風の谷のナウシカ

116分
 

解説

アニメ雑誌「アニメージュ」誌上に連載されていた宮崎駿の同名漫画の映画化。宮崎監督自身が、監督、脚本を務めた。高度な産業文明を破壊させた「火の七日間」呼ばれる大戦争から1000年。人類は、巨大な虫や、毒の森・腐海に脅かされながら生きていた。辺境の小国「風の谷」の族長の娘、ナウシカは、人間同士の争いに巻き込まれていく。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

作品データ

製作年 1984年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 116分

映画レビュー

レビューする

宮崎駿、乾坤一擲の作品

ネタバレ注意

不死鳥さん

一死、大罪を謝す

アニメーションの動きや画面の色は、まだまだ宮崎駿の持つイメージから遠く及ばず、心象を丁寧に表す曲は幾つかあっても、時折聞こえる安い打ち込みのサウンドがノイズとなる箇所もあった。 しかし、それら...

たろっぺさん

これで終わりですか?

宮崎駿さん、ナウシカこれで終わりにするのですか?最初のエピソードで終わり?全く納得できない。物語を完結させてください。このままでは中途半端な作品です。続編を希望。

ミネルバ250さん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース