キトキト!

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
キトキト!
0%
54%
33%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

富山県高岡市を舞台に、型破りな母と子供たちの絆をユーモラスに描いたファミリー・ドラマ。高校3年生の優介の母・智子は、女手ひとつで2人の子供を育てあげた肝っ玉母ちゃん。しかし、優介は破天荒すぎる母の行動について行けず、家を出て上京することを決意する。主人公の優介に「夜のピクニック」の石田卓也、母・智子にベテラン女優の大竹しのぶが扮する。監督・脚本は井筒和幸監督作品の助監督を務めてきた新鋭・吉田康弘。

2006年製作/109分/日本
配給:シネカノン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007 キトキト!家族魂。

映画レビュー

4.0犯人は船越英一郎だ!

kossyさん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 「キトキト」とは富山弁で“生きがいい”という意味なのですが、劇中にはこの言葉は登場しなかったように思います。それよりも金沢弁とも共通の「だら」という言葉が30回は登場していました。さすがに映画の方言はわかりやすかったのですが、むしろホスト用語がわかりづらかったです。『東京タワー』を観たばかりで、息子を想う母親の姿、それに息子や娘が育つのを生きがいにしている愛情たっぷりの内容に類似点はあるものの、またしても感涙でした。

 映画にはなぜか“玉”というキーワードが存在していました。主人公優介のお祖父ちゃんにあたる井川比佐志はパチンコ狂い。ちらりと映ったパチンコ屋は“金の玉”だったのです。そして母親智子(大竹しのぶ)は最終的には水商売を営むことになるけど、出来る職業は何でもこなすスーパー智子ちゃん。夫を早くに亡くして子供二人を育て上げる姿はまさしく“肝っ玉母ちゃん”だったのです。三つ目の玉は、智子の恋人佐川(光石研)が“ケン玉”という特技を持っていたこと。こうして三つの玉によるトライアングルができたと同時に、母親、娘(平山あや)、息子がそれぞれ水商売をやっていたというトライアングルも完成するのです。

 主人公の故郷である高岡市が“なーんつまらん町”ということや母親が勝手に進路を決めそうになったりする強引さに嫌気がさして、東京に憧れる。女の子に囲まれて単純に儲かるという理由でホストの道を選んでしまいましたが、母親が突如上京したときも驚く表情は見せるものの子供の自主性を尊重する。“生きた証し”を見つけるためには、職業も自分で見極め、何でもやってみればいいという考え方はまさしくリリー・フランキーと共通点がありました。

 “故郷は遠くにありて想うもの”と同様に、“母親も遠くにありて想うもの”なのかもしれません。生きているうちに親孝行せねば・・・と、またしても痛感するものの、近くにいるとなかなか行動にうつせない。こんな温かくなれる映画を作ったのは、本作が初監督であるという27歳の吉田康弘。全体的には荒削りながらも、脚本・演出ともに素晴らしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5ベタな題材だけど、分かっていても母ちゃん物はやはりグッとくる

2017年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

まあよくあると言えばよくあるタイプの泣かせ系家族の物語でしたが、程好く笑えて程好く感動出来て、予想以上とまではいかなかったもののまずまずは楽しめた作品でした。
ところどころ粗削りな部分があったり、やや中だるみした部分もありはしたのですが、私も含めて母ちゃん物に弱い人は何だかんだでグッと来ちゃう作品だったのではないでしょうか。
露骨に泣かせに入るので、こう言うのダメな人は全く持ってダメなんでしょうけど・・・。
それと本作は富山を舞台にした作品でしたが、私も含めて地方出身者や地方在住者なら、どこかしらに共感ポイントはあった作品だったのではないでしょうか、学生時代に抱いた主人公の気持ち・・・何となく分かります、田舎って、若い頃は確実に一度は出て行きたくなりますよね・・・。

それにしても、周りからスーパー智子ちゃんと呼ばれるようなザ・肝っ玉母ちゃんを演じた大竹しのぶが、まあとにかくパワフルでホント嵌まり役でしたね。
でも、こんな母ちゃん、劇中のように思春期の頃ならやっぱりちょっと恥ずかしいって思いにもなりますよねぇ、普通の母ちゃんだって思春期の頃は一緒に行動するのがどことなく恥ずかしい気持ちになるものなのに、こんなパワフルな母ちゃんだったらもう・・・。
そんな母ちゃんの想いなんて、あの頃は当然分かるはずもなく・・・でも、歳を重ねた今なら分かる母ちゃんの想い、子供の為ならなんだってやる、そんなパワフルさに思わずグッと来てしまった作品でした。

母親って、いつも元気で、いつでも存在するものだと思ってしまいがちですが、でも当たり前ですがそんな訳はないんですよね。
出来るうちに、今のうちに親孝行しておこうと、ほんのり優しい気持ちになれた映画でしたよ、普段はなかなかそう思わないのですが・・・。
そう思わせてくれる大竹しのぶの繊細な演技がホント素晴らしかったなぁ、そして母ちゃんも女なんだなと、人間臭さを感じさせてくれるエピソードも現実的で良かったと思いました、光石研のさりげない存在感も相変わらず素晴らしい!

井川比佐志が演じた義理の祖父ちゃんのエピソードは、逆に現実的過ぎてちょっと・・・。
それと平山あやが演じた姉の話が、やや中途半端過ぎたかな、こんな中途半端なら主人公と母ちゃんだけの話にしてしまった方がむしろ良かったような。
それと主人公のホストの話も長すぎた印象でしょうか、全体的に詰め込み過ぎなんですよね、主人公の風俗嬢との恋も、どこか中途半端で・・・。
ただ、演じた石田卓也の都会に染まり切れない田舎の悪ガキ感は好きでした、この雰囲気で成り立った映画でもありましたよね、まあ全体的には粗削りでしたけど、程々にグッと来る家族の物語でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

3.0大竹しのぶ、流石です❗

2016年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大竹しのぶの母ちゃんぶりが、潔い❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
富士山の頂

4.0違う意味で予想を裏切られた。

2012年12月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

監督に縁のある人と一緒に観に行った。

どうせ素人の創った映画だからハンディカメラで撮ったんだろうなと思いきや、いきなり大竹しのぶが出て度胆を抜かれた。

映画が終わる頃、グスッ…グスッ…という音があちこちから聞こえてきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴよぴよ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「キトキト!」以外にこんな作品をCheck-inしています。