ボーン・アルティメイタムのレビュー・感想・評価 (5)

ボーン・アルティメイタム

劇場公開日 2007年11月10日
91件中、81~91件目を表示 映画レビューを書く

最初から目が離せない!

前2作を見て少し難しいというか伝えたいことが判りにくかったが、今回は内容も理解しやすく今までの謎がかなり解決してスッキリ! 1番の見所のアクションがかなりグレードアップしていてドキドキできる。

みるく
みるくさん / 2007年11月14日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1~2~3~1~2~3 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロードショー直前。
来日プロモもあり、TVでの前作までの放映があり
いやがおうでも盛り上がって。。映画館へ!!

この流れ(1、2作目を予習した直後に見る)をしておかないと
3作目を単独で見るのは無理でしょう。。
特に2作目のラストでNYにいるはずのボーンは
なぜ3作目ではまたロシアから???
そして2作目ラストシーンはここへ繋がるのか!!
そこでの台詞の誕生日は違うのか!!
な~んて言っても面白いからイイです!

でも画面揺れすぎ。
特に向かい合って話すだけなのにブレ過ぎ。
離れてみないと酔うな~。

miz_japan
miz_japanさん / 2007年11月13日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

週末に・・・

先週末に観ましたが、ストーリーがややこしくて難しかったです。
事前にテレビで前2作も観ておいたのですが・・・・

2007年11月13日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分探しに終止符!

失った記憶の真相は,予想の範囲内。

ドラマの核心に新鮮味は無くとも,
それを補って余りあるアクションと構成の巧さに痺れた。

カット割りによるスピード感が,
心地良い興奮となって始終ハラハラしっぱなし。

画面に釘付けになってボーンの一挙手一投足を見守る。

自分を取り戻した鮮やかなラストが素晴らしい。

寡黙で精悍なジェイソン・ボーン(通称)の葛藤を,
表情と身体の動きで表現したマット・デイモンが見事な存在感。

1作目をなぞる嬉しい演出や,
「そう繋がるのか!」と感嘆する場面など,
構成の妙も存分に堪能させてくれる完成度の高いアクションドラマ。

AKIRA
AKIRAさん / 2007年11月12日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

史上最高の閉所肉弾戦 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前半と中盤にある大衆をかき分けてのアクション・シークエンスは凄い。ゲリラ的撮影のリアルな臨場感は、編集の緻密さと相まって低予算独立系出身の肝っ玉監督グリーングラスにしか見せられない芸当だ。特にタンジールでのチェイスは、追われる者、追う者、それを追う者、それを追う警官たち、を交錯させる荒技ぶりで凄い。異郷の地で、というのがまた凄い。とどめに最後の閉所肉弾戦は、今まで観た映画の中でも最高の格闘シークエンスときた。技、スピード、小物の使い方(すげぇぇぇ)、どれも凄まじく手に汗を握る。もうこの時点でお腹いっぱいである。

 おなかいっぱいのせいか、後半のアクションはそれ程には盛り上がらなかった。まず、ハードなカーチェイスは前作の焼き直しであり(高レベルだが他にアイデアは無かったのか)、研究所の攻防は老博士とのテンポの悪い回想シーンを挟むために今ひとつ。最大の敵であるはずの「パズ」に迫力無く、また人並みの葛藤を見せるのも…今までのトレッドストーン工作員の不気味さが欠けていてどうも迫力がない。ストラザーンは小悪党であり、フィニーもマッドサイエンティストには優しすぎる。彼らが受ける報いの描写もアッサリしており物足りない。

 アクションの中身が増量した分、物語展開にはアラが目立つようになった。ボーンとニッキー、パムとの邂逅は都合が良すぎる偶然であり、またノア・ヴォーセンの秘密を窓から覗くというのも…CIAがそんな丸見えでいいの?
 そんな気になるアラはともかく、アクションに時間を割く一方で感情に訴える物語は小さくなった。その辺がコンパクトに絡み合った前作は見事だった。そういった部分が無いのを非常に惜しく思う。現場現場で脚本書き直してるんじゃあ仕方ないけど。
 ニッキーの笑顔で終わるラストは流石に良い余韻。ジェイソン・ボーンの名が世間に流れたのは打ち止めの意思表示?難しいだろうが続編を是非。
 しかし、とーても残念なのは、その後に流れる"Extreme Ways"がアレンジされていたこと。モービーのガラガラ声で十分ハードボイルド。「オーベイベーオーベイベー」のとこでコーラスは要りません。

The Dude
The Dudeさん / 2007年11月12日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

リアルなアクション・サスペンス ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まるまる2時間、緊張の連続! まさに手に汗握る、リアルなアクション・サスペンス。派手な爆発がなくても、ワイヤーがなくても、アクション映画はここまで出来る! そんなことを証明してくれたような気がする作品です。映像も音楽もカッコいいし、クールな頭脳戦も見ごたえたっぷり。まだ続けられる余地を残したラストではありますが、続けるにしても続けないにしても、うならせるラストシーンでした。でも、ここまでキレイに終わったから、あまり続けないでほしい気もしますけど。

α
αさん / 2007年11月11日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

至極の1時間55分を興奮して味わえ!

欠点を探したくなるほど、映画は良作であると言えると思う。そしてこの映画はその類に属する。これまでのシリーズを観ていて、すっかりボーンのファンとなっていた私は、この最高の幕引きにすっかり魅了された。シリーズの中では間違いなく一番面白い。
兎も角アクションに妥協がない。さらにCIA幹部との頭脳戦も素晴らしくよく出来ている。マット・デイモンは「オーシャンズ11」シリーズのように三枚目を演じることがあるが、ジェイソン・ボーンを演じる彼は痛烈にカッコいい。音楽もいいし、やらせ無しかと思わせるドキュメンタリータッチのカメラワークもいい。
これまでのシリーズを観ていないと面白みも半減なので、DVDなどで復習してから観てください。特に二作目スプレマシーとはリンクするシーンが多いので(のっけからいきなり二作目のラストシーンから始まるし)是非。
願わくば、ヒットにあやかって余計な蛇足的続編を作らないようにしてくれ、ユニバーサル。

ニワトリ
ニワトリさん / 2007年11月10日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今解き明かされるボーン誕生のナゾ

記憶をなくした暗殺者、ジェイソン・ボーン3部作の最終第3作目。ボーン誕生の秘密が明らかになります。マット・デイモンと言えば、ひ弱なお兄ちゃんというイメージでしたが、この作品で、力強い演技も出来る俳優なんだなぁとイメージチェンジされました。

1作目『ボーン・アイデンティティー』と、2作目『ボーン・スプレマシー』の間は、約2年ほど経ったと言う設定ですが、2作目と今回の3作目は、ほぼ繋がっている時間設定ですね。2作目同様、自分に全く関係の無い秘密工作が、なぜがボーンのせいとされ、古巣のCIAに追われるという筋は、他の作品と同じ。ロンドン、マドリッド、タンジール、ニューヨークと、世界中を駆け巡ります。

2作目もモスクワで非常に激しいカーチェイスシーンがありましたが、今回も、ニューヨークで激しいカーチェイスシーンがあります。あれだけのダメージを受けたら、普通の人間だったら動けなくなりそうなものですが、ボーンは超人です。多少のダメージはありますが、倒れることはありません。凄いです。

1作目、2作目にも出ていたニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)と、2作目のボーンハンターのパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)も本作に出ていますが、この二人が、ボーンの記憶再生に重要な役割を演じています。二人とも、ボーンを狩る側だったのですが、その狩りを通じてボーンの孤独さを理解し、影に協力しようと言う気になってたと言うことなのかな。今回も、ボーンが巻き込まれるのはCIA内部の腐敗が原因。今回のトラブルは不正と言うよりも、まさに腐敗って言うか、暴走と言うことですね。二人の協力で、その暴走を止め、自分の記憶を取り戻します。ニッキーとボーンの、その後が、気になる感じなんですけどね・・・。

このシリーズは、前の作品の内容が、後の作品の伏線になっているので、1作目から順に見ることを推奨します。そうでないと、話が繋がりません。3作品それぞれは、独立のものと言うより、3つが連続されて一つの作品と言うように理解したほうが良いと思います。ラストのボーンの映像は、、これは、最初のボーンの映像と対を成していると言うことですね。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2007年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズを見事に自分のものにしたグリーングラス監督 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ダグ・リーマンが監督した1作目もいいが、やはりポール・グリーングラスが引き継いだ2作目以降がひときわキレがあっていい。

1作目はまだ、事件を通して愛が芽生え、事件が解決したら恋人のもとに帰っていくというハリウッドの王道的道筋をなぞらえていたけれども、なにしろ2作目の冒頭で恋人は殺されてしまうわけで、それに続く3作目の本作では、そうした色恋沙汰もなくなり、よりストイックにボーンが自らの過去に向き合う様を描き、グリーングラス監督の色が出た。彼は1作目からのテイストを引き継いだ上で、このシリーズを見事に自分のものにしたと思う。

「ユナイテッド93」ばりの手持ちカメラの撮影も臨場感満点だし、“痛み”が伝わってくる肉弾戦アクションもキレがある。全編を通して音楽で緊張感をあおりすぎな気もしなくはないが、全体としてグリーングラスが得意とするドキュメンタリー調のリアルな画面作りに成功してる。

Casa
Casaさん / 2007年11月8日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

休まる暇ナシ。最後までドキドキの2時間

試写会で見てきました。
とにかくはじめから最後まで休まる暇ナシ。凄い!
追って、追われてのスリル感でハラハラさせられっぱなし。
少しでも目を離すとボーンは今どこ(の国に)いるの?
というくらい場面の移り変わりも激しいです。
シリーズ最後なのか、これでもかってくらいアクション満載。

見終わったあとは、疲労感さえ感じる1作です。
ラストも、まあ納得のいく内容だと思います。

マットディモンは正直あんまり興味が無かったし、
「アイデンティティ」を見た後も、彼の別作品を
見たいとは特に思わなかったけど、今回の作品を見て
ちょっと他の作品も見てみようか。とも思いました。

ももまり84
ももまり84さん / 2007年11月8日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェットコースタームービーでした。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1、2作目と同じようなシーンがあったが、なぜか飽きませんでした。ぜひDVDをゲットして1作目からぶっ続けで見たい作品です。今回は気のせいかジェイソンボーンが少し老けたような?感じでした。

すみりん24
すみりん24さん / 2007年11月7日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

91件中、81~91件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報