時計じかけのオレンジのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ

劇場公開日 1972年4月29日
98件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

今なお我々はこの映画に追いつけずにいる

ミルクバーのソファからじっと画面のこちらを凝視する青年アレックス。その表情はまるで観る者をことごとく目で切り刻んでいるかのようで戦慄が走る。奇想天外で、挑発的で、人を思い切り不快な気持ちに陥らせる場面も多い本作には、今見ても常人には真似できない色彩、美術、衣装、カメラワーク、すべてにおいて時代の20歩くらい先を突っ走ってる凄みが満ち満ちている。公開45年を超えた今もなお、我々はこの映画に追いつけずにいる。

クライマックスでに突きつけられる「社会」へのアンチテーゼも鋭く突き刺さる。ただ、当のキューブリックは、自身が脅迫状を受け取ったのを機に「家族の安全が保証出来ない」として強気な態度を変え、73年に英国内の上映を禁止した。その後本国では長らく上映が叶わなかったと言われる。「博士の異常な愛情」ではないが、凄まじい爆弾を作り出したことに最も思い悩んだのはキューブリック本人だったのかもしれない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

その時代で…

犯罪が多発してたロンドンで、非行に走っても最後に苦しむのは己だよ と言う社会的メッセージ性の強いストーリーなんだけど…

今の時代にはあまり向かない映画かと思います

ただ、その時代でこの撮影技術や美術デザインなどは前衛的で面白いと思います

H1DE!
H1DE!さん / 2019年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

追いつこうにも追いつけない

いかれた映画。欲とヴァイオレンス、洗脳の恐ろしさ。全体的に近未来を感じさせる映像は素晴らしい。地上波アウト。第九が…

ねぴちゃん
ねぴちゃんさん / 2019年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きじゃない

おっかない作品だった。描写が過激で救いようがないしハッピーな瞬間が一つもなくて苦しかった。
でもトラウマになったのは事実だし造語とか色んな新しい物を描いたキューブリック監督は確かにすごい。

Earl
Earlさん / 2019年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

わからぬーーーーーわからんんんんんんんん
名作だと聞いて見て見たものの全部見るのに1週間かかっちゃったし終始分からなかった。とにかく分からなかった。なんで有名なの?ファンがいるの?ありさの理解力がないの???不良少年が更生してくストーリーではあるけど、え、よくわからん。病院でもぐもぐしてる姿は可愛かったけど、あとはよくわからん。社会風刺でもしてるのかしら。謎だから他のレビューでお勉強しよう、、、まあ、いつか見て見たいと思ってたから見れてよかったとは思う。一瞬も面白さ感じなかったけど。

Dianne
Dianneさん / 2019年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

難しい

キューブリック作品ということで観ましたが、やはり難解でした。

物語の根幹にあるのは、因果応報、なのだと思いますが、監督の描き方が独特なため、それだけではなく、もっと哲学的なメッセージも含まれているように感じました。ラストの病院でのシーンが、とくにそれを思わせます。ですが、いかんせん、凡人の自分では、それを言語化できず、もやもやするばかりです。

単純な話をわざと難しくして、伝わるか伝わらないかのギリギリのラインで表現しているような作品でした。

とはいえ、最後の最後まで物語に引き込ませてくれるところが、さすがのキューブリックといった感じでした。

ユージーン
ユージーンさん / 2019年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今見てもレベル最高。

下品に見えるかもしれないが芸術映画である。キューブリックのほかの作品は今見ると色あせてしまったが、これだけは今でもかなり輝いている。

KIDOLOHKEN
KIDOLOHKENさん / 2018年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

独特の近未来感が個人的に好きです。

独特の近未来感が個人的に好きです。

ポケ
ポケさん / 2018年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半の映像美にはセンスを感じたけれど

名作で評価が高いので、観てみましたがありきたりの内容の映画でした。どうしてそこまで評価が高いのかわかりません。前半の映像美にはセンスを感じましたが。

hide1095
hide1095さん / 2018年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

並べられる宇宙語がコワいw

最初に感想を言うと、何言ってんのかワカンナイ!w
「イン・アウト」には笑うww

キューブリック監督作品の中で1番好き。
何度も観たいわけではないが、忘れた頃にまた観たくなる。そしていつの時代に観ても、変態的で芸術的でスタイリッシュな作品。
性的に変な嗜好があるわけでもなければ暴力的であれどキチガイな苦しめ方をするタイプでもないのに、主人公アレックスからは常に異常性を感じてやまない。暴力行為のモチベーションの引き金になっているのが自身の愛すべきクラシック音楽であったり、芸術的なオブジェであったりするからであろう。また、自分を監視する立場の人間に対しては意外とか弱く振る舞う姿のギャップが可愛いようで気持ち悪くて…w

「強制」と「矯正」の恐ろしさ。人の怒りや苦しみの輪廻はそう簡単に断ち切れない。ラストは凄く社会風刺的であり、70年代から今の時代になってもこのメッセージは変わらず我々に強く刺さるモノだと思う。

幸ぴこ
幸ぴこさん / 2018年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

印象的なタイトル

スタイリッシュな映像美を楽しむ作品。特に冒頭の主人公の鋭い目つきにはドキッとした。
内容の方は…私には刺さらなかったというのが一番近い。多分公開当時に見る、もしくはもっと若い時期に見ていれば違った感想を持ったはず。高校生・大学生時分に見てたらきっと変に影響受けてたろうな~。ある意味良かった?
人に影響を与えるパワーは感じる映画。幸か不幸か刺さらなかった。

sukacinema
sukacinemaさん / 2018年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惡有惡報 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

