過ぎていました。自分が子供のときは子供時代のシーンにばかり注目がいってましたが、今は大人のシーンに関心がいくようになって、変化を感じました。

昔はおじさんとしか思ってなかったとしおの魅力が分かったり(びっくり!)、結婚を勧められたときの心境、子供の時には分からなかった子供(嫌われ者のあべくん)の気持ちなど理解することが出来るようになって、自分が大人になったことを感じました。

タエ子が5年生を思い出していた理由、としおのタエ子への気持ちなど分からないことはあったので、また何年後かに観ると分かるのかなと思いました。
自分の成長を知るひとつのバロメーター的な映画で、数年おきに観ていきたいと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

2.5子どものうちは分からない。

2019年10月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

この作品は子どものうちは理解しにくい。ある程度大人になってからでないと…
とはいえそこまで面白い展開はないのでいたって地味としか言いようがない。強いて言えば、柳葉敏郎のヤマガタベンを堪能すべし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

3.0ジブリの中で一番面白くなかった!

Kayoさん
2019年10月2日
Androidアプリから投稿

ジブリの中で一番面白くなかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kayo

3.5これは子供向けでは完全にないが、高畑さんらしい作品。あの時代のなか...

sdfghjklさん
2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿

これは子供向けでは完全にないが、高畑さんらしい作品。あの時代のなかで資本主義から疲れ、地方で生きるとは何か、その良さも悪さも向き合っている作品だと思う。昔の思い出を振り返ることでの人の描写を描き、そこからの卒業と成長を描いてる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sdfghjkl
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「おもひでぽろぽろ」以外にこんな作品をCheck-inしています。