ラスト・シューティスト

劇場公開日

0%
49%
38%
0%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1901年、ネバダ州カーソンシティ。老ガンマン、ブックスは旧友の医師から末期ガンの宣告を受ける。その医師の勧めで、ブックスはロジャース夫人の宿に身を寄せることに。夫人の息子ギロムはブックスがかつて30人も撃ち殺した伝説的なガンマンであることを見抜く。やがてブックスは最後の対決に臨むことに……。79年にガンで亡くなった名優ジョン・ウェインがその3年前に撮影した遺作。

1976年製作/100分/アメリカ
原題:The Shootist
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 アカデミー賞(1977年)

ノミネート

美術賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.0銃を置けない悲しさ

2022年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら

3.0ジョン・ウェインの遺作

kossyさん
2021年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 どんなに嫌いな悪党でも死ぬ際には敬意を払わねばならない。このドラマと同じようにジョン・ウェインは好きじゃない。遺作となれば格別の思いで見てしまう。

 死は個人的なものだと主張するブックスだが、自分が殺した死者に対しては敬意を払っていません。「罪の無い人間は殺していない」という言葉も、正義のように聞こえるが、所詮は殺した者の勝手な価値判断だ。まして舞台は20世紀になったばかりで、現代にも通ずるような時代背景。特に宿屋の息子ギロム(ロン・ハワード)に銃を教えている光景は、銃社会を正当化したアメリカ・ナショナリズムに他ならない。

 西部劇という映画ジャンルそのものが行き場を失いつつある70年代において、最後のガンマンとして潔く死ぬことがこの映画の最大のテーマ。死を覚悟して酒場に向かうブックスと、彼を撃ちたい3人の男のコントラストが面白い。そして銃を投げ捨てるギロムのおかげで後味は悪くならないのがよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0文字通りミスターアメリカのラスト

lotis1040さん
2016年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

興奮

古きよきアメリカのスター、ジョン・ウェインの最後の作品のタイトルがラストシューティストって日本語タイトルつけた人のセンスに感服する。
原題はザ・シューティスト。それもわかる。奥ゆかしいタイトルだと思った。
ジョン・ウェインという人がどんな人物だったのか、この映画を見ればなんとなくわかる。
実に魅力的なラスト。素晴らしい幕引き。何度でも見たい作品。
最初に見たのは80年代の半ばくらいのように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lotis1040
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る