飼い主のため何度も生まれ変わる…「僕のワンダフル・ジャーニー」感涙必至の予告完成

2019年4月10日 22:00

「僕のワンダフル・ライフ」(2017)の続編
「僕のワンダフル・ライフ」(2017)の続編

[映画.com ニュース] 何度も生まれ変わる犬ベイリーと飼い主のきずなを描いた「僕のワンダフル・ジャーニー」の予告第1弾が公開された。ベイリーが転生するたびに姿を変えるため、ビーグルのミックス、ヨークシャーテリア、アフリカンボーアボールなど、個性豊かな犬たちが結集。家族への一途な愛情を胸に奮闘する健気な姿が切り取られた、感涙必至の映像となっている。

世界中でスマッシュヒットを記録した「僕のワンダフル・ライフ」(2017)の続編。前作でメガホンをとったラッセ・ハルストレム(「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」)が製作総指揮を担い、ゲイル・マンキューソ(ドラマ「モダン・ファミリー」)が監督を務めた。ベイリーの声は、「アナと雪の女王」でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッドが続投している。

約50年間で3度も転生し、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)と再会したベイリー。イーサンと妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)、孫娘のCJとともに幸福な生活を送っていた。ある日、CJが母グロリア(ベティ・ギルピン)に連れられ家を出て行ってしまう。グロリアは夫を事故で亡くしたショックから立ち直れず、両親との関係も悪化していた。突然の出来事に悲しむイーサン夫婦を見たベイリーは、現在の“犬生”を終え、生まれ変わってCJを見つけ出すことを決意。新たな使命を得て、家族に再び幸せを届けるため、愛と友情と献身に満ちた長い旅路を歩んでいく。

フィリップ・フィリップスによるハートウォーミングな楽曲「ゴーン、ゴーン、ゴーン ずっと君のために」にのせた予告の冒頭では、イーサン夫婦とCJのあたたかな時間を活写。しかし、涙の別れをきっかけに家族はばらばらに。転生したベイリーは彼女を探し出し、少女から大人の女性へと成長していく時間にそっと寄り添う。「僕が守ってあげなくちゃ」と誓い、雷を怖がるCJとシーツにくるまる様子や、ギターの音色に耳をかたむける場面も。ベイリーが家族のきずなをつなぐため、ひたむきに奔走する様子に胸が熱くなる映像が完成した。

僕のワンダフル・ジャーニー」は、9月から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
僕のワンダフル・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ]

僕のワンダフル・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥970

名匠ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化し、飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース