ダンケルクのレビュー・感想・評価

メニュー

ダンケルク

劇場公開日 2017年9月9日
540件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

苦しい戦時体験とカタルシスのバランス

クリストファー・ノーランは、戦争についてのイデオロギーは極力排し、観客に戦場を体感させることに主眼を置いた。英雄賛美も戦争反対の大きな声も手垢がつきすぎてしまった現代で戦争を語ることの困難さがこの映画には溢れている。
暗くどぎついことの連続である浜のシーンで、人は戦場の苦しさを嫌というほど体感するだろう。しかし、観客に与える苦しみは「サウルの息子」ほど徹底されず、救助の民間船のエピソードでは、希望やヒロイズムが謳われる。
戦場を体感させたい、しかし苦しみを強いるだけの鑑賞体験では観てもらえない。ノーランはそのジレンマに向き合った。
机上の空論を振りかざすことをやめ、生々しい戦場に向き合わなくてはならない。しかし、映画としてのカタルシスなくして、多くの人に訴える力があるのかどうか。
非常に難しいバランス感覚だが、見事にこの困難な戦時体験映画を商業映画として成り立たせ大ヒットに導いたノーランの手腕は見事だ。

ローチ
ローチさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

言われたくないだろうけれどぜひ大阪IMAXレーザーで。

正直、普通の映画館で観た時はピンとこなかったが、フィルムにこだわりIMAXを推奨するノーランが可能な限りIMAX70mmで撮ったのだから、ノーランが本来想定しているであろう1.43:1のアスペクト比で観てみようと、唯一1.43:1で上映している大阪エキスポシティのIMAXレーザーに行ってみた。

結論を言うと、別物、まったくの別物だ。フィルム時代のIMAXを知る人は、デジタルIMAXであの時の衝撃を味わえず歯痒い思いをしたことがあると思うが、デジタル上映とはいえフィルムのIMAXの持っていた広大な空間の広がりを、三度目のIMAXレーザーで初めて感じた。

大仰に思えた音響もこの巨大なスケールだとピタリとハマる。ストーリー的な不満は解消されたわけではないが、IMAXレーザーの「ダンケルク」、観られるうちにぜひ一度とお勧めしたい。最安だと東京からだと深夜バスで平日片道約3000円。その価値はあると思います。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

戦争映画に「時間」の概念を絡ませた異色作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もぬけの殻となったダンケルクの市街地を抜け、海岸線がスクリーンいっぱいに広がった瞬間、これまでに感じたことのない映像の深遠さが胸を貫いた。そしてここから陸・海・空の3つのタイムラインを駆使したダンケルクの撤退作戦が展開するなんて誰が予測しえただろう。

さすがノーラン作品には「時間」という概念が密接に関わってくる。『インセプション』と同じく3つの異なった時間の尺度を展開させる手法には舌を巻くばかり。その結果、各々のテリトリーが交錯する「点」にて運命がスパークするわけだが、この語り口はもはや戦争アクションを超えた、緻密なるサスペンスの域と言えるだろう。

ちなみに、本作ではトム・ハーディが操縦する戦闘機内に響く無線音声の中でマイケル・ケインのカメオ出演がある。かつてケインが『空軍大戦略』で空を滑空していた映画史を押さえておくと、ノーランの密かなこだわりをさらに深く咀嚼することができるはずだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 8 件)

ラスト20分のカタルシスも映画のリアリズム!

強烈な閉塞感が神経を虐め続ける。容赦ない爆撃から身を守ろうとして砂浜にへばり付く兵士たちは、地上という行場のない牢獄で、はたまた閉じ込められたまま沈没していく船内で、遙か眼下の海原を見下ろすコックピット内で、その身を拘束されたまま時間に弄ばれているかのよう。個人の視点から見れば、戦争とは、戦場とは、なんと全体像がつかめない怪物如き存在であることか!?従来の戦争映画が当たり前のように駆使してきた想像の域を出ないCGI仕様の俯瞰映像を頑なに拒絶して、クリストファー・ノーランが提示する新リアリズム。それが映画的な快感と呼べるかどうかは甚だ疑問だ。しかし、延々と続いた怪物からの逃避行が、やがて達成感に変わるラスト20分のスタルシスは、画面の形状に関係なく、観客の心を強く掴み取って離さない。それもまた、映画のリアリズムだと思うのだ。

MP
MPさん / 2017年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

可能ならIMAX版を観るのが吉

第二次大戦期の英戦闘機スピットファイアを3機も飛ばすだけでもすごいのに、さらにその操縦席後部にIMAXカメラを設置してコックピットからの視点で写すという、ノーラン監督らしいこだわりの映像を満喫できる。敵機との空中戦や、沈没しかかった船から海に飛び降りる兵士たち、浸水し転覆した船内で溺れそうになる若き兵など、縦幅の長いIMAXの画角を活かした構図もふんだんにある。通常の上映はIMAX版の映像の上下をカットして映すので、大げさに言えば「まったく別の映像体験」。

IMAX版でも、フィルム>レーザー>デジタルという映像品質の差があるのだが、残念ながら「ダンケルク」の日本公開は主要な外国よりも1カ月以上遅れているため、これから外国で観ようと思っても場所がごく限られるはず。IMAXフィルムは日本になく、IMAXレーザーは大阪のみ。厳しい状況だが、それでもIMAX版で観る価値は間違いなくある。

AuVis
AuVisさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 16 件)

にゃんこ映倫

良い映画だっただけに、CGは使うとこは使っても良かったんじゃないかなぁ?船も軍人も少な〜くて残念…

森永ひろひろ
森永ひろひろさん / 2017年11月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦場におけるそれぞれの心理を観ている側に考えさせる良作。

劇場館内が戦場に変わる、これぞ映画館で堪能すべき作品ですね。

sumomojam
sumomojamさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらん。

退屈でした。
緊張感や臨場感は感じられず、
ストーリーも単調。
戦争の悲惨さも伝えられていません。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2017年11月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

IMAXで観た!映像も綺麗でイケメンいっぱい出てる みんな必死で生...

IMAXで観た!映像も綺麗でイケメンいっぱい出てる
みんな必死で生きようとしてて、仲間を助けようとしてて。日本の戦争映画とは違うものを感じた。

みき
みきさん / 2017年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

史実に基づいて淡々と…

ダンケルクの戦いについては全く知らず,予告編とクリストファー・ノーラン監督の作品ということだけで見てきました。結論から言うと,自分にはいまひとつな作品でした。というのも,ダンケルクの戦いについての詳しい説明やストーリー的な盛り上がりがなく,淡々と進行していく印象だったからです。史実に基づいている作品なのだから,しかたのないことかもしれませんが…。

とはいえ,陸・海・空と場面がめまぐるしく変わり,時間軸も異なって展開していくのは,なかなかおもしろかったです。正直言って,頭の中でうまくつながらなかったところもあったので,機会があれば改めて見直したいと思います。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

日本映画では絶対にできない作品

IMAXで見た。
海軍と空軍にスポットライトをあてた映画である。
人から勧められて観た。
普段あまりこの手の映画を好んで見ないが、この映画は見てよかった。
とにかく臨場感が素晴らしく、同時進行で物事が進むので、ドキドキワクワクさせられた。

絶対に、邦画ではこのような作品を作り上げることは絶対にできない。

今年度のアカデミー賞最有力候補と言われているのも理解できる。

ただ、想像以上に複雑で同時進行であったため、人間模様が理解出来なかった。

これは、映画館で見るべき作品。

それを強く感じた。

かほたろう
かほたろうさん / 2017年11月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大迫力?

どっかの誰かが書いてたけど、IMAXの70mmで観ること前提の映画(私は普通の35mm上映館で観賞)
陸戦も空戦も魚雷による海戦も迫力不足。
家のテレビで観た「プライベートライアン」のノルマンディ上陸シーンの方が迫力があった。
これも偏に血の一滴も流れない演出だからだろう。
爆弾が人の上に着弾しても、その存在がこの世から消えて無くなる(文字通り霧散)だけで、人が死んだ痕跡が残らない。
当然、迫力も恐怖も感じない。
従って登場人物に感情移入も出来ない。
生き残る為に右往左往する人々を淡々と見せられるだけ。
ノーラン監督の
ダークナイト等の渇いた暴力演出は大好きだけど、人の生死が演出の重要な要素になる戦争映画はもう撮らない方が良いのでは?とさえ思えてしまう作品だった。

ミハエル
ミハエルさん / 2017年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

体験

ここのレビューでも何人か書いているように、体験する映画である。
物語なんて無いに等しい。
でも、恐怖を体験し、その後の感動を体験することがこの映画の鑑賞価値である。

ttkktktk426
ttkktktk426さん / 2017年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

IMAXで観れた!やったー!