暴力美學與性愛畫面,後半段比較有趣
男主角邪惡的笑容不寒而慄,
美術場景服裝很美

かな
かなさん / 2018年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

✰久し振りに鑑賞✰

10代の頃に、TVCMとかをやっている時に流行ってて観ましたけど、その当時とはまた違った印象でしたね。

前半は とにかく面白いの一言!
暴力やレイプ描写に 嫌悪感を示す人も多いと思いますが、私は そこまで酷いと感じる様なリアルさは感じませんでしたね。
なにせ、この作品 結構〜長尺なので、そこで引っ掛かってしまったら、最後まで観られませんよ。

仲間だと思っていた人物達の裏切りによって 警察に逮捕されてしまったアレックス。早く刑期を済ませる方法を知り、まんまとそのチャンスを手に入れる。
それは、暴力的な人間を 善人に改造するというものだった…。

この作品は、結局 観ている人達も 人の不幸が好きだと思う様に、暴力は 暴力しか生まないんだと言うことを言いたかったのではないかと思う。
一見、善人風な人でも キッカケがあれば そのタガが外れ、呆気なく罪人の仲間入り。
実験が成功したと思えたアレックスも、最後は元のギラギラしていた頃のアレックスに戻ってましたね。

本当に、サラッと描いていますが 実に深い内容の作品だと思いますよ。
上辺だけで観ないで、本質をシッカリ観て欲しいと思いますね。

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2018年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てが変態的。

本作は「フルメタル・ジャケット」に続き、キューブリック作品として2作目。傑作と言われる所以がわかった。
ストーリーはアレックスという主人公が犯罪を犯して捕まってしまうが、新療法の被験者となる代わりに釈放され…というもの。
まず、ストーリーは展開が読めず、見ていて飽きることはない。それに加えてキューブリック監督によるエキセントリックな演出により、のめり込んでしまう。セット、衣装、音楽、カメラワークなど全てが変態的というかサイケデリックで、その世界観に鑑賞者は圧倒される。
序盤が性的かつ暴力的であるのに、ラストに迫るにつれ、社会風刺のテーマ性は増してゆく。鑑賞後、こんな融合の仕方があるのだろうかと唖然としてしまった。キューブリック監督にしかできないテクニックであろう。
その描写の仕方から好き嫌いが分かれることには納得だが、こんな作品を今後見れることは無いだろう。それだけ本作が極めて稀有でハイブリッドな作品であることは皆が認識すべきである。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2018年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

80点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クズは最後までクズなのか
飛び降りてクズに元どおりなのか
翻訳が難しい…
けど古い映画やのにいい世界観と音楽!
好きな映画です!

コウセイ
コウセイさん / 2018年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何を期待して観るか

ここまで本当に"面白い"と思えた映画は他にない。

最初見たときは、地味に評価が高くてキューブリックの作品だったことを理由に、内容も知らず見始めました。でも開始早々ギブアップしました。

でもその後がすごく気になったのと、そのアイコニックなファッションと世界観が気になって結局また再度見ることにしました。

まさか最初見たときはこの映画にここまで"惹かれる"とは思いませんでした。

好き嫌いは完全に分かれる映画で、好みのポイントも人それぞれだと思います。ファッション、社会的テーマ性、世界観、インテリア、音楽、撮影手法、キャラクター性……などなど

目を当てたくないようなシーンもありますが、なかなかこんな映画には出会えないと思います。

Helena
Helenaさん / 2017年11月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観た人を選別させる映画。

この作品は賛否が真っ二つに分かれると言われているが、厳密にいうと、賛否の中の「賛」の中にも真っ二つに分かれると思う。

この作品をどう好きなのか、でその人がどう生きてきたか、どういうものを好きなのかがはっきりするような気がした。

芸術的な意味合いで好きなのか、先進的な意味合いで好きなのか、単にキューブリックが好きなのか、。

自分はどうかというと、、、よく分からない。けど、ドラマ性や人物描写というよりも、時代を風刺した点において、好きなのかもしれない。

兎にも角にも、観ながら感じた気持ち悪さや自分の中にあるダークな部分を刺激されたことが、好きになった理由なのかもしれない。
それほど、観る人の心に突くものがあるのだろう。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鬼畜にも劣る浅ましい蛮行に天誅

奇人、迷(名)匠キューブリックが描く退廃的近未来作品。
サイケデリックなインテリアやオブジェが近未来風
(?!)軽快に雨に唄えばを口ずさみ非人道的な暴力行為を喜々とする、キ○ガイ主人公アレックスの顛末に同情の余地なし。

苦肉の策子
苦肉の策子さん / 2017年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美術作品を映像にしたかのような作品

まるで美術作品を映像にしたかのような作品。
自由に生きてきたはずが結局は政府の手のひらで転がされている皮肉。
しかし本人にとってはそれが自由。
結局人間は利用され利用することで廻ってるんだなあ...
それが良い事でも悪い事でも。
しかし出てくる人物人物全てが狂っている。
狂っている人物が正常に戻すと言ってもまた狂うだけの無限ループ。
「時計じかけのオレンジ」というタイトルがマッチしています。
印象的なセリフも良い。
非常にアーティスティックな映画。
暴力シーンや性的なシーンがあるので好き嫌いが完全に別れます。

Gomez
Gomezさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芸術

音楽、演出共に芸術

しゃらい
しゃらいさん / 2017年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

98件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報