エネミー・ライン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
エネミー・ライン
8%
51%
35%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アルマゲドン」のオーウェン・ウィルソン、オスカー俳優ジーン・ハックマン共演で、熱い男のドラマを描く戦争アクション。監督は報道カメラマン出身の新鋭ジョン・ムーア。ボスニア上空から敵地撮影をしていたクリス大尉は、攻撃を受けて不時着。その地でセルビア人民軍の凶悪犯罪を目撃し、その情報を持ち帰るため、救出ポイントに向かう。彼の上官、レイガード提督は、上層部の意向に逆らって、クリス大尉を救出しようとする。

2001年製作/106分/アメリカ
原題:Behind Enemy Lines
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2001 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

3.0突破

syu32さん
2019年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

「エネミー・ライン」シリーズ第1作。

「プレミアムステージ」での地上波初放送を鑑賞。

紛争地域に不時着した主人公(オーウェン・ウィルソン)が、現地武装勢力に追われながら安全地帯を目指して敵地を突破しようとするサバイバル・アクション。

たったひとりで脱出しなければならないという苦境に立ち向かう姿が胸熱。
オーウェン・ウィルソンの拳銃左手片手撃ちに何故か興奮しちゃいました(笑)
周り中敵だらけというハラハラが堪らず、死体だらけの沼地に潜んでやり過ごし、地雷源を進む…。
全編に渡ってヤバ過ぎました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syu32

2.5対空ミサイル

2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿

すげー追ってくる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.0アメリカ万歳映画

2019年2月24日
Androidアプリから投稿

楽しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆっちゃま

4.0単なるアクション映画で留まらない

あき240さん
2018年12月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

舞台はボスニアヘルツェゴビナ
映画「ユリシーズの瞳」と同じ場所
その5年後の出来事だ
物語は地対空ミサイルで撃墜された戦闘機の後席の航法士の敵中横断とその救出劇
要約すればこれだけのお話に過ぎない
現代の実物の兵器が登場してリアルさが素晴らしく、アクション映画としてレベルは高い
撃墜と前席操縦士の相棒の処刑の目撃と山中の敵中の突破を経て、主人公の人間の成長物語でもあり、ジーン・ハックマン演じる救出に腐心する司令官の責任者としての苦悩の物語でもある
そしてもちろんハッピーエンドで終るのだ

観終わって胸中に去来するのは、面白かったとアクション映画を観終わったそれであるのは確かだ
しかし、「ユリシーズの瞳」、「バルカン超特急」とこの舞台となった地域を舞台にした映画を観て、このボスニアヘルツェゴビナがどういう土地であるのかについて、少し知見がある人間ならば違う思いも去来しているはずだ

何故にこの地に米国やNATO軍がいるのか?
もちろんそれはこの地の民族紛争を見かねてのことで人道上として介入しているからだ
どちらの味方か?どちらの味方でもない?
そんな詭弁が現実に通じるのか?
そのそれぞれの民族に繋がりのある対抗勢力も介入するのは当然のことになるだろう
本作の敵方は皆ロシア製の兵器だ
単に戦争を大きくしているだけでは無いのか?
介入しているNATO軍の司令官はここから抜け出したくて自軍の兵士を見殺しにしようとまでしているではないか?
本作はこの矛盾をアクション映画の振りをして、実は描かれているのだ
それこそが本作のテーマだったのではないのか?と思ってしまうのだ

自国の紛争に他国の軍隊を引き入れてはこうなるという見本の国だ
100年経っても同じことの繰り返しだ
それは極東でも同じだ
朝鮮半島の安全保障を巡り、日本は今また100年前からやり直すことになりかねないのだ
そんな視線で本作を観れば、また違った味わいがあると思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「エネミー・ライン」シリーズ関連作品