杉野希妃

杉野希妃
ふりがな
すぎのきき
誕生日
1984年3月12日
出身
日本/広島

慶應義塾大学在学中に韓国・ソウルに留学し、06年に韓国映画「まぶしい一日」で女優デビューを果たすと、キム・ギドク監督の「絶対の愛」(06)にも出演する。プロデュースも兼ねた主演作「歓待」(10/深田晃司監督)でヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受賞したほか、東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で作品賞などを受賞。翌11年の「おだやかな日常」では、沖縄国際映画祭の最優秀ニュークリエイター賞と女優賞、日本映画プロフェッショナル大賞の新進プロデューサー賞を受賞した。“アジア・インディーズのミューズ”として脚光を浴び、14年にはロッテルダム国際映画祭でコンペティション部門の審査員を務めるなど、目覚ましい活躍をみせる。プロデュース兼出演作「マンガ肉と僕」ではメガホンもとる。そのほかのプロデュース兼出演作に「マジック&ロス」(11)、「ほとりの朔子」(14)など。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

愛のまなざしを欲動雪女禁忌ラ・ラ・ランド花束みたいな恋をした糸愛がなんだラストレター恋は雨上がりのように

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

杉野希妃の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

杉野希妃の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

杉野希妃の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

杉野希妃の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「杉野希妃」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「杉野希妃」さん以外にこんな人をCheck-inしています。