劇場公開日 2007年11月10日

ボーン・アルティメイタムのレビュー・感想・評価

3.999
31%
55%
13%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全99件中、1~20件目を表示

4.0逃走、指示、追跡、格闘、チェイス。

アルさん
2020年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

難しい

どこを切り取っても素晴らしいの一言。
見所があり過ぎて詰め込み感はあるが、
ストーリーはより深く、
黒幕もボーンの過去も明らかになっていく。
逃げる、逃がす、追いかける、戦うの、
ボーンの洞察力と判断力は驚嘆。
CIAを手玉に取るやり取り、出し抜きは気持ちよく。

孤独の中にまさかの協力者が居たり、
小さな希望と今後の展開にワクワクさせられる。
国家機密の極秘作戦であるトレッドストーン作戦、
新たなブラックブライアー作戦と、謎は深まる。
3部作ラストを飾り、今後をも匂わせるラスト。

娯楽だけでなく作品としても納得させられる、
アクション・サスペンス映画の最高峰。
是非、3作品立て続けに観て欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アル

4.5【愛国心を”暴走した一部の国家権力”に利用された哀しき男の物語。最終章。】

NOBUさん
2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館

 <ボーンシリーズの魅力の幾つか>
 ・暴走した一部の国家権力を握った人間たちの、愚かさ、醜さが見事に表現されている所

 ・息をも尽かせぬ、街中でのカーチェイス&アクション。 及びその撮影方法。
  明らかに今シリーズから影響を受けたと思われる”ボーン前” ”ボーン後”作が、如何に多くなったことか。
  分かり易い所では、アクションの臨場感を際立たせるために、カメラを揺らしながらのチェイスシーンの撮影の多くなった事。そして、高速カッティングの多くなった事。
 ポール・グリーングラス監督は元々社会、政治問題を熱かった映画で名を挙げた人であるから、暴動シーンの撮影指示などはお手のモノなのだろうと、勝手に推察。
 今作の冒頭の駅の大群衆の中や、モロッコのタンジールでのチェイス&アクションなどの見応えあるシーンがそれを物語っている。

 ・ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が、自らと同様に哀しき暗殺者になってしまった者達との闘いの果て、相手が瀕死の場合には”憐れむような眼差しで”止めを刺さない所。

 ・自らの失われた記憶(アイデンティティ)を探し求めるリアルな人物造形。又、ジェイソン・ボーンが多くを語らない所。(表情、眼で語る。)

 ・各作品とも、破綻なき物語構成がきっちりテンポ良く、2時間以内で収められている所。無駄がないのである。

 今作では、”トレッド・ストーン作戦”をアップグレードさせた国を守るための”ブラックブライアー作戦”に関するCIA内部からの情報漏洩から物語は始まる。

<沁みたシーン>
 ・ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイル)との再会。そして、今やジェイソン・ボーンの立ち位置を役割上、理解した彼女が取った行動。
 そのため、彼女が髪をショートヘアにするシーン。(あ、これ第1作でボーンと一緒に逃げる決意をしたマリーと同じじゃない・・)

 ・過去の記憶がかなり戻ったジェイソン・ボーンが呟く言葉。
 ”自分のしたことを謝りたい・・。何て人間だ・・。”

 ・ラスト、銃撃を避け、ビルの十階からイースト・リバーに飛び込んだジェイソン・ボーンが水中を漂ったあと、暫くして、静かに泳ぎ出すシーン。ニュースで、”ジェイソン・ボーンが川に飛び込んだ後、三日間、遺体が上がらない・・”というニュースを聞いたニッキー・パーソンズが静に微笑むシーン。

<この破綻がほぼなきシリーズがその後、映画界に与えた影響が大なのは、多くの人が知る所。(上記に記載した通り、撮影方法も含む。)
 クライム&アクションムービーに”革命”を起こしたと言っても過言ではない、作品群である。>

<2007年11月 劇場にて鑑賞>
<その後、様々な媒体で複数回鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

4.5やっと話が繋がった

2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最高にマット・デイモンがカッコいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あっちゃんのパパと

4.0息詰まる攻防

R♪さん
2020年2月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

体調が良い時の鑑賞がオススメ。

終始息詰まるので。

にやっ としてしまうラストでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
R♪

4.02019 BD/DVD 51

2019年10月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

知的

3作目。正直シリーズで一番内容忘れてました。やはりポールグリーングラスらしくカーチェイスも臨場感ありました。
個人的には1、2よりはしたかな。
でもやっぱ楽しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん13

3.5マット・デイモンが記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する大ヒ...

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マット・デイモンが記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する大ヒット・アクションのシリーズ3作目。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5ジェイソンボーンの謎が分かったね

ひてをさん
2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ジェイソンボーンの謎が分かったね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひてを

4.0三作目はさすがに要らんやろ!

