メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

ALLTIME BEST

劇場公開日

23%
73%
4%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「逃亡者」(93)でアカデミー助演男優賞を受賞、「メン・イン・ブラック」シリーズなどで活躍する名優トミー・リー・ジョーンズが劇場用長編映画を初監督。テキサスとメキシコの国境。カウボーイのピートは、友人のメキシコ人カウボーイ、メルキアデス・エストラーダが死体となって発見されたことから、彼を故郷の町に埋葬するため、彼を殺した新任の国境警備員マイクとともに遺体を運ぶ旅に出る。2005年のカンヌ映画祭でトミー・リーが主演男優賞、ギジェルモ・アリアガが脚本賞を受賞。

2005年製作/122分/アメリカ・フランス合作
原題:The Three Burials of Melquiades Estrada
配給:アスミック・エース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 カンヌ国際映画祭(2005年)

受賞

コンペティション部門
脚本賞 ギジェルモ・アリアガ
男優賞 トミー・リー・ジョーンズ

出品

コンペティション部門
出品作品 トミー・リー・ジョーンズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0地球を調査する宇宙人

kossyさん
2020年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 序盤に時系列をいじってあるのなら、前もって教えてほしかった。おかげであちこちに出てくるトミー・リー・ジョーンズが地球を調査する宇宙人じゃないかと疑ってしまった・・・

 スペイン語も自由自在のトミー・リー・ジョーンズ。今作品での彼はメキシコ人メルとの篤き友情もさることながら、一つの約束を守るためにかなり強引な方法でわが道を突き進むカウボーイだ。自分よりもかなり若いメルキアデスを殺された悲しみと、不法入国者であるというだけで人権を無視するアメリカ人を憎んでいるかのような性格を表に出すのです。とりわけ品行方性でもないけど、メルを故郷のヒメネスで埋葬するんだという一途な想いが伝わってきました。

 友人を殺された恨みで短絡的に復讐するというのも一つの道だったのかもしれないけど、目的を果たすために犯人を殺すわけにはいかなかったのだ。自分の財産なんてのもどうなろうと知ったことじゃない。ロバや馬を失い、細かな経費さえ目的のためならば惜しまない。さらに国境警備隊の包囲網も突破しなければならなかったのです。

 ロードムービーとなる後半。馬とロバと犯人と死体という不思議な組み合わせによって、とんでもないコースを辿る。途中、孤独な盲目の老人のエピソードや、ガラガラヘビの毒で死にかかった犯人を助けるくだりも面白い。そしてメヒネスという町は存在しない!という意外な展開で最高潮に達しました。

 その他、犯人の嫁さんとメルキアデスの関係や、二人と不倫しているウェートレスとか、暴力の因果応報などといった複雑に絡み合う人間の面白さが秀逸でした。それにしても、親切なメキシコ人からもらったクマの肉はいつ食べたのだろう。死体と一緒に食べたのかな。そして、盲目の老人の行く末も気になるところですね。

【2006年7月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5心象風景を映像化したような作品

2019年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

テキサスの殺風景が堪能できる。個人的には嫌いではない作風。
現実のようで夢をみているような、心象風景を映像化したような作品。なので、意味を求めると置いていかれる。ずっと意味がないことをしている。

舞台はアメリカだが、アメリカぽくない映画。開放的なロケーションだが非常に内向的な内容。フランスや日本の監督(もちろん一部の)の作品のほうに近い気がしなくもない。商業的な成功を狙っている感じがしない。おそらく、あの監督とあの監督の作品は観ているだろうな、そこは意識(或いは無意識に)したんじゃないか。勝手な印象だし、ぼかしとくが。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.5面白いシナリオ

映画.jpさん
2018年11月22日
iPhoneアプリから投稿

面白いシナリオ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画.jp

3.5悪くはないが

2018年2月21日
iPhoneアプリから投稿

主人公の気持ちは分かる。
女優のキャスティングがよい。
クソなシーンはなかった。
ゆったりお酒でも飲みながら
見るのがおすすめ。

メキシコ越境がどういうことか分かった。
トランプさんが壁を作りたいというのは
人件費抑える目的もあるのね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
プチトマト
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」以外にこんな作品をCheck-inしています。