ダンケルク
ホーム > 作品情報 > 映画「ダンケルク」
メニュー

ダンケルク

劇場公開日

解説

「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。この事態に危機感を抱いたイギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、軍艦はもとより、民間の船舶も総動員したダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を迎えることとなる。出演は、今作が映画デビュー作となる新人のフィオン・ホワイトヘッドのほか、ノーラン作品常連のトム・ハーディやキリアン・マーフィ、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランス、ケネス・ブラナー、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズらが顔をそろえている。

作品データ

原題 Dunkirk
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 106分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

[究極の臨場感][究極のタイム・サスペンス][究極の映像体験][究極のドラマ]4つの究極体験クリストファー・ノーラン最高傑作誕生

エンターテインメント超大作でありながらも、深遠なテーマと物語を成立させてきたクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」が、9月9日に日本公開。ノーラン監督自身初となる、第2次世界大戦で行われた史上最大の救出作戦の実話を描いた。臨場感、タイム・サスペンス、映像体験、ドラマという4つの「究極体験」に迫る。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全3件)
  • ただただ戦場に放り込まれる感覚 ノーラン監督が戦争モノ?? 意外だったので、すごく興味がわきました。 私の世代だと、スピルバーグ監督が戦争モノを撮ったときの衝撃が蘇るのですが、 なかでも『プライべート・ライアン』は凄まじい上陸... ...続きを読む

    shiron shironさん  2017年8月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 責任感のない作品 自己顕示欲に満たされた監督が作った、観客に対する責任の感じられない映画。 随所に手抜きが見られて 上映中???が続く。 見る価値はない。 ...続きを読む

    seisinsei seisinseiさん  2017年8月2日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 重い・・・ ネタバレ! 逃げようとしても逃げられず、まさにもがき苦しみがひたすら続く。 ようやく逃げ切った主人公の兵士が列車に乗り込み眠ると、バックに流れていた秒針の音が消え、ようやくこちらもホッとする。それまでがとて... ...続きを読む

    Yavapai Yavapaiさん  2017年7月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ダンケルク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

プレゼント・試写会プレゼント・試写会

Jobnavi