面白い?雰囲気がする?ので面白いなぁ〜😄☀️ってなる面白い映画。

露茎童貞
露茎童貞さん / 2017年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チッチッチッチッ

グロイシーンなし、戦闘機や戦車の大戦シーンなしでも息もつまりそうな戦争映画だった。

エキストラが一斉に伏せるシーンは圧巻だったし、ノーランのこだわりはピカイチだったと思う。

今言うのも遅いけど、DVD送りとか考えるのはダメだと思う。映画館での体験が大切

カサ@アメコミ
カサ@アメコミさん / 2017年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正解のみえない緊張感に苦しくなる

えー、そこから始まるの!?
最初からそんな驚きと音の強烈さに圧倒され、引き込まれていきました。

時間の見せ方にドキドキ、交差の刹那はアッと声を出してしまいそうになりました。
戦闘機からの映像がとても印象深かったです。

若い兵士達は疲弊しきって、どの顔も無表情で無口。
主人公達を時おり見失いそうになりましたが、洋楽に疎い私でさえなんとなく知った顔のハリー・スタイルズがいたのでけっこう助かりました。
どの行動が生に結びつくのか、正解の見えない緊張感に苦しくなります。

ケネス・ブラナー、マーク・ライランスはじめ、トム・ハーディやキリアン・マーフィーは安定の存在感でした。
コリンズを演じたジャック・ロウデンも良かった、今後の活躍に期待です。

グッドラック
グッドラックさん / 2017年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリストファーノーランというネームバリュー

第二次世界大戦最中の1940年、ダンケルク海岸にてドイツ軍に包囲されたイギリスなどの多国籍連合軍40万人余りが取り残された。
四方から襲い来る銃撃、広範囲に及ぶ空爆に苛まれながらも必死に逃げようと生きようともがく若き兵士たちとそんな彼らを救おうと行動を取った小型船に乗り込んだ民間人らと英国空軍らを描いたノンフィクション作品。

次作を最も期待されている映画監督と評されるクリストファーノーラン。
傑作インターステラー以来3年ぶりの新作は初の実話かつ戦争映画。
各方面から最高傑作と評される下馬評に公開前からファンだけでなく、おおよその映画好きが注目していたであろう2017年の最注目の一本。

なかなか意見の分かれる作品だった。
初見は公開前日の金曜深夜0時からスタートした新宿ピカデリーでの爆音上映だった。
1本目に今作、2本目にインターステラー、3本目にインセプションと超ド級の情報量を朝まで視界に詰め込み、その日は帰宅して寝る以外何もできなかった笑。

そういった環境で観たからというのもあるがまず音の迫力に痺れた。
冒頭ドイツ軍によってばら撒かれた降伏勧告の用紙が散らばる音のみの静かなスタート。
言葉少なに味方の軍に合流しようとする若者たちを突然の銃声の嵐が襲う。
心臓を掴まれたかのような臨場感。この時点で手汗がだいぶやばい笑。
毎回のことだがノーラン作品は効果音のボリュームがエグい。
今作は特にそれが顕著で爆撃機が接近する轟音、次々と投下された爆弾が接近してくる爆音などがやり過ぎなくらいな音量と音圧で襲いかかってくる。

さらにはこれまたノーランお得意の時系列シャッフルも健在だ。
海岸に取り残された若者たちの防波堤での1週間、政府の要請を受け勇敢にもダンケルクへと向かう小型船の民間乗組員の1日、戦闘機スピットファイアに乗り込み戦場のダンケルクへと向かう空軍の空での1時間と3つの場面をそれそれの時間軸で描く複雑な展開でそれぞれの戦いや葛藤を描く。
冒頭では詳しく時間描写がないためわかりづらいかもしれないが後半になるにつれそれぞれの時間が重なり合っていく展開は見事。

