ボーン・アルティメイタムのレビュー・感想・評価 (4)

ボーン・アルティメイタム

劇場公開日 2007年11月10日
91件中、61~80件目を表示 映画レビューを書く

ハラハラドキドキ

テレビでやっていた過去2作を見てからこの映画に臨みました。
過去とのつながりがある映画なので、過去2作を見てからみるべき!

ハラハラドキドキの中に、常に悲しさが現れる映画でした。

最近、パリとロンドン旅行から帰ってきたばかりなので、スコアも若干^^;

um.m
um.mさん / 2007年12月24日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ3作のベストです

テンポが速く、初めから終わりまでハラハラドキドキの連続。シリーズ3作の中で、一番面白かった。
 この作品では、なぜかボーンに関わる女性は皆いい人、結局ボーンの味方になる。これって、女性ファンを意識しているのかな?
 何より、普段はそれほどステキとは思えないマット・デイモンが、ホントにかっこよく見えるのが不思議。
 私的には、今年見た約60本の映画の中で、ベスト3に入る映画です。

akkemama
akkemamaさん / 2007年12月8日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハラハラ

実はあまりにも期待はずれだったベオウルフを観た後に
そのモヤモヤを打ち消したくて、この作品を観ました(笑)

アクションものって、ダイハードやミッション・イン・・・
などを思い出したりするけど
これはそういうのとは違って、緻密なアクション映画
って感じがします。
やや地味な感じがしないでもないけど、息つく暇無く
観るものを飽きさせない作りになってると思います。
ここでも一見殺伐としているように見える状態の中で
信頼とかそういうのが垣間見えて、安堵感を感じたりもしました。
シリーズの最初から観ていた訳では無いけど
それなりに楽しめました。

lalala
lalalaさん / 2007年12月7日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアル!

現実離れした最新鋭の武器や道具を使うのではなく、ボーン自身の頭と身体を駆使して危機を乗り越えていくさまは、前2作以上に、とても現実味を帯びていて、ボーンの行動1つ1つに有無を言わさぬ説得力を感じるほどです。
アクション映画にマンネリ感を抱いてしまっている方にもオススメの作品です!

2007年12月7日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピード感がすごい

このシリーズは初めて見ました。
前の二作は何となくストーリーだけ読んでましたけど。
前を見てない私でも楽しめましたよ。でもヒーローってタフの一言!
映画だもんと言われればそうなんだけど、絶対今のじゃ死んでるよ、何てのがあるから。最後にはそっちの方が気になっちゃって。。。
また見たいと思う。

なっちゃん
なっちゃんさん / 2007年12月1日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これで終わり?

ついにこのシリーズも最終章に。。。
それにしてもマットはこれで、凄い人気を博しましたね。
彼の代表作になったといっても過言ではない佳作ですが、
監督がP・グリーングラスということで臨場感も増したかな。

スパイ映画っていうと、小道具やお色気?っていう
面白小ネタが満載なものが多かったと思う頃に出現した、
とっても硬派で真面目なスパイ映画~というのが第一印象。
主役がマットっていうのも、最新007の彼(スイマセン^^;)同様、
なんで??っていう意見が多かったところ、蓋を開けてみたら
大ヒット!!なんかこの二作って、似て非なりなのかしら^m^
頭脳派マットの最大限の魅力が生かされていると思います。
彼、実際に頭が良いので(爆)事実に裏打ちされているというか。
あ、それってJ・フォスターとかにもいえてる…(^^ゞ
だから私はアクションシーンより、彼が常に知的で冷静沈着、
必ずCIAの先をいくところがすごく格好良くて好きでしたが。。

で、今回も監督お得意の臨場感溢れるシーンが満載で、
まったく息をつかせぬ追跡劇が続くので、ずーっと手に汗。。
この日は仕事帰りに観たせいで、余計に緊張して疲れました^^;
気がついたら、ずーっと指を回してたんです、何でだ?(汗)
ただ彼のシーンは、ほとんどスタントマンが演じてたんでX
もうちょっと後ろ姿とか、判らないようにしなさいよ~(爆)
と思いながら、観てました。
それから、冒頭~中盤以降までがその追いかけっこで終始、
肝心の謎…が明かされる後半がものすごく凡庸に見えちゃって。
あんまり私にはピンときませんでした。原作もこうなのかしら。
三作目まで引っ張ってあのラストということは、ひょっとして
まだ続編をつくるつもりなのか~??とも思えたりして^m^

