国内映画ランキング : 2008年2月2日~2008年2月3日

映画ランキング : 2008年2月5日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年2月2日~2008年2月3日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 2 陰日向に咲く

陰日向に咲く

配給:東宝

2
2 アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター

配給:東宝東和

1
3 4 母べえ

母べえ

配給:松竹

2
4 3 アース

アース

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

4
5 1 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

配給:ワーナー・ブラザース映画

3
6 KIDS

KIDS

配給:東映

1
7 ウォーター・ホース

ウォーター・ホース

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

1
8 5 銀色のシーズン

銀色のシーズン

配給:東宝

4
9 6 ビー・ムービー

ビー・ムービー

配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント

2
10 7 Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

配給:東宝東和

3

■「陰日向に咲く」が首位浮上、「アメギャン」が2位デビュー

この週末の新作封切りは18作品にも上ったが、3日の関東地方は雪に見舞われ、映画の興行にもかなり影響が出た模様。そんな中、先週の2位から首位に浮上したのは「陰日向に咲く」。この週末は1億9600万円あまりを稼いで早くも累計で7億円を突破。劇団ひとりによる原作も、2年がかりで100万部を突破したそうだ。2位にはラッセル・クロウとデンゼル・ワシントン主演の「アメリカン・ギャングスター」がランクイン。オスカーレースから早々と脱落し、日劇チェーンでの興行の趨勢が心配されたが、2月1日の初日から3日間の成績は、動員が約19万6000人、興収およそ2億4000万円。一応、興収10億円を目指せる位置につけた。以下、続映作品では「母べえ」がこの土日で1億4000万円を稼ぎ、順位も1つ上げている一方で、「スウィーニー・トッド」が4ランクダウンを喫している。「アメギャン」以外の新作では、6位の「KIDS」が土日2日間で興収7085万円、7位の「ウォーター・ホース」が金土日の3日間で7330万8300円という成績。また、「リアル鬼ごっこ」は圏外11位からのスタートとなったが、今週末から関西を中心に館数が増えるので、今後トップ10入りの可能性も。一方、同じく圏外「ラスト・コーション」は都市部では好調だが、ローカルがやや弱い模様。

2008年2月5日更新 駒井尚文

過去のランキング