アリアン・ラベド

アリアン・ラベド
英語表記
Ariane Labed
誕生日
1984年
出身
ギリシャ/アテネ

ギリシャのアテネでフランス人の両親のもとに生まれ、6歳でドイツに、12歳でフランスに移る。南仏のエクス=マルセイユ大学で演劇を学び、ギリシャ国立劇場の舞台などでキャリアを積む。

ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモスが製作を手がけた「アッテンバーグ」(10)で映画デビューを果たし、同作で第67回ベネチア国際映画祭のボルピ杯(最優秀女優賞)を受賞。ランティモス監督作「アルプス」(11)でも主演を務め、同監督の初の英語作品「ロブスター」(15)にも参加する。以降、ミステリーアクション「アサシン クリード」(16)や、ルーニー・マーラ主演「マグダラのマリア」(18)などハリウッド作品にも出演。近年は監督業にも挑戦、2019年には初の短編監督作「Olla」を発表した。

ヨルゴス・ランティモス監督とは公私のパートナーとして知られる。

関連作品(映画)

アリアン・ラベドの関連作品(映画)をもっと見る

関連作品(ドラマ)

アリアン・ラベドの関連作品(ドラマ)をもっと見る

受賞歴

アリアン・ラベドの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

アリアン・ラベドの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

アリアン・ラベドの関連記事をもっと見る