でもどちらにせよ、すごいシリーズだったと思います。
完成度の高いスパイ映画、といったらコレ♪という感じに
なるような気がします。そしてマットの代表作にも。。。
他の共演陣も良かったですね。
今回は女性陣、J・アレンとJ・スタイルズ。でしたが、
どちらも素晴らしかった。ほとんど目で演技してましたね~。

ハチコ
ハチコさん / 2007年11月29日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めまぐるしい!

見所十分で、激しいアクションにカメラワークのすごさがピカイチ!どうせなら、1作目から続けて見た方が話もわかりやすいし、最後にナルホド!と感心する事うけあい。

いっちゃん
いっちゃんさん / 2007年11月28日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マットの『007』ゴッコ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ポール・グリーングラスは好きな監督だ。
前作では、暗めのブルートーンにアクションはカーチェイスばかりで、ハードボイルド調の地味な作品だった。それに比べると、今作ではマットの格闘シーンが増え、海外でのロケ撮影もカラフルで楽しく、前作での欠点をうまく修正してきたという部分は評価出来る。さすが、グリーングラスだ。アクション描写だけなら文句無くAランクだろう。

だが、あまりといえばあまりの脚本。CIAはバカばっかり。最新の機器を駆使していとも簡単にマットの居場所を探るが、その後の人間の行動の間抜けぶりには呆れてしまう。ジュリア・スタイルズが何で出てくるのか、いきなり何で人生を捨ててマットを助けるのか。なぜ、目立つ金髪をなびかせて逃げまくるのか、帽子でもかぶればいいだろうに…。さらに、CIAの部屋の中身が窓から筒抜けで機密書類のありかが丸見え!

オリエンタルなロケ地で白人が暴れ回るという設定は『007』で散々、観てきたし、ヤマカシ風のアクションはモロに『カジノ・ロワイアル』だ。マットがやりたかったんだろうし、格闘でがんばってはいるけれど、ラストの海の中でのシーンはちょっとしつこかった。気を失って息してないのに、そのまま潜水で泳いでいくなよ!

今作をアクション映画として評価している方が多いのは理解出来るが、私は脚本のひどさに、どうしても入っていけなかった。グリーングラスには、ぜひ、いい脚本でアクションを撮って欲しいものだ。

trekker
trekkerさん / 2007年11月26日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高

ジェイソンボーンシリーズ最終作ということで期待通りの作品、最初から最後まで引き込まれました。
私はニッキーが最後に微笑むシーンがとても好きです。

とっくん
とっくんさん / 2007年11月26日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満足

シリーズ最後と言うことで、前2作を見ていない人にとっては最初の10分はテンポの速さについて行けないかもしれない。
しかし、全作を見ている人にとっては又、ボーンの世界に引き込まれる興奮の時間だった。
ストーリー展開、本当の黒幕とか謎解きも十分に楽しませ、ボーンの人間性も十分に表現されて満足のできだった。
最後に含みを持たせた終わり方をしているが4作目は作らないで欲しい。この3作で終わらせたものを超えるのは難しいから

dora
doraさん / 2007年11月25日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ内では最下位 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんでいちいち挑発をしないといけないのかなと思う。
結果、わざと自身を危険の中に放り込んでアクションシーン
を開始させる演出はボーン自身の真剣度を問われても仕方ないんじゃないかと。
確かに挑発してピンチになって、それを跳ね返していく楽しみはあるけど、
それはボーンがすごいんじゃなくて、CIAがバカなだけでしょう?
もっとCIA側に頭の切れる奴がいる設定でボーンが挑発しないでも
自然にピンチになってハラハラするくらいの脚本がよかった。

te2yama
te2yamaさん / 2007年11月22日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

迫力満点

息もつかせぬスピーディーな展開で楽しめました。カメラワーク、アクションも凄くて面白かったです。ジェイソン・ボーンは本当にカッコイイです。

やまさん
やまさんさん / 2007年11月21日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大興奮!絶対に見るべきです。

パート3とまで来ると、大抵はつまらない仕上がりになってる
ことが多いですが、これは違います!!!
パート3が一番面白い。あえて、3と言わず、題名で区切るところ
も憎いよね~~~~。

スタートからずっとハラハラドキドキで、一部過去のシーンを
振り返ったりしてるところもナイスです。

ずっと飽きない、飽きさせない展開で
もう「面白い!」で終わりますよ。。。。。

普通、死ぬだろうという場面はヒーローものには
あって当然ですが、とってもゾクゾクしちゃいます。

マキシマム
マキシマムさん / 2007年11月21日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

夢中になれました。

だいたい映画館で買ったドリンクは中盤ぐらいで飲み干してしまうのですが、この作品では、はじめに買ったダイエットコークが、終わったときにまだ残っていました。飲み物のことも忘れて見入るぐらい、夢中になれた作品でした。

印象に残ったのは、新聞記者に逃走を指示するシーンと、タンジール(モロッコ)の建物内での追跡→戦闘シーン。

私は、アクション系の映画にさほどストーリー性は求めていないのですが、とはいえ気になる部分なので、「アイデンディディー」「スプレマシー」とも事前にチェックして臨みました。やはり、前作を見ていないと分からなさそうなシーンとかあったので、見ておいてよかったです。

あと、主役がマット・デイモンでよかったと思います。シリーズ通して。このサイト内の評論で、「主役が没個性的なマット・デイモンであることにも意味がある。」と書いてありました。私も、「没個性的」だとは思いませんが、シリーズを通して、マット・デイモンが主演でなければ、全然別の映画になってしまっていたと思います。

映画館のスクリーンで見て正解でした。機会があればまた見たい映画です。

2007年11月18日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度でも見たい傑作

とにかく最高の一言につきると思う。1時間55分があっという間。
今作は冒頭から逃走シーンで始まり、あっという間にボーンの世界に引き込まれる。1作目・2作目に増して、アクションやカーチェイスのシーンも多い一方で、ボーンの過去にだんだん近づいていくストーリー展開で、息をつく暇がなかった。
中盤を過ぎたあたりで2作目のラストシーンが出てくるのは少し強引な展開だった気もする。
タンジールでの追跡シーンもすばらしくスリリング。ウォータールー駅の雑踏の中で新聞記者を誘導しながら追跡の網をくぐりぬけていくシーンもこのシリーズらしく知的で目が離せない。

ボーンがかっこよすぎて、映画が終わっても興奮がさめなかった。
もう1回くらい、映画館に見に行きたくなる作品。
4作目への含みも残すようなラストではあったが、ボーンの過去も明らかになったし、これ以上は蛇足になる気がする。
もっと見たい!くらいに思わせておくのがいいのではないでしょうか。

なんにせよ、私にとっては今年見た映画の中で興奮度の高さ1位の作品となりました。

ヘーゼル
ヘーゼルさん / 2007年11月18日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

見るべし

だまされたと思って見て下さい。
絶対にだまされたとは思わないでしょう。
ドシロウトの私がとやかく言うより必見です。
でも1作・2作の復習はして下さい。
私としては最近の映画界からして4作目はあると思います。
皆さんはどう思うでしょう?

richimi
richimiさん / 2007年11月17日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄え!凄え!面白い!!

まっと・でいもん~…もとい!マット・デイモン主演、アクション・シリーズ第3弾!“色白ポッチャリ軟弱兄ちゃん”のマット君が、唯一スーパーアクションを演じているこのシリーズ。さてさて今回は、どんなアクションを披露してくるのでしょうか?
 素晴しいアクション・シーンが、てんこ盛り!もおとにかく観ていてず~っと、飽きさせません。ボーンの近接戦闘格闘シーンや、ガン・アクション。そしてこのシリーズのお約束、市街地での大規模カーチェイス!第1作「…アイデンティティー」でのパリ。そして第2作「…スプレマシー」でのモスクワに続いて、今作では遂にアメリカ・ニューヨークで、迫力満点のカー・アクションを繰り広げてくれます。“カー・チェイス三都物語”ですね(^^;。そしてこれもお約束。ボーンは今回も、チョット変わった車(第1作目は“ミニ”、第2作目は“タクシー”でした)で、ニューヨークの街中を走り回ります。この辺りにも注目して下さい。