その2点も去ることながら今作でもう1点特徴的なのが最後の最後まで主人公たちは逃げて逃げて逃げるだけの展開だということ。
トムハーディら軍人を除けば、ダンケルクの若者たちも小型船の民間人もみなほぼ丸腰。
絶体絶命のピンチに助けてくれる様なヒーローやご都合主義的な展開は一切なし。
みな海水でずぶ濡れになり終いには重油にまみれ体はボロボロの上に、生き残るために仲間から囮を出そうとする醜い本心すら見えてくる始末。
しかしその醜いほどの生々しい人間らしさと何としても生き残ろうとする姿にどこか勇気を感じさえもする。
事実この戦いで33万人もの人間を救出できたことを各メディアは奇跡と称し、困難に屈しない誇り高い精神をダンケルクスピリットと呼ぶほど言葉が生まれるほどに大きな出来事だったらしい。

戦場に取り残されたほとんどの兵士が若くて未熟な兵士であったという事実からあえて無名な若手俳優を起用し、当時の戦場の臨場感を出そうしていたようであまりキャストの面では大々的な作品といった印象は受けない。

また各キャラクターのバックグラウンドや性格がまったく読み取れないほどに情報量が少なく、ただ戦場から逃げ出す兵士たちと救おうとする人々の集まりといった印象しか持てず共感出来ないという意見が多いよう。

逆を言うとクリストファーノーランというネームバリューだけでここまでの動員力と一定の評価を獲得できる力があることの証明になっている。そういう意味では彼のキャリアの中でも重要な作品かもしれない。

自分はやはり劇伴の存在感が圧倒的であった為、満足して観られたなと思う。
またラストのトムハーディがこれでもかと言わんばかりに美味しい役かつカッコ良かった為、拍手を送りたいと思う笑。あの状況で胸張って真っ直ぐ前を見つめられる精神力が欲しい笑。
ノーラン常連のマイケルケインが不在でとうとう記録が途絶えてしまったか、、と思った数日後にノンクレで声のみでの出演をしているとの情報が入り、よかったとホッとしたあの感情は一体何だったんだろう笑。

本腰でオスカー戦に参戦しにきたようなタイミングと内容でいよいよクリストファーノーラン初?の監督・作品賞を狙えるのではないかと期待は高まる。
アカデミーのクセの強さはここ数年で知ったから実際のところは読めないがアカデミー好みそうな内容なのではなかろうか。

オレ
オレさん / 2017年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

擬似戦争体験

IMAXにて視聴。

残酷描写はないにもかかわらず、戦争の雰囲気を感じさせるのはさすが。
時計の音が刻一刻と迫るタイムリミット感じさせ、視聴中常にヒヤヒヤした。

視聴前に期待していた空戦は正直あんまり。最終的に3つ時間軸が重なった場面は良かった。

キャラの判別が難しいのでこいつ誰だっけみたいなこともしばしば。

ヒポポタマス
ヒポポタマスさん / 2017年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハズレノーラン映画

クリストファーノーランは哲学的な映画を撮ると超一流なんですけど、
本作はそういった哲学的な味は出てなくて、
あえて得意技を封印して新規分野開拓に挑戦した試行映画だったような気がする

t
tさん / 2017年10月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

スケールの小さい作品です

単純に言えば、ミクロな視点で描かれた、砂浜サバイバルアクションです。

予告では「砂浜に追い詰められた40万人」と煽っていたので、
壮大な叙事詩を期待したのですが、そんな要素は皆無。
とても数十万人規模には見えません。数百人規模という感じ。

小規模な戦闘イベントが散発的に発生し、映画の尺に合わせて最後は無事脱出成功となり、ご都合主義のFPSゲーム的な印象を受けました。
三つの時間軸だとか、そういう試みは結構なのですが、
絶望的な状況がなぜ解決して、どうやって「数十万人」が無事脱出するに至ったのか、もう少し丁寧に描いてくれればよかったと思います。

とはいえ、映像/音響は素晴らしいのひとこと。
特に空戦のシーンはよく出来ており大変満足でした。
観る価値はあります。

Fat Old Sun
Fat Old Sunさん / 2017年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

540件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi