殺人の追憶

ALLTIME BEST

劇場公開日

29%
50%
17%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国で実際に起きた未解決殺人事件をリアルな演出で映画化。86年、ソウル近郊の農村で、同じ手口による若い女性の惨殺事件が連続して発生。地元の刑事パク・トゥマンとソウル市警から派遣された刑事ソ・テユンは対立しながらも捜査を続け、有力な容疑者を捕らえるのだが。監督ポン・ジョノは99年に「ほえる犬は噛まない」でデビュー、2作目の本作で韓国のアカデミー賞・大鐘賞の作品賞・監督賞・主演男優賞・照明賞を受賞。

2003年製作/130分/PG12/韓国
原題:Memories of Murder
配給:シネカノン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

写真:Photofest/アフロ

映画レビュー

4.0人間の抱える闇をじっと凝視した傑作

2020年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

5.0軍政下の閉塞感とやるせなさ

2021年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

5.0観やすいけど胸糞悪い、これぞ映画!なザ・韓国映画

唐揚げさん
2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
唐揚げ

3.0実際の事件に引き摺られ過ぎ、映画としての普遍的価値が…

2021年7月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

昨年鑑賞済みだったが、
BS放映を機に再鑑賞。

全体的には良く練られたイメージの作品。
ただ、ポン・ジュノ監督作品としては
「グエムル-漢江の怪物-」と「母なる証明」
は好きだが、
「パラサイト 半地下の家族」の
アカデミー作品賞受賞は納得出来なく、
この作品も同じ印象を受けた。

犯人を作り上げることに
奔走する地元刑事を
コミカルに描く前半シーンは、
つかこうへいの「熱海殺人事件」をも彷彿
させる韓国警察の自虐的な風刺が効いて
逆に妙にリアリティを醸し出す一方、
自慰行為を目撃者された容疑者を
追いかける場面からの
アクション的で過激なシーンが続く後半は、
現実味が薄れ緩慢にも見え、
キネマ旬報第2位作品との評価は
これも納得外だ。

この映画、ラストシーンの
「よくある顔…普通の顔」
と子供に言わせたのは、解説にあるような、
立件出来なかった曲をリクエストしたの男
の再犯との匂わしでは無く、
多分に犯罪恐怖は
日常的に潜んでいると解釈をした方が
この作品の深みが増すのだが、
解説通りだとしたら
この作品の普遍性も消えて
残念な製作意図だ。

だから、映画で描かれた猟奇殺人の犯人は
このリクエスト男としか思えない描き方だ。
多分にたまたま別の精液が付着していた等の
結果、正しいDNA鑑定結果が出されなかった
だけとしか想像出来ない。

ラストシーンを
日常的な犯罪恐怖性への警鐘
と解釈したかったが、残念ながら
やはりそう思えない展開に違和感を感じた
のは当然だったかも知れない。

ある意味、実際の事件に引き摺られ過ぎ、
映画としての普遍的価値を失ってしまった
作品と言えないだろうか。

更に、最後のトンネル内を手錠をしたまま
立ち去るリクエスト男の扱い、
また、主役でも良いようなソウルから来た
応援刑事や
片足切断となった同僚の
作品内での終わらせ方も
いかにも尻切れトンボのようにも感じる。

ポン・ジュノ監督は、「パラサイト…」でも
同じ印象を持ったが、
前半は良く練られた作風だが、
後半になると作品の切れ味が低下してくる
イメージが私には常にある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所
すべての映画レビューを見る(全108件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る