「ペット2」でスノーボールがスーパーヒーローに!? 中尾隆聖の続投決定

2019年3月15日 12:00

俺はスーパーヒーローだ!
俺はスーパーヒーローだ!

[映画.com ニュース] 2016年に大ヒットしたアニメーション映画「ペット」の続編となる「ペット2」の日本語吹き替え版に、声優の中尾隆聖が参加していることがわかった。前作で悪役だったにも関わらず高い人気を集めたウサギのスノーボール役を続投。「1作目の『ペット』で大好きなキャラクターに出会えてとても幸せな気持ちになれたので、続編のオファーがきた時も、ヤッタ~! と思いました。ちなみに今携帯の待ち受け画面をスノーボールにしています(笑)」と喜びを爆発させている。

「怪盗グルー」シリーズ、「SING シング」を生み出したイルミネーション・エンタテインメントの最新作。前作はニューヨークを舞台に、犬のマックスとデュークをはじめとする個性あふれるペットたちが、飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描いた。日本語吹き替え版ではマックスを「バナナマン」の設楽統、その相棒デュークを「バナナマン」の日村勇紀、2匹の飼い主ケイティを佐藤栞里、猫クロエを永作博美、マックスに思いを寄せる犬のギジェットを沢城みゆきが続投する。

画像2

最新映像も公開され、もふもふとした毛並みが健在のスノーボールの姿が収められている。前作のラストでは元ペット軍団のリーダーを引退し、優しい少女モリーに飼われることになったスノーボール。映像内では青いコスチュームを身に着けて「俺はスーパーヒーローだ!」と宣言する姿や、パンチの素振り、モリーとともにスーパーヒーロー会議に出席するなど、前作から一転した新たな姿を見ることができる。

中尾は本作でのスノーボールの魅力について「正義のヒーロー気取りですが、やっぱりドジで憎めないところかな……!?」と明かし、ファンへ向けて「スノーボールのお茶目で憎めないハチャメチャぶりをお楽しみください!」とメッセージを送っている。

ペット2」は7月26日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース