undo

劇場公開日

11%
33%
43%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「Love Letter」「花とアリス」の岩井俊二監督初の劇場公開作品。夫ユキオの仕事が忙しくなるにつれ、モエミは身の回りのものを縛らずにはいられなくなっていく。とうとう彼女は、自分自身を縛ってくれとユキオに頼むのだった。主演は山口智子、豊川悦司。また、モエミを強迫性緊迫症候群と診断するセラピストを田口トモロヲが演じる。

1995年製作/47分/日本

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0【”二人の愛を縛る”狂気性とエロティシズムが尋常でない作品。イケナイ映画を観ている気分になる作品でもある。】

NOBUさん
2022年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

ー 夫ユキオ(豊川悦司)の作家の仕事が忙しくなるにつれ、モエミ(山口智子)は身の回りのものを縛らずにはいられなくなっていく。
  そして、彼女は、自分自身を”もっと縛ってよ・・”とユキオに頼む。ー

・強迫性緊迫症候群と診断されたモエミを演じるする山口智子が、徐々に狂気にかられて行く姿が、エロティックすぎる・・。

・ユキオとモエミの、歯列矯正治具を舐めながらの口づけも、”良い子は観てはいけません・・”と言うくらい、エロティックである。

・セラピストを演じる田口トモロヲの存在感も強烈である。

<初期、岩井俊二監督の作品は、アーティスティックで、エロティシズムに溢れている。
 そして、鮮烈な印象を観る側に残すのである。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.5二人がとても美しい。そんな病気はないが縛って欲しい女の話。おしゃれ。

2021年2月14日
スマートフォンから投稿

二人がとても美しい。そんな病気はないが縛って欲しい女の話。おしゃれ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

3.0強迫性緊縛症候群

2020年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

岩井俊二監督の中編映画で映像に力がみなぎっている。
同居人(山口智子)がなんでも縛ってしまう強迫性緊縛症候群に罹ってしまう。
医者からは愛の病なので縛ってあげると、なんて言われた主人公(豊川悦司)は・・・。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5世界観のみ

いつこさん
2020年1月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しめるのは、ね。そういうもの、と思って見れば許せる。話や部屋や医者などは完全にファンタジー。この頃の山口智子の方が好き。めちゃくちゃ綺麗。今はキムタク並に胡散臭い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る