マイライフ・アズ・ア・ドッグ

ALLTIME BEST

劇場公開日

マイライフ・アズ・ア・ドッグ
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
20%
52%
17%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人々との出会いや別れに戸惑いながらも成長していく少年の姿を描いた、心温まるヒューマンドラマ。1950年代末のスウェーデン。海辺の小さな町に住む12歳の少年イングラムは、病気の母親の元を離れ、叔父が暮らす田舎の村へ行くことになった。個性的な村人たちに囲まれて過ごす楽しい日々。しかし、そんな彼の上にも現実は重くのしかかる……。スウェーデンの名匠ラッセ・ハルストレム監督の名を、一躍世界に知らしめた傑作。

1985年製作/102分/スウェーデン
原題:Mitt liv som hund
配給:フランス映画社

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第45回 ゴールデングローブ賞(1988年)

受賞

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0子供と動物を巧みに扱うハルストレムの監督術に感服!

2017年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

ラッセ・ハルストレム作品には、子供と動物という最高のコンビネーションが活き活きと描かれたものが多い。なぜ彼はこれほど純真無垢な表情や仕草を引き出すことができるのか。多くの証言で浮き彫りになる手法の一つに「結果を求めすぎることのない大らかな姿勢」がある。まずは気長にカメラを構えて、被写体が予定とは異なる動きをしても決してせかさず、むしろそのアドリブを楽しみながら、本編で使える場面を抽出していく。演技のうまさや反復性ではなく、ありのままの良さに重きを置くからこそ、あんなにナチュラルな空気が醸成されるのだ。

病気の母親を気遣いながらも、つい無茶をして周囲を困惑させる少年の表情は今見てもたまらなくいい。「どんなに僕が不幸でも、宇宙に消えたライカ犬よりはマシ」というナレーションが繰り返されるたび、少年と壮大な宇宙とがにわかにオーバーラップ。そうやって刻まれるコントラストも忘れがたい魅力と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

4.0そういや俺の人生も犬みたいなもんか・・・

kossyさん
2020年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 パパは地球の裏側、ママは入院、兄とは別々に親戚に預けられるイングマルだが、悲惨な人や犬と比較することで自分をマシだと考える。それにしてもモテ過ぎるイングマル。年上の女性にも怪しい彫刻家から身を守るという名目でヌードも見せてもらえる。結局は女性の胸よりも、飼っていた犬シッカンのほうが大好きなんだ。

 それにしても、初めて宇宙旅行をしたライカ犬。この犬よりも悲惨なことはないと考えれば、どんなことでもマシに思える。この性格は生きる勇気を自ら得ている前向きな生き方ですな。落ち込んだときに見るといいかもしれない。

 ラストのボクシング中継でのヨハンソンもイングマルとダブらせて、将来を予見するかのようでいい効果だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.5雰囲気に味わい深さはあるが、感動は今ひとつ

2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

萌える

スウェーデン映画。落ち着いた名作的な雰囲気は好きだったが、内容面で心に来るものはあまり無かった。味わい深いっちゃあ味わい深いけど、感情に訴えかけてくるものが薄くてイマイチのれなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントキのバンデラス

0.5最低です

2019年11月5日
PCから投稿

とにかく最低としかいいようのない映画です

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」以外にこんな作品をCheck-inしています。