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

からの、ふーん、いいじゃん。
そしてここで完結で良い。マジで続編いらないからな!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.5スピーディなのが好きな御仁におすすめ

散歩男さん
2019年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

3部作完結作。前作スプレマシーのすぐ続き。というか少し内包している。こういう作りの続編はあまり見たことがないね。

アカデミー賞の編集賞と音響賞・音響編集賞を獲ってるだけあって他に類を見ないアクションシーンのカット割りが凄すぎる。何をしているかギリギリ判断できるくらいの短いショットをギュギュっと繋いで凄まじいドライブ感を生んでいる。そこにまた独自な音が乗ってくるのよ。オリジナリティという面でも素晴らしい。

プロットは完結編だけあってややシンプルだけど欧州や北アフリカなどロケ地もふんだんにあってスパイ映画の王道。

展開もアクションもスピーディでたるみがまるで無い。疲れるので体力ないとき観るのは大変、というところが欠点かなw
相変わらずの完成度の高さでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

5.0これぞボーンシリーズ!

かつさん
2019年2月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

 ボーン・アイデンティティと同じくらいおもしろかった!
格闘シーン、カーチェイスシーンの興奮感、追跡シーンの緊迫感、これぞボーンシリーズという感じ!
 冒頭からジェイソンがCIAの包囲網を翻弄する展開から○。ジェイソン、ニッキー、デッシュの三つ巴の追跡の場面も、静と動が交互に展開されてかなり見ごたえあった。
 個人的には、シリーズ皆勤のニッキーがついにヒロイン的ポジションに来たのが嬉しかった。正直、ずっとマリーよりお気に入ってたので 笑 ノアのワルモノっぷりもなかなか。あのおかげで、100%ボーンさんを応援できたし、いい演技でした。
 スプレマシーの最後のシーンはあんなに緊迫したシーンで、言ってたなんて。若干後付け感はいなめないけど 笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
かつ

4.0いやはやさすがに面白い。今回は最初からずっと緊迫の場面、息つく暇を...

2019年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやはやさすがに面白い。今回は最初からずっと緊迫の場面、息つく暇を与えません。アクション場面は本当に凄いですよね。
ただ2作目からの繋がりがやや難しく、アホな私にはちょっと分かりにくかった。
ニッキーとパメラと共にボーンを応援したくなりました。
改めて3部作を見直したくなります。もうこの3作だけで一生楽しめそうな勢いです(笑)
ブルーレイ購入しようかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

3.5まあまあ

hide1095さん
2019年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあまあの映画でした☆。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

4.0今回は指紋に気遣ってなかったボーンだったけど、金庫で巧く利用してたような

kossyさん
2018年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 前作、前々作を復習するためにDVDを衝動買いしてしまいましたが、なんとテレビで放映されていました・・・。記憶を失ったCIA諜報員ジェイソン・ボーン。『ボーン・アイデンティティ』では自分が3000万ドルかけて鍛えられた殺人兵器であることを知り、“トレッドストーン”とは何なのかを探る。『ボーン・スプレマシー』では恋人を殺され復讐に燃えるボーン。しかも元CIA局員による陰謀に巻き込まれていくうち、自分の殺した男の娘に謝りにいくことを思い立った・・・

 指紋には気を遣い、状況に応じて何でも利用する。狙われていると悟ったら、常に相手の先を行く気転の利く男。3作目となる今作でも、マリー(フランカ・ポテンテ)に訓練したように、新聞記者ロスに携帯によって細かな指示を与えるところが前半の見所。中途半端な銃撃戦よりもスリリングな展開なのです。激しいカーチェイスよりもよっぽどいいや、などと思っていたら、やはりカーチェイスはありました。

 モロッコでのバイクによる暗殺者追跡。マット・デイモンが『大脱走』のマックイーンのように感じられるほど凄い(本人かどうかはわからないけど)。アメリカに戻ってからもカーチェイス。分離帯の壁に車体を傾けたまま乗り上げてそのまま滑っていくところなんて、『ダイハード4.0』でも使われてたけど、今年の流行なのかもしれませんね。ハンディカメラを中心としたテンポのよい映像はよかったし、監督続投となったポール・グリーングラスの観客の直観力に訴えるアクションの編集は前作よりも見やすくなっていました(目が痛くならなかったので)。

 前2作はどうしてもイマイチだった気がするのですが、今作は気に入りました。“トレッドストーン”からバージョンアップした“ブラックブライヤー”とか意味不明の作戦も、どうやら米市民を守るというよりは、国内の人間を暗殺することのようだったし、CIAの暗部をしっかりと描いていた。アメリカを守るためという大義名分ではあっても、一部の権力者や企業の利権のために邪魔な要素を排除するだけのCIA。同じマット・デイモン主演ということで、『グッド・シェパード』でも感じた裏切りや内部分裂のあるCIA。とにかく末端スパイの悲哀という点では共通項がありました。

