劇場公開日 1972年4月29日

時計じかけのオレンジのレビュー・感想・評価

3.8128
32%
46%
16%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全128件中、1~20件目を表示

5.0今なお我々はこの映画に追いつけずにいる

2017年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

ミルクバーのソファからじっと画面のこちらを凝視する青年アレックス。その表情はまるで観る者をことごとく目で切り刻んでいるかのようで戦慄が走る。奇想天外で、挑発的で、人を思い切り不快な気持ちに陥らせる場面も多い本作には、今見ても常人には真似できない色彩、美術、衣装、カメラワーク、すべてにおいて時代の20歩くらい先を突っ走ってる凄みが満ち満ちている。公開45年を超えた今もなお、我々はこの映画に追いつけずにいる。

クライマックスでに突きつけられる「社会」へのアンチテーゼも鋭く突き刺さる。ただ、当のキューブリックは、自身が脅迫状を受け取ったのを機に「家族の安全が保証出来ない」として強気な態度を変え、73年に英国内の上映を禁止した。その後本国では長らく上映が叶わなかったと言われる。「博士の異常な愛情」ではないが、凄まじい爆弾を作り出したことに最も思い悩んだのはキューブリック本人だったのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 15 件)
牛津厚信

3.5音楽と効果音がよかった!

美咲さん
2020年9月21日
iPhoneアプリから投稿

全体を通して音楽と効果音がよかった。特に長回しでドブに顔突っ込まれて痛ぶられているシーンが印象的で、叩かれるときの効果音がよかった、まるで自分の精神にも信号が届いてくるような気持ちだった。あと単純にあの長回しはスゲ〜!構図も素敵だったな。
それ以外のよかった点については散々他の人が書いているので省略!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
美咲

4.070'sロンドンの雰囲気を愉しめる映画

2020年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

「おしゃれな映画」で検索してヒット。
暴力的なシーンが多いけど、
70'sロンドンのモッズファッション、シャイニングにもあるようなキューブリック監督ならではのインパクトのあるカットが印象的でおしゃれな映画だった。この監督好きだわー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ざっつ777

2.5椅子のシーン目当て

2020年8月15日
PCから投稿

主人公の母親の服装がファンキー過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

4.0暴力と風刺

2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

高校生の悪ガキグループが暴力の限りをつくして、リーダが殺人を犯し、刑務所に入る。そこで、政府機関の更生実験を受け、社会に戻る。

そこで出会う人々は元被害者であり復讐されるが、暴力に嫌悪感を抱くようにされているので抵抗はない。その後、政治家のPRのために、利用されるが、元の悪に戻る。

結局、悪ガキは変わらないという風刺のように思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

3.5おしゃれなエロバイオレンス

セツさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
セツ

3.5社会に性格を蹂躙される非行少年

2020年6月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

極悪非道な少年に再び犯罪させないよう精神に多大な負荷をかけて性格を矯正するが、いろんな思惑があって一筋縄ではいかないお話。
本人の意思は尊重されるべきだが、アレックスのような人は性格や思考から無理やりにでも更生させるべきなのか…
そこに他者の意向も混ざって、一人の非行少年の性格が社会によって右往左往する。
名作として名高い作品ですがあまり軽い気持ちで観ない方がいいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
パンダマン

4.5最後震えた

2020年6月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
筋肉ワンワン

4.0眼球綺麗。色彩が好き。

さん
2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿

眼球綺麗。色彩が好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵

2.0時計仕掛けのオレンジ

キノピさん
2020年5月3日
iPhoneアプリから投稿

1978年の映画。近未来の若者の姿を描いたとか。
題名に惹かれて観たのですが、苦手な映画でした。
暴力とレイプを繰り返す若者の、リーダー的存在の男性を描いた作品なんだけれど。彼や周りの人間の心の中が描かれて無い様に思えて仕方がない。
確かに人を描いているのだけれど、事柄の羅列ばかりで
そう、、、絵画を見せられている様な感じがした。
私にとっての救いは、モダンな空間と明るいシンプルな色使いのオシャレ感があった事だろうか、、、
あと、若者のセリフが独特の造語の様で、字幕を読むたびに分かりにくくて、それ必要??と思ってしまったのは私だけだろうか。
悪の雰囲気を楽しむ映画かなあ。
嫌だ、嫌だと思いながら観たからか、なんか心に引っかかってしまう映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キノピ

