クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア

劇場公開日:

解説

18世紀から生きてきたバンパイア、レスタトは眠りから現代に甦り、人気ロック・スターに。その音楽によって目覚めた古代エジプト女王だった吸血鬼、アカーシャは、共に世界を征服しようとレスタトを誘惑する。アン・ライスのベストセラー連作“バンパイア・クロニクルズ”の「呪われし者の女王」を元に映画化。ヒット映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」ではトム・クルーズが演じた吸血鬼レスタトをスチュアート・タウンゼントが演じる。

2002年製作/102分/アメリカ
原題:Queen of The Damned
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2002 Warner Bors. All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5前作のオールスターに比べるとだいぶ見劣りする。

2023年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。
原作既読…じゃなかった、これ三作目の映画化だったわ。
うーん、ライスも脚本から外れてるし、そりゃまあ美男美女ですが、多分そっちじゃないんだろうな、期待されていたのは。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

1.0中途半端

2020年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 スチュアート・タウンゼントを売り出すための映画なのでしょうね。残念なことにアリーヤは撮影途中で亡くなったのでしょうか?そのためか知らないけど、編集に苦労したのだと思う。

 レスタトの目的意識もはっきりしないし、ジェシーや超常現象研究所だって何をしたいのかわからない。きっと、吸血鬼がロックバンドをやるというコンセプトだけが奇抜な発想で面白いんじゃないかというノリで作ったのでしょう

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy

2.0ただ…

2012年7月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

2010/07/19 22:40

スチュアートタウンゼント!

綺麗すぎ(*/ω\*)で評価がプラス(笑)

…なのは置いて…
映像、音楽ともに素晴らしいと思う。
ただツッコミ入れる所多すぎる
まずレスタトがなぜか金髪カラ黒髪に変わった(前作トムクルーズからタウンゼントに変わるギャップ)

ヒロインが正直美形すぎるレスタトと釣り合わない衝撃

レスタトが突如ロックスター?

コンサート中舞台をブッ壊して乱入する女王(笑)煙っ(笑)

女王が波動で仲間撃破(笑)北斗の拳を思い出したのは私だけではないて思いたい(笑)

そしてあれだけ恐れられてた女王アッサリ死亡(笑)

しかも女王、、華奢。
凄く美人なんだけどやっぱヴァンパイアの女王ッテだけあるならもっとボンキュボンのがしっくりくるかな

遺作にするにゎもったいない気がする。
うん。
正直ストーリー事態ゎ微妙です。インタビューウィズヴァンパイアの続編として見ない事ですかね。

ヴァンパイア映画としてだけ見れば…まぁそこそこ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ざっチャン・∀<))★
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」シリーズ関連作品