 ジョーン・アレンやデヴィッド・ストラザーンを惜しげもなく起用したうえに、渋い声が魅力的だったアルバート・フィニーまでキャスティングしたりして演技面でもかなり引き締まったものになっていました。そして、ラストのジュリア・スタイルズの笑顔が最高でした。3作通して出演する中、脇役ばかりで可愛そうだと思っていたので、今回の彼女には大満足。まだ遺体が見つかっていません・・・にやっ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.5おうち-117

かいりさん
2018年12月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

なんでリアルタイムで映画館で見なかったのか悔やまれるシリーズ(がきんちょでした)。

相変わらず何カ国語も喋れるし、窓から窓に飛び移るし、不死身すぎるボーンさん、3大JBの中でも抜群にかっこいい(みんな違ってみんないい)。
シリーズ通して主要キャストが出続けてくれてることも素敵。
今回旅のお供となるニッキーの出番が多いのも嬉しいし、相変わらずパメラさんはシュッとしてかっこよくて、そりゃ毎回ボーンさんは隣のビルから見てますよ。

『アイデンティティ』、『スプレマシー』のほうが個人的には疾走感を感じたので、今回は評価を4.5にしましたが、見て損はありません。
CIA内部にいとも簡単に入れるのは……たぶんボーンさんだからということにしときます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かいり

4.5革命作の集大成⁉︎

D.oneさん
2018年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ポールグリーングラス監督による本シリーズは、アクション映画に革命をもたらしたとよく言われます。CGや特殊技法によるアクション映画が主流となりつつあったときに、手持ちカメラでアクションを撮るという斬新な方法と、巧みなカット割りで、とてつもなく臨場感溢れる作品に仕上げたのです。
今作はシリーズ史上、最も迫力ある作品になったのではないでしょうか。

また、ひとつひとつの行動や状況におけるリアリティの追求もこのシリーズにおいては欠かせない重要な要素です。
もし全てにおいてリアリティが追求されていたら、映画ならではの醍醐味がなくなってしまいかねません。しかしながら本作ではちゃんと映画が持つ本来の良さは残してあります。
主人公ジェイソンボーンはCIAが生み出した暗殺者なんですが、もちろんこんなキャラクターは現実世界では有り得ません。工作員というのはもっと地味で数年かけて慎重に政治工作を行うものです。ですから物語設定や世界観はまったくもってリアリティはないんです。映画で描かれる、ボーンとCIAが繰り広げる攻防には度肝を抜かれますし、ボーンが発揮する類稀なる頭脳と身体能力は超人級です。なんですが、そんな非現実的な世界の中で行われる、一つ一つの行動や状況に徹底的なリアリティーが注ぎ込まれているんです。非現実的な世界であっても、我々が普段遭遇しうるであろう状況がこと細やかに散りばめられています。目を凝らして観ないと見過ごしてしまうところが沢山あるので注意してください。こんなところにまでこだわってたのかと感心します。ほんとにすごいですよ!

ダイナミックな世界に散りばめられたリアリティ。このギャップこそ本作の魅力です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
D.one

4.0盛りだくさんです

2018年10月6日
PCから投稿

シリーズ最高でした。
見どころが多くて、それぞれ無駄なく繋がるし、最後まで盛り上がり、テンション上がり過ぎ。
二つに分けて映画作れるくらい。
永遠に続くことを願うばかりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.53作目

サラさん
2018年9月23日
iPhoneアプリから投稿

暗殺者同士お互いを逃すところジーンときますね。ニッキーの微笑みが見られるところも好き。最新作も含め全て素晴らしい作品!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サラ

5.0シリーズの中では最高

テツさん
2018年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
テツ

4.0ラストシーンが印象的

321さん
2017年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

本作ラストのボーンが海に飛び込み、海中で息を吹き返すシーンが印象的。過去鑑賞済であったが、他のシーンはともかくこのラストシーンは鮮明に覚えている。
これでやっと最新作『ジェイソン・ボーン』が観れると思ったら、一本スピンオフ作品があるのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
321

4.0完結‼️

たかさん
2017年6月20日
iPhoneアプリから投稿

マットデイモン最後のボーンシリーズ❗️とても良かった^ ^
次の作品は別の俳優が主人公を演じてたので鑑賞していない(^^;)やっぱりこの作品はマットデイモンさんが一番❗️
ブルーレイ欲しいと思った作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たか
「ボーン・アルティメイタム」の作品トップへ