 前回(「…スプレマシー」)の時もそうでしたが、吾輩、このシリーズは殆んどその前のストーリーを憶えられておりません(チャンと観てるんですけどね)。ですからこの映画は、ご覧になる前にもう一度キチンと前2作をチェックして行かれることをお薦めします。ボーンとニッキー、パメラの関係もよくわかりますし、今回映画の重要な鍵となっている“ブラックブライアー計画”という言葉も、実は「…アイデンティティー」のラスト近くでアボット(←前作で死んでます)(ブライアン・コックス)が、既にチョこっと言ってるんですよ。何より前作「…スプレマシー」のラストシーンが、今回の「…アルティメイタム」に驚くような形でつながってくるのです。吾輩観ていて思わず『Oh~!』と声を上げてしまいました(モチ、小声ですよ(^^;)。普通シリーズ物といえば前作のラスト、もしくはその何ヶ月か後ってところから始まるパターンが多いですが、この映画のつなげ方は、もお『お見事!』としか言いようがありません。ホント『やられた~』『そうくるか~?』と、暫し感心してしまいました。前2作を以前に観ていて『大体、憶えてるよ』という方も、出来ればもう一度チェックしてから本作をご覧になって下さい。その方が、より楽しめます。吾輩は、前日に観直して行って本当に良かったと、心から思っております(オーバーな…(^^;)。

 マット・デイモン唯一のマッチョシリーズ。一応今回で“完結”と謳ってますが、これだけのアタリ役はそりゃ簡単に手放したくないですよね。何か『まだ続けたい…』みたいなことも言ってるようですから、ひょっとしたらまた作られるかも。しっかし冷静に考えてみると、随分大そうな“自分探しの旅”やな~(^^;!

mori2
mori2さん / 2007年11月16日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

乗り物酔いにご用心

とにかく手持ちカメラの多用! 少々目が回って気持ち悪くなるかも。映画の手法としては無意味な気がするが、これは「CG使ってないぜ!」という主張ではないか。
さてさて、アクションはすばらしい。特に小道具の使い方は秀逸で、切れ目なく流れるアクション設計に目を離してはいけない!!
オープニングになぜかキレがないのが気になったが、これは本作でのボーンの性格を印象付けるためであったとあとで納得。

ストーリーとしては凡庸だが、アクション映画としてはトップレベルに立った。

べっち
べっちさん / 2007年11月15日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チョッと苦しい自分探し

このシリーズ、ストーリーとしては1作目が一番まとまっていたと思う。
マット・デイモンの俳優としての成長や、スケールアップとスピード感が増したアクションは見応え充分で、確かに手に汗握るものがあるのだけれど、フラッシュバックの多用はイライラするし、展開も解り易くは無い。
前作を未見だと意味が解らないハードルの高さに加えて、ボーンが何故殺し屋になったのかという作品の核心点に然程興味が持てなかったり、敵役のキャラクターの存在が甘くて迫力に欠けていたり、そのくせ極秘ファイルに隠された巨悪の背景や理由など見ている側に生まれる興味が放ったらかしだったりで、何か満たされない作品だった。

NARIZO
NARIZOさん / 2007年11月15日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダイ・ハード? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

おもしろかった。特にアクションシーンがパワーアップしてます。まさしく、ダイ・ハードです。普通なら死んでるか、かなりの重傷だと思うのですが、医師の治療を受けることもなく、自分で治して、戦い続けます。
 緊迫感を出すためでしょうが、手ブレが、ちょっと多過ぎでしたが。

 女性陣、頭良すぎ。ニッキーは、美人じゃないけど、いい感じ、彼女の笑顔がエンディングでよかったです。

 一応、頑張れば、続編作成可能な状態で終わっているので、是非、お願いしたいです。

 でも、なんで毎回、題名が難しいんだろう?

ないる
ないるさん / 2007年11月14日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

91件中、61~80件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報