劇場公開日 1972年4月29日

「今なお我々はこの映画に追いつけずにいる」時計じかけのオレンジ ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8125
32%
46%
16%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0今なお我々はこの映画に追いつけずにいる

2017年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

ミルクバーのソファからじっと画面のこちらを凝視する青年アレックス。その表情はまるで観る者をことごとく目で切り刻んでいるかのようで戦慄が走る。奇想天外で、挑発的で、人を思い切り不快な気持ちに陥らせる場面も多い本作には、今見ても常人には真似できない色彩、美術、衣装、カメラワーク、すべてにおいて時代の20歩くらい先を突っ走ってる凄みが満ち満ちている。公開45年を超えた今もなお、我々はこの映画に追いつけずにいる。

クライマックスでに突きつけられる「社会」へのアンチテーゼも鋭く突き刺さる。ただ、当のキューブリックは、自身が脅迫状を受け取ったのを機に「家族の安全が保証出来ない」として強気な態度を変え、73年に英国内の上映を禁止した。その後本国では長らく上映が叶わなかったと言われる。「博士の異常な愛情」ではないが、凄まじい爆弾を作り出したことに最も思い悩んだのはキューブリック本人だったのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 15 件)
牛津厚信
「時計じかけのオレンジ」のレビューを書く 「時計じかけのオレンジ」のレビュー一覧へ(全125件)
「時計じかけのオレンジ」の作品トップへ