国内映画ランキング : 2007年12月8日~2007年12月9日

映画ランキング : 2007年12月11日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年12月8日~2007年12月9日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 マリと子犬の物語

マリと子犬の物語

配給:東宝

1
2 2 恋空

恋空

配給:東宝

6
3 1 ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日

配給:東宝

6
4 3 ベオウルフ 呪われし勇者

ベオウルフ 呪われし勇者

配給:ワーナー・ブラザース映画

2
5 4 椿三十郎

椿三十郎

配給:東宝

2
6 5 バイオハザードIII

バイオハザードIII

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

6
7 6 ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム

配給:東宝東和

5
8 7 ミッドナイト イーグル

ミッドナイト イーグル

配給:松竹

3
9 8 映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!

映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!

配給:東映

5
10 9 クローズZERO

クローズZERO

配給:東宝

7

■「マリと子犬の物語」が首位デビュー。東宝作品が1~3位を独占

新潟中越地震を被災した山古志村(現・長岡市)を舞台に、実話を描いた絵本の映画化「マリと子犬の物語」が予想以上の大ヒットで首位デビューを果たした。初日・2日目の成績は、動員23万5795人、興収2億8445万1450円というもの。東宝配給作品としては今年10本目の第一位作品となったが、その10本の中では「愛の流刑地」を上回るにとどまり、下から2番目のオープニング記録にすぎない。ただし、これから正月シーズンに突入することや、「椿三十郎」や「ミッドナイト・イーグル」といった邦画の大作が不振なことを考えれば、正月映画の思わぬダークホースたるに十分な出足を見せたと言える。興収20億円以上は確実だろう。そして、2位には「恋空」が踏ん張り、こちらは最終的に35億円付近まで達しそう。「ALWAYS」は2ランク落としたが、35億円はすでに超え、38億円あたりまで行きそうだ。東宝配給作のワンツースリー、1本挟んで5位も東宝作品。10位にも「クローズZERO」が残っているので、何とチップ10作品中5本を占めてしまったわけだ。ちなみに、製作に関わったテレビ局は、上位から4、6、4、10、6。また、8番関連作品「スマイル 聖夜の奇跡」は今週末15日に公開となる。

2007年12月11日更新 駒井尚文

過去のランキング