A.I.
ホーム > 作品情報 > 映画「A.I.」
メニュー

A.I.

劇場公開日

解説

テクノロジーが天文学的なペースで発達した近未来。人間は“感情”以外の面において万能なロボットを召使いとする生活を送っていた。そんなとき、サイバートロニクス社は世界で初めて“愛する”ことをインプットしたロボットの少年デイビッドを作り上げる。彼は試験的なケースとしてサイバートロニクスの従業員夫妻の養子となるが、やがて予期せぬ状況の連続で生活を続けられなくなり、デイビッドは家を出る。

作品データ

原題 A.I. Artificial Intelligence
製作年 2001年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 146分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第25回 日本アカデミー賞(2002年)

ノミネート
外国作品賞  

第74回 アカデミー賞(2002年)

ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ
視覚効果賞  

第59回 ゴールデングローブ賞(2002年)

ノミネート
最優秀助演男優賞 ジュード・ロウ
最優秀監督賞 スティーブン・スピルバーグ
最優秀作曲賞 ジョン・ウィリアムズ

特集

「誰がイーバン・チャンを殺したのか?」
イーバン・チャンの検死報告

ネットを席巻する「A.I.」怪情報壮大な謎解きの先にあるものは?「誰がイーバン・チャンを殺したのか?」編集部だが、ここまで来たらもう止めるわけにはいかない。この底なし沼からは簡単には抜け出せないのだ。もちろん、コンテンツはすべて英語だ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スピルバーグのエンタテインメント体質の賜物
A.I.の映画評論・批評

キューブリックの企画をスピルバーグが監督した話題作は、21世紀の「E.T.」というより、21世紀の「ピノキオ」。そして、2人のスター監督のいいとこ取り。確かに、愛をインプットされ、人間になりたいと願うロボットを通して人間存在を問う世界...A.I.の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全36件)
  • 案外面白かった 近未来SFで、1900年代のハイテクのイメージで作られているが、案外クオリティが高く、極端にSFSFしてて良かった。主人公の純粋な気持ちと、絶対に思い通りに進まないストーリー、そして決してハッピ... ...続きを読む

    究極の遊び人 究極の遊び人さん  2018年5月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • tedがいた(°0°)!! 今や世間を席巻するA.I.。そのA.I.という言葉を知るきっかけとなった作品。 『未知との遭遇』でもピノキオの件があったから、ピノキオ好きのスピルバーグが未来版ピノキオを作ったのかと思ったら、キ... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2018年1月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 当時夏休みの話題作だった(と思う)ので映画館まで観に行きました。 ... 当時夏休みの話題作だった(と思う)ので映画館まで観に行きました。 長くて観るのが辛かった思い出。おもしろくなかったな。 あらすじをネットで観たら、おもしろそうなのに。 ...続きを読む

    へまち へまちさん  2017年12月24日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi