国内映画ランキング : 2008年1月12日~2008年1月13日

映画ランキング : 2008年1月15日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年1月12日~2008年1月13日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 アース

アース

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

1
2 1 アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンド

配給:ワーナー・ブラザース映画

5
3 銀色のシーズン

銀色のシーズン

配給:東宝

1
4 2 マリと子犬の物語

マリと子犬の物語

配給:東宝

6
5 3 ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

配給:ディズニー

4
6 4 AVP2 エイリアンズVS.プレデター

AVP2 エイリアンズVS.プレデター

配給:20世紀フォックス映画

3
7 5 ルイスと未来泥棒

ルイスと未来泥棒

配給:ディズニー

4
8 8 ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日

配給:東宝

11
9 6 えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!? 5
10 7 劇場版BLEACH ブリーチ The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸

劇場版BLEACH ブリーチ The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸

配給:東宝

4

■「アース」が首位。「銀色のシーズン」が3位

寒波襲来で急激に冬らしくなってきた日本列島。今ひとつ振るわなかった正月興行も一段落し、市場は正月2弾模様に移っている。そんな中好スタートを切ったのが、エココンシャスなドキュメンタリー「アース」。BBCの撮影クルーとベルリン・フィルという「ディープ・ブルー」でおなじみのスタッフが再結集した地球賛歌で、去る14日には福田首相も観賞したことが報じられている。初日・2日目の成績は、動員が約28万5000名、興収がおよそ3億5900万円というもので、このまま推移すれば興収20億円以上が確実という好調な出足。配給のギャガとしては、05年10月の「私の頭の中の消しゴム」以来のナンバーワン作品である。できれば、興収30億円あたりまで突っ走りたいところだ。また、3位には、アサヒビールのプロダクト・プレイスメントも話題の「銀色のシーズン」がランクイン。羽住英一郎監督が、雪山を舞台に撮った「海猿」ならぬ「雪猿」が主人公の映画だ。こちらのオープニング成績は不明だが、この順位と東宝の自力からすれば、興収12~15億円程度にまとめてきそうな雰囲気。そして、「ジェシー・ジェームズの暗殺」は圏外からのスタート。やはり、ブラピの一枚看板だけでは辛い。

2008年1月15日更新 駒井尚文

過去のランキング