ゴーストライダー

劇場公開日

3%
22%
58%
15%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マーベル・コミックの人気キャラクターをニコラス・ケイジ主演で映画化。17歳のときに病の父親を救うために悪魔メフィストに魂を売り渡したジョニー。その10数年後、30歳になったジョニーの前に再びメフィストが現れ、魂を売った代償として魔界の反逆者を捕らえるよう命じる……。監督は「デアデビル」のマーク・スティーブン・ジョンソン。共演はエバ・メンデス、ピーター・フォンダ。

2007年製作/110分/アメリカ
原題:Ghost Rider
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0名前とビジュアルはカッコいい♪

2021年1月31日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

当時予告編でかなり期待していたのですが、敵があまり強くないというか、倒し方があっけないというか、「○○で倒してほしかった」とか代わりのアイデアがあるわけではありませんが(笑) エヴァ・メンデスのグラマーさとゴーストライダーがバイクで走るシーンはどれもよかったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は生き甲斐

3.0おうち-272

かいりさん
2020年11月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

多分、ニコケイって、自転車は購入したら✓型にハンドルを曲げるタイプのビジネスハゲだと思う。

悪魔と契約を交わしたことで、夜になると炎に包まれたゴーストライターに変身(服は燃えないけどハゲるお)、朝日が登ると自分に戻る(髪ふさふさだお!)身体になってしまったスタントマン・ニコケイ。
私的には、肩の力が抜けたMARVEL作品。興奮はしませんが、なんか楽しい。なんか見ちゃう。
登場する悪役たちが、どれもいい感じの小粒感。強く見えない(笑)
そして、アラサーほいほいBSBの"Everybody"風世界観(マイケルの"Thriller"じゃないのがポイント。この感覚、伝われ)がツボ。

あ、どう見てもニコケイが30歳設定に見えないんですが。いや頭皮で判断してるのではなく、、、。

深夜に観始めたらなかなか面白くて、そのまま朝を迎えました。おはようございます。
2を続けて観れるほどの体力と気力と興味は残りませんでしたので、お休みなさい。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 6 件)
かいり

2.0子ども騙し

2020年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大人視点から言うとエヴァメンデスのエロさ以外に
何が面白いのかまったく分からない。

一昔前の子ども向けのアメコミ映画って感じで
ストーリーに深みも無けりゃ見所も特にない。

一瞬カッコ良いビジュアルかと思ったけど、
ガイコツに火が付いただけでカッコ良いとも言い難い。

敵は弱いし武器もそこら辺にあったチェーン。
アクションシーンも笑っちゃうほどシンプルで迫力もない。

ただ、これを観てアメコミが凄い勢いで進化して行ったのは
よく分かった。

小一の息子は楽しんでた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.0魂を奪われても髪の毛は奪われなかったニコラス・ケイジ。何度燃えても生えてくるんだぜ・・・

kossyさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 またしてもマーヴェル・コミックの実写化映画。しかもダークな系統のヒーローものなのです。バイクスタントで人気があったブレイズ親子。父が肺がんになったことを知ったとき、息子ジョニーは悪魔メフィストに魂を売ってしまったという過去のドラマから始まります。父親の肺がんの原因はタバコによるものだと思われるのですが、吸っていたタバコはマルボロ。その後に登場するケアテイカー(サム・エリオット)が『サンキュー・スモーキング』では初代マルボロ・マンを演じていたところも興味深いところですが、150年前には同じように大金を見せつけられたのかどうか気になるところでもあります。

 成長したジョニー(ニコラス・ケイジ)はなぜか“ジェリービーンズ”と“猿”と“カーペンターズ”がお好き。「ちょっと待て、猿の映像に戻せ」とか「カレンの歌声が・・・」などという台詞には笑ってしまいそうになりました。カーペンターズはともかく、なぜ猿が好きなのかは理解に苦しむところでしたが、ゴーストライダーに変身した後、屋上でヘリコプターと戦うシーンが『キングコング』のそれと重なり、警官隊に発砲されたときには確信しました。そう、ブレイズ親子はキングコングが大好きだったのです。そう考えると、バイクスタント・ショーだってキングコングが見世物にされていたことと被るのです。もし、エヴァ・メンデスがナオミ・ワッツだったら大爆笑だったはずです・・・

 原作もなにも知らずに観ていたのですが、これほど西部劇の雰囲気になっているとは思いませんでした。血の色を感じてしまうような空の映像からすると、マカロニ・ウエスタン風でもあったけど、音楽といいサム・エリオットの雰囲気といい西部劇にはピッタリです。しかも、ゴーストライダーの乗るチョッパー・バイクは『イージーライダー』をオマージュしたものなのか、わざわざピーター・フォンダを登場させているところが憎いです。

 ストーリーとしてはそれほどでもないけど、色んな遊び心を感じ取れると楽しくなります。一番凄かったシーンはビルを直滑降するところでした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴーストライダー」シリーズ関連作品