愛犬と飼い主による珠玉の感動作が帰ってくる!「僕のワンダフル・ライフ」続編、9月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月2日 > 愛犬と飼い主による珠玉の感動作が帰ってくる!「僕のワンダフル・ライフ」続編、9月公開
メニュー

愛犬と飼い主による珠玉の感動作が帰ってくる!「僕のワンダフル・ライフ」続編、9月公開

2019年4月2日 07:00

ベイリーが新たな“犬生”に身を投じる「僕のワンダフル・ジャーニー」

ベイリーが新たな“犬生”に身を投じる
(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 犬と飼い主の運命と絆を感動的に描いた「僕のワンダフル・ライフ」(2017)の続編が、「僕のワンダフル・ジャーニー」の邦題で9月から日本公開されることがわかった。前作でメガホンをとったラッセ・ハルストレム監督(「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」など)は製作総指揮に回り、新たな“愛犬がつなぐ家族の物語”を紡ぎ出す。

もしもかつての愛犬が、もう一度会うために生まれ変わってくれたなら……。W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫刊)が原作。前作では、犬のベイリーが、自分の命を救った少年イーサンに再び会いたい一心で何度も転生を繰り返す姿を描き、世界中でスマッシュヒットを飛ばした。

約2年ぶりとなる今作では、ベイリーが新たな“犬生”に身を投じる。約50年間で3度転生し、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)と再会したベイリーは、イーサンとその妻・ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)とともに、幸福な生活を送っていた。しかし、やはり問題は発生。孫娘のCJが母グロリアとともに行方をくらませてしまった。

2人の哀しむ姿を目の当たりにしたベイリーは、現在の“犬生”を終えたのち、再び生まれ変わりCJを見つけ出すことを決意。新たな使命を背に、イーサンと家族みんなにもう一度幸せを届けるため、愛と友情と献身に満ちた長い旅路を歩んでいく。なおベイリーの声はディズニーアニメ「アナと雪の女王」でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッドが続投し、ドラマ「モダン・ファミリー」のゲイル・マンキューソが監督を務めている。

(映画.com速報)
僕のワンダフル・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ] 僕のワンダフル・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥972 飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。
HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] HACHI 約束の犬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,436 日本でも1987年に「ハチ公物語」として映画化された、亡き飼い主を駅前で待ち続けた忠犬として知られる秋田犬ハチの物語を、リチャード・ギア主演、ラッセ・ハルストレム監督で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報