2046

劇場公開日

3%
21%
52%
15%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「花様年華」「恋する惑星」のウォン・カーウァイ監督が描くSFラブストーリー。1967年の香港で「2046」という近未来小説を書く男の現在と、彼が小説で描く近未来が、次第に交錯していく。小説の登場人物たちは、失われた記憶を取り戻せると言われる2046へ向かう列車に乗り込む。「インファナル・アフェア」のトニー・レオン、「恋する惑星」のフェイ・ウォン、「HERO」のチャン・ツィイーらアジアの人気俳優が結集。

2004年製作/130分/香港
原題:2046
配給:ブエナビスタ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ウォン・カーウァイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

2.0この映画のどこが良かったのか?

2018年11月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

木村拓哉さんがアジア映画初出演するときいて見たんですが、さっぱり分かりませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes

1.5日本語を喋るフェイウォンが可愛らしい

静秋さん
2013年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

SF映画には元々興味がないのでやっぱり退屈に感じました。
アジアの豪華俳優が揃っているのでそれだけで満足です。

これラブストーリーだったっけ?という感じなので、またじっくり見てみようかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
静秋

5.0理屈では人は変われない

2008年7月26日

泣ける

難しい

幸せ

前作「花様年華」のレトロな作風から一転、今作は一人の男の空想と現実を舞台にしたやや近未来的な作風。今までのカーウァイ監督の中でも、一層私的な世界観が披露されています。よって国際的評価は乏しく、それも理解できます。でも、わたくしの完全なプライベートなレベルでは最高の作品。

この映画の焦点は、心に傷をかかえた一人の男(トニー・レオン)がそれを乗りこえるまでの過程で、複雑に絡み合った過去をほぐし、一本の糸にするまでの心象。それはYES、NOで判断できる次元でなく、自らを比ゆにして浮かび上らせた世界(小説)をあるがままにストイックに受け止めること。そのようにして、絡み合った心はほぐれるのではなく、最後に一気に溶解してしまうのです。ある意味、すごい大どんでん返しです。カーウァイ監督は、心の深い所まで降りていける人なんですね。

トニー・レオンの最初のやくざな眼差しから、心が一気に溶解した瞬間、優しくなる目の演技はすごいの一言。ここまで息をのませた演技は、個人的に「ヒート」のデ・ニーロ、「グラディエーター」のラッセル・クロウ以来。他の共演陣も(木村氏を除いて)素晴らしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あんゆ~る

3.0艶な俳優勢揃い

The Dudeさん
2008年3月26日

 アンドロイドがどうのとかストーリーはすっかり忘れた。まあ、どうでもいい。ただ、艶な俳優たちを楽しむのみ。トニー・レオン、コン・リー、カリーナ・ラウは言うまでもなく艶。チャン・ツィイーやフェイ・ウォンすら艶。

 キムタクさんだけは浮いてるんだな~。艶とは縁遠い存在。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
The Dude
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る