ほとりの朔子

劇場公開日

ほとりの朔子
19%
48%
24%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の若手演技派・二階堂ふみが主演する青春映画。監督は、第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞を受賞した「歓待」(2010)で注目を集める深田晃司。大学受験の浪人中、叔母の海希江から誘われて海と山のほとりの避暑地を訪れた朔子は、そこで海希江の幼なじみの兎吉と、その甥で福島から避難してきている同年代の孝史と出会う。朔子と孝史は何度か会ううちに次第にひかれあっていくが……。海と山のほとり、そして大人と子どものほとりで揺れ動く18歳の朔子の淡い恋心を描く。フランスのナント三大陸映画祭で最高賞の「金の気球賞」と「若い審査員賞」をダブル受賞。

2013年製作/125分/日本・アメリカ合作
配給:和エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
杉野希妃
エグゼクティブプロデューサー
小野光輔
足立誠
宮田三清
奥山和由
コエグゼクティブプロデューサー
依田康
田中友梨奈
深澤研
深田洋功
疋田賢司
平野昭宏
アソシエイトプロデューサー
四宮隆史
脚本
深田晃司
撮影
根岸憲一
音楽
Jo Keita
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)sakuko film partners

映画レビュー

3.0どこかで誰か分かってくれる人がいる

2021年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

自分のことは意外と自分が分かってない。他人だから分かることもある。
ほとりから温かく見守ってくれる、そんな優しい映画。

まだ売れる前の仲野太賀の芝居が見られるのも貴重な作品だ。

※Thanks Theaterにて鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミニ映画野郎

3.0トトロが下敷き

2021年2月6日
iPhoneアプリから投稿

観た人に何かを残す映画だが、それが何かを言葉に出来ない。
だから撮った一本。なのだろう。
トトロが下敷きになっていることは確か。
実在するだろう中年の美人を演じる鶴田真由の功績が案外大きい。
支持。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5会話のやり取りが面白い

2020年11月15日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレンジ

3.0原発反対

kossyさん
2018年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ヨーロッパ旅行に行くという伯母水帆の家に遊びに行き、叔母海希江(鶴田真由)とともにそのまま2週間過ごすことになった朔子(二階堂ふみ)。伯母水帆に惚れていてアッシー君を務めているという兎吉(古館寛治)が水帆を空港まで送ってゆく。

 兎吉の娘辰子(杉野希妃)とも再会し、兎吉の甥である孝史(太賀)とも知り合う。なんやかんやで親族の説明みたいな序盤(覚えきれない)が過ぎ、朔子と孝史のラブストーリーかと思えば、そうでもなく、周りの恋愛関係の日常みたいな作品。兎吉の仕事はビジネスホテルを装ったラブホテルの支配人。高校生の孝史もそこでバイトしている。チンピラあがりの父親が嫌いで一人暮らしをしている女子大生辰子も不思議な存在。

 それでも福島原発反対という裏テーマがあり、孝史はまさに福島からの避難民であるような立場だ。不登校の孝史に対して同級生の女の子が接近してくるものの、デートの誘いではなくて反原発集会の発言者として誘っただけみたいなエピソードも。

 二階堂ふみが気に入らなければ面白くないかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る