4.0テーマ好みじゃない。憧れ。映像が好き。

さん
2020年4月13日
スマートフォンから投稿

テーマ好みじゃない。憧れ。映像が好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴

3.5自由と法

みゅうさん
2020年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みゅう

3.5いつか、もう一度観てちゃんと書く、気になり続けている映画

CBさん
2020年2月24日
iPhoneアプリから投稿

30年以上前に観た時、正直、好きな映画とは思わなかった。当時、「2001年」でキューブリック監督を知り、本作と「博士の異常な愛情」を名画座で観ることができた。「2001年…」と「博士の…」はジャストミートで満喫できたが、本作はどちらかと言えば、嫌いな映画。しかし、評価は非常に高いので、今でも気になっている映画。

たしかに、体制と自由、管理と反逆といった主題で、もう一度ちゃんと観たい映画かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
CB

4.5キューブリックの目

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実に初鑑賞。
これが1972年作品というのが一番の驚きで、
画面の細部にまでこだわり抜いたセンスの素晴らしさに始終、感動した。
アングルの素晴らしさ、小道具ひとつひとつのこだわり、
遠心力の皮肉ささえも、
ああ、キューブリックったらもう!と自分の親戚みたいな口調になってしまう。

現代ではgoproでスーパーカメラばりの水飛沫が撮れますが、
この時代にそれをやってのけたキューブリック、
いったいどれだけの先見の明を持っていたのか!!

原作を破壊することで有名で、
原作者からは糞だの恥だの言われ続けたキューブリック、
しかしあなたが残した功績は大きい。
黒澤とキューブリックだけを観て育てと言う先生も居るくらいのカリスマ性。

私は脚本よりやはり映像に魅せられたほうなんですけどね。
あの猫屋敷のオブジェや、おっぱいミルク、
本当にステキでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

5.0最後まで着地点が見えない展開

2020年1月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

全く前情報なしで鑑賞。
ホラー映画ではないものの、かなり「怖い」映画です。
字幕の表現が独特過ぎてあまり理解できなかったですが、全体のストーリーの理解には影響ないのでご安心を。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カツカレーライス

4.0人は簡単には変われないということか…

たろうさん
2020年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公は同情の余地がないほどの犯罪漬けの毎日を送る犯罪製造マシーン。が、出所後の彼は確かに暴力を振るわないし、他者から傷つけられ、弱い立場になる。自業自得とはいえ、そんな彼のことが可愛そうに見えてしまう自分が少し嫌になった。

ラストシーンには驚いた。結局悪はどこまでいっても悪でしかないのか…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

1.5出てくる人たち全員狂っている世界

yamappleさん
2020年1月3日
iPhoneアプリから投稿

レビュー評価がとても高く、この映画と比較しているレビューを書かれている人がいたので観てみました。

うーん、なんというか、ここまで痛烈な社会風刺をすると全員気狂いに見える凄まじい世界観。そしてどうしても「ultra violence」が酷すぎて好きになれない…。何度も見るのをやめたくなった。これを評価できる人は何を高く評価しているのかわからない。

主人公のアレックスは世の中を舐め切っていて、暴力、強盗、レイプなどに明け暮れ、殺人を犯して刑務所行きになるのだけど、実に短絡的で道徳観が欠落した人間。
そんな彼がおかしな心理療法を受けて暴力ができない身体になるかわりに刑務所から出てくるが、根本的には何も変わっていなくて、単にパブロフの犬的な療法で悪い感情が出ると吐き気がして動けなくなったり、自殺したくなってしまう。
んで、そんな身体になった彼はタブロイド紙に追いかけられる存在になるのだが、政治的に利用されて殺されそうになったり、果てまた逆に政府に持ち上げられて世論を動かしたり。

出てくる人たちの掌返し感がなんとも滑稽で、世の中に対する批判を風刺しているのはわかる。時計仕掛けという言葉はまさにこのロボットのような右往左往する感じなんだろうなと思いつつ、勝手に生きているように見えるアレックス自身が実はその渦の真ん中にいるというのがまさに皮肉でもある。

ここまでくるともはや世の中は絶望でくだらないものにしか見えなくて悲しい。
無駄にアーティスティックな内装や音楽が色々出てくるが、どれも滑稽さを誇張している感じがした。
うーん、気持ち悪い。二度と観たくない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yamapple

2.5何故暴力は楽しいんだ

2019年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

前半が暴力シーンの部分ほど芸術性を持たせて撮っていたので、後半物足りなくなってる自分がいました。
自分の根底にはそんなもの無いと思いますが…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

4.5時代が追いこしてしまった。

土偶さん
2019年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ミレニアムの変わりメディア以来。
50年ですっかりと世界が変わった中で再び見る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
土偶

2.5めくるめくバイオレンス

2019年10月27日
iPhoneアプリから投稿

自分には合わないかなw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
30代の嘆き
「時計じかけのオレンジ」の作品トップへ