「戦争映画に「時間」の概念を絡ませた異色作」ダンケルク ぐうたらさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「ダンケルク」 > レビュー > ぐうたらさんのレビュー
メニュー

ダンケルク

劇場公開日 2017年9月9日
全540件中、193件目を表示
  •  
映画レビューを書く

戦争映画に「時間」の概念を絡ませた異色作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もぬけの殻となったダンケルクの市街地を抜け、海岸線がスクリーンいっぱいに広がった瞬間、これまでに感じたことのない映像の深遠さが胸を貫いた。そしてここから陸・海・空の3つのタイムラインを駆使したダンケルクの撤退作戦が展開するなんて誰が予測しえただろう。

さすがノーラン作品には「時間」という概念が密接に関わってくる。『インセプション』と同じく3つの異なった時間の尺度を展開させる手法には舌を巻くばかり。その結果、各々のテリトリーが交錯する「点」にて運命がスパークするわけだが、この語り口はもはや戦争アクションを超えた、緻密なるサスペンスの域と言えるだろう。

ちなみに、本作ではトム・ハーディが操縦する戦闘機内に響く無線音声の中でマイケル・ケインのカメオ出演がある。かつてケインが『空軍大戦略』で空を滑空していた映画史を押さえておくと、ノーランの密かなこだわりをさらに深く咀嚼することができるはずだ。

ぐうたら
さん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 8 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi