三石琴乃 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 三石琴乃 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

三石琴乃のウィキペディア

三石 琴乃(みついし ことの、1967年教育ジャーナル(主婦の友社)2010年8月号 42-47頁インタビュー12月8日 - )は、日本の女性声優、ナレーター。東京都出身。身長160cm、血液型はA型。所属はフリー。

人物

これまでに色々なタイプのキャラクターの声を担当している。『美少女戦士セーラームーン』シリーズで主人公の月野うさぎ(セーラームーン)役、『新世紀エヴァンゲリオン』で葛城ミサト役、『少女革命ウテナ』で有栖川樹璃役など、作品内で重要な位置を占めた作品をはじめ、『クレヨンしんちゃん』での上尾ますみ役、『GTO』での神崎麗美役、『ドラえもん』でののび太の母の野比玉子役など、多くのヒットアニメに声をあてた。また、大地丙太郎(『おじゃる丸』など)や福田己津央(『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』、『機動戦士ガンダムSEED』など)の作品にもよく声をあてる。

かつて講師として指導した野沢雅子は当時の三石を「見た目は大人しそうで可愛らしいけれど、バイクに乗ったりと意外と行動的で、とにかくガッツがあった」と語っていた。また、1995年のテレビ番組「声・遊倶楽部」の番組に出演した際には、「ある程度人気のある声優さんになるかな?とは思ったけど、こんなに(有名な声優に)なるとは思わなかった」とも発言している。

三石の私生活の趣味は、うさぎ同様に「食う・寝る・遊ぶ」の三拍子と言われる。

かつて、自分が乗っていたヤマハ・FZ250フェーザーに「フェザ子」という名前を付けていたことがあるアニメV(学研ホールディングス)1992年9月号 92頁「今さら友だちのWA!」。所有していたのは2型のYSP仕様。

セーラームーン

『セーラームーン』のメインキャラクターの水野亜美(セーラーマーキュリー)役で共演した久川綾は、『セーラームーン』の最初のオーディションでは主人公の月野うさぎ役で受けており、アフレコスタジオ入りした際、三石の演技を見て「自分には絶対にできない」と感嘆したという。

『セーラームーン』で出世した三石だったが、初代の終盤となる第44 - 46話、次作『美少女戦士セーラームーンR』の第1 - 4話となる第47 - 50話まで、病気療養(卵巣嚢腫により1ヶ月間入院 し、その後3ヶ月間自宅療養した。当初は虫垂炎(盲腸炎)と報道された。当時の社長の松田咲實が自著『声優白書』で「売れっ子になった三石に仕事を取らせ過ぎたことが一因で申し訳ない出来事だった」と語っている。なお、三石が公式ブログで語ったところによると、卵巣嚢腫に加え、腹膜炎を併発したことにより、命に関わるほどの危険な状態だったとのことである2008年1月7日オフィシャルブログ

エッセイ『月 星 太陽』(角川書店、1995年4月刊)のなかでは、『セーラームーン』の第44 - 46話を入院により降板した際のエピソードが自身のプライベートとともに赤裸々に綴られている。また、同話に出演できなかったことを心残りとしており、のちに『アニメイトカセットコレクション』3巻に、三石琴乃版『セーラームーン』最終回を収録している。

『セーラームーン』の大ファンだというタレントの中川翔子が、5月5日に誕生日を迎えるということで、その際、自らの声(月野うさぎ)を吹き込んだ目覚まし時計をプレゼントした中川翔子OFFICIAL BLOG「しょこたんぶろぐ」2007年5月3日。その後2012年10月にも中川との対談が実現し、この時は中川から三石へ「セーラームーンと葛城ミサトのイラスト」、三石から中川へ「サイン入りセーラームーンセル画」をそれぞれプレゼントした【エンタがビタミン♪】「うれしすぎて涙が!」。中川翔子がセーラームーンの声優・三石琴乃のプレゼントに大感激。『デジモノ×ステーション』2012年12月号(ソニー・マガジンズ)も参照。。

2014年7月から『セーラームーン』作品の新作アニメ版『美少女戦士セーラームーンCrystal』で、再び主人公の月野うさぎ(セーラームーン)役を担当。

略歴

声優養成所歴 - 勝田声優学院→日本ナレーション演技研究所。所属事務所歴 - アーツビジョンアーツビジョンによる公式プロフィール(2007年5月10日時点のアーカイブ)→フリー。

出生地は埼玉県戸田市エッセイ『月 星 太陽』118頁。25歳まで千葉県流山市で過ごす。1986年、千葉県立柏南高等学校卒業後、勝田声優学院に入学。元々保育士になろうと考えていたのだが、少子化の影響か就職難で資格を取っても働けそうになかったため断念FLASH(光文社)1994年11月22日号「人気美人アニメ声優 8人の素顔」。そんな中で将来について考え直したところ、自分がよくラジオドラマを聞いていた事がきっかけで声優という職業に興味を持つ。本格的なきっかけとなったのは、高校3年生の夏休みに参加した声優養成所主催のサマースクールが楽しいと思えたからと話している。学生時代は引っ込み思案であったため、当時を知る者の中には後に声優となった三石を不思議に思う者もいた。サンシャイン60のエレベーターガールなどのアルバイトをしながら勉強を続けていたエッセイ『月 星 太陽』60-61頁、123頁。その後、東京都庁に就職、大気汚染の無線連絡係などを務めていた週刊文春 1994年3月31日号 216頁「CATCH UP」。

1989年に北海道電力泊発電所安全PRビデオのレポーターでプロデビュー。声優としては、『エースをねらえ! ファイナルステージ』の友代役でデビュー。翌1990年に、おもちゃショーのセガのブースでナレーターコンパニオンとして参加エッセイ『月 星 太陽』135頁。

1991年には『ジャンケンマン』でのレギュラーを経験し、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のヒロイン、菅生あすか役を担当。1992年には大ヒットした『美少女戦士セーラームーン』で主人公の月野うさぎ(セーラームーン)の声を演じ、人気と知名度を急上昇させた。『セーラームーン』の第1期シリーズ終了後、東京都内で一人暮らしを開始。

1995年には、社会現象を起こしたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役を担当。この作品以後、大人の女性の声を演じることが増える。初のエッセイ『月 星 太陽』を出版。

2005年4月以降は、声優を総入れ替えして放送開始したテレビ朝日版の『ドラえもん』で、のび太の母の声を演じている。

その後アーツビジョンを退所し、フリーで活動を続けている。

2014年、第8回声優アワード「高橋和枝賞」を受賞。

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第15位に選ばれる声優200人が本気で選んだ「声優総選挙2017」結果発表 - アニメイトタイムズ。

エピソード

  • 『声優グランプリ』などの声優雑誌ができた頃にグラビア撮影を受けることがあったが、本人は新人だったので事務所が受けた仕事を断ることなどできず、とりあえず飛び込んでこなしていく感じであった。若手時代で苦労したこととして、OVAの販促用無料イベントで各都市を回って客の前でトークを行うことを2017年のムックで挙げている綜合図書『声優Premium』vol.2(綜合ムック、2017年)p24-41 ISBN 9784862981820。
  • 『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』に関連するイベントで一曲歌うことになった際、お金がなかったので衣装は友人からフォーマルワンピースを借りた。元々はサウンドトラックに入るキャラクターのイメージソングを声優に歌ってもらえばいいのではないかという軽い気持ちでメインキャストが歌唱したのだが、CDがオリコンチャートに入ったため業界が騒然としたという。
  • 人生初のレコーディングは本人にとってはトラウマ。最初は駄目出しの連続であったが、次第に駄目出しもなくなりただひたすらやり直しを命じられた。1990年代当時はプロツールスが存在しなかったため、ひたすら歌い直しを行うしかなった。
  • 『新世紀エヴァンゲリオン』で葛城ミサトの声を担当した際には、庵野秀明が当時の三石が持つ「暗さ」を評価している。
  • 1990年代では、久川綾がライバルであった。
  • 『ラブライブ!』が流行した時には、自分達もステージに立って歌や踊りを披露して同じようなことをしたものだと思ったという。
  • スタジオ内でワイワイ盛り上がるのは、声優業界では三石達の世代からのことである。それまでスタジオ内では作品作りに集中するのが流儀であったがその、仕事の流儀を変えた人物の1人が三石である。
  • まだ日本に携帯電話が無かった時代のある日、公衆電話で事務所とスケジュールの確認をしていたら、隣で待っていた人に「三石さんですか!?」とばれてしまった。
  • 新人時代にはファンのストーカー行為に悩まされたり、事務所に穏当でない内容の手紙が来たりした。新人には個人マネージャーが付かなかったため事務所のマネージメントを期待することができず、仕事以外では自分の身は自分で守らなければならなかった。同じ事務所の先輩には「気持ちは"フリー"でいるとちょうどいいよ」と、その頃にアドバイスを受けている。
    • 先輩の助言を受けて以降、制作会社に直接台本を取りに行って顔を覚えてもらったり、ディレクターに頼んでダビングを見学させてもらったり、事務所のものとは別のボイスサンプルテープを作ったりと、仕事のきっかけを作るために行った自己マネジメントのおかげで三石は声優として大成するに至った。
  • 『エクセル・サーガ』のエクセルは本人が気に入った役であり、膨大な台詞量を絵に合わせて入れ込めたのはその後の自信になったと後に語っている。
  • エッセイ『月 星 太陽』は自筆。本人によると、声優にゴーストライターを雇う金などなかったため自筆にせざるを得なかったとのこと。
  • 若手時代に意識の高い人に囲まれながら厳しく育てられたことに関しては貴重な体験だと思っている。2017年のインタビューではその経験を踏まえて「今の人が損してるのは、できてないのにできてる顔をしてることだと思うのね。どの世界でもそうだけど、そんな人には、誰も手を差し伸べてくれないでしょ」と私見を述べている。
  • 文化放送取締役の片寄好之は三石のことについて個人的な思いと前置きした上で「一番記憶に残っているのが三石さんの番組なんです。色んなことに対応できますよね」と、1990年代に爆発的に増加した声優ラジオで三石が活躍していたことを語っている綜合図書『声優Premium』vol.2(綜合ムック、2017年)p58-69 ISBN 9784862981820。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

劇場アニメ

OVA

Webアニメ

ゲーム

ドラマCD

吹き替え

映画

  • あなたのために(ノヴァリー〈ナタリー・ポートマン〉)
  • 男ゴコロはマンガ模様(チャーリー〈ステファニー・オライン〉)
  • 鬼教師ミスター・グリフィン(スーザン〈エイミー・ジョー・ジョンソン〉)
  • キャット・ピープル〔1982〕(アイリーナ)※ビデオ/DVD版吹替え
  • クルーエル・インテンションズ(キャスリン〈サラ・ミシェル・ゲラー〉)
  • クローサー(リン〈スー・チー〉)※DVD・ビデオ版
  • ゲス・フー 招かれざる恋人(テレサ〈ゾーイ・サルダナ〉)
  • コヨーテ・アグリー(ヴァイオレット〈パイパー・ペラーボ〉)
  • 13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(ジェナ〈ジェニファー・ガーナー〉)
  • 最強ロマンス(チェスジン〈ヒョンヨン〉)
  • 最後に恋に勝つルール(ミシェル〈キャスリン・ハーン〉)
  • シーズ・オール・ザット(テイラー)
  • SHRIEK 最低絶叫計画!?(バーバラ〈ジュリー・ベンツ〉)
  • スガラムルディの魔女(シルビア)
  • スパニッシュ・アパートメント(アンヌ=ソフィ〈ジュディット・ゴドレーシュ〉)
  • セクレタリー(リー・ホロウェイ〈マギー・ジレンホール〉)
  • ダイバージェントNEO(イブリン・ジョンソン=イートン〈ナオミ・ワッツ〉)
    • ダイバージェントFINAL
  • ダニエル・スティール/ファミリー・ゲーム〜美しき選択〜(バル〈クリスティ・クラーク〉)※テレビ東京版
  • デスリング(カレン〈ジーナ・フィリップス〉)
  • トップ・ランナー(アン〈ローラ・フレイザー〉)
  • ドラゴンストーム(メディーナ姫〈エンジェル・ボリス〉)
  • ネバーエンディング・ストーリー3(幼なごころの君)
  • ハート・オブ・ウーマン(ローラ〈マリサ・トメイ〉)※DVD版
  • ヴァン・ヘルシング(アナ・ヴァレリアス〈ケイト・ベッキンセール〉)※DVD版
  • バッドトリップ! 消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張(ジョーン・フォックス〈アン・ヘッシュ〉)
  • 花咲ける騎士道(アドリーヌ〈ペネロペ・クルス〉)※パッケージには三石琴野と誤記
  • ビッグ・ヒット(ケイコ〈チャイナ・チャウ〉)
  • ビッグホワイト(マーガレット〈ホリー・ハンター〉)
  • ソウルウェディング〜花嫁はギャングスター3〜(通訳ヨニ〈ヒョニョン〉)
  • 秘められた遊戯(クレア)
  • ピラニア3D(ジュリー・フォレスター保安官〈エリザベス・シュー〉)
  • ファイナル・デッドコースター(アシュリー・フロインド)
  • フォー・ルームス(イヴァ)
  • ブギーナイツ(ローラーガール〈ヘザー・グラハム〉)
  • 不思議の国のアリス(1985)(アリスの姉)
  • 普通じゃない(セリーン〈キャメロン・ディアス〉)※DVD・ビデオ版
  • ブロークダウン・パレス(ダーリーン〈ケイト・ベッキンセール〉)
  • ベスト・キッド4(ジュリー・ピアース〈ヒラリー・スワンク〉)
  • ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて(カン・ジヒ)
  • マーサ・ミーツ・ボーイズ(マーサ)
  • LIFE!(シェリル・メルハフ〈クリステン・ウィグ〉)
  • ラストサマー(ヘレン〈サラ・ミシェル・ゲラー〉)※DVD版
  • ランナーランナー(レベッカ・シャフラン〈ジェマ・アータートン〉)※20世紀フォックス版
  • ルール(サーシャ〈タラ・リード〉)
  • REC:レック/ザ・クアランティン(アンジェラ・ヴァイダル〈ジェニファー・カーペンター〉)

テレビドラマ

  • エド 人生のスプリット/ボーリング弁護士(キャロル)
  • グレイズ・アナトミー 恋の解剖学(メレディス・グレイエレン・ポンピオ〉)
  • 新スタートレック(サリア〈ジェミー・ハバード〉):第2期第36話「運命の少女サリア」
  • フェリシティの青春(ジュリー・エムリック)
  • ベイウォッチ(サマー:Season 2 - Season4)
  • スクール・オブ・ロック(校長〈ジャマ・ウィリアムソン〉)

アニメ

  • アドベンチャー・タイム(アイスクイーン)
  • スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(オーフニ)
  • チキン・リトル(エイリアンのママ)
  • ピムとポムのちっちゃな冒険(ナレーター、お姉さん)
  • ビリー&マンディ♯65(メアリー)
  • ヘヴィメタル(少女〈キャロライン・センプル〉)

実写

映画

  • ラブ&ポップ(1998年、東映) - ラジオのパーソナリティ(声の出演)

テレビドラマ

  • ダブル・ミーニング Yes or No?(2013年3月1日、関西テレビ) - マスク男(声の出演)
  • 手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年、テレビ朝日) - 有明の方(声の出演)

Vシネマ

  • 帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS(2016年) - 有明の方(声/人間態)

ラジオ

  • アニメ店長!子安・岩田のVOICEきゃらびぃ(3月21日ゲスト)
  • STARDUST DREAM(FM-FUJI:パーソナリティ、1999年12月終了)
  • 電撃アワー 極道くん漫遊記外伝(ラジオ大阪:パーソナリティ、1994年4月 - 10月第1週)
  • 電撃大賞クリス・クロス(文化放送:パーソナリティ、1994年10月 - 1995年3月)
  • 電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル(ラジオ日本:パーソナリティ、1996年1月 - 1996年7月)
  • の〜みそこねこねラジオコンパイル(ラジオ日本:第1期パーソナリティ、1995年7月 - 9月)
  • ハミングバード放送局(文化放送:ノン子とのび太のアニメスクランブル内コーナー番組)
  • 三石琴乃のエーベルージュ伝説(文化放送:パーソナリティ、1996年9月 - 1998年4月)
  • 三石琴乃◎エーベルナイツ(文化放送:パーソナリティ、1998年4月 - 1998年10月)
  • 三石琴乃◎エーベルナイツII(文化放送:パーソナリティ、1998年10月 - 2001年9月)
  • 三石琴乃◎エーベルナイツ2006(文化放送:パーソナリティ、2006年11月11日)
  • 三石琴乃・部活しよッ!(東海ラジオ:パーソナリティ)
  • ゆうきまさみ文化学院(ラジオ大阪:パーソナリティ、1996年9月終了)
  • 流星野郎のゲーム業界裏情報(ラジオ関西:2代目アシスタントパーソナリティ『流れ星お琴』、1993年10月1日 - 1995年6月30日)

ラジオドラマ

  • 青春アドベンチャー『イーシャの舟』(NHK-FM:イーシャの舟)

音楽CD

  • Lilia 〜From Ys〜(1992年12月4日)
    • 「You are the only one」「蒼いレジェンド」「FALL in STAR」「心のリボン」「遠い空の約束」「金色の瞬間」(三石琴乃)
  • タキシード・ミラージュ/愛の戦士(1994年10月1日)

舞台

  • 劇団岸野組「森の石松外伝 〜石松と土佐のよばれたれ〜」(2011年9月、銀座・博品館劇場) - 乙姉 役
  • 「こどものおもちゃ」(2015年8月、博品館劇場) - 倉田実紗子 役

ナレーションなど

  • インターネットストリーミング放送『I-wish you were here-』(光石操)
  • インテル日本法人主催「Intel in AKIBA 2009」ゲスト出演。
  • NHK教育『たったひとつの地球』(乙姫)
  • NHK教育テレビ『なんでもQ』(番組司会「うらら」、「チョウ」のエレベーターガール、「ガ」のギャル、「ネズミ」の殿様、「ペンギン」の火消し)
  • 関西テレビ『キャサリン』(ナレーター 2012年4月 - 9月)
  • 関西テレビ『発掘!あるある大事典』(ナレーター)
  • ケンタッキーCM(ナレーション)
  • NHK総合『あの歌がきこえる』ラストショー(もとこ)
  • NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』(2007年7月16日放送分吹き替え、2008年1月19日放送分吹き替え)
  • NHK総合『金とく北陸スペシャル』無限大∞少年(ナレーター、2009年2月6日放送)
  • NHK総合「祝女」シーズン3(2011-12)ナレーター
  • NHK総合『大科学実験スペシャル〜もっと!やってみなくちゃわからない』(ナレーター、2013年1月10日)
  • NHK総合『紅白歌合戦』(第66回 2015年12月31日)(『アニメ紅白』、月野うさぎ(セーラームーン)・葛城ミサト)
  • MBSテレビ「衝撃速報!アカルイ☆ミライ」(ナレーター 2012年4月 - )
  • 神戸市青少年科学博物館(プラネタリウムのナレーター)
  • コニカミノルタプラネタリウム「CGプラネタリウム番組 ブラックホール無限の彼方へ」(2009年春、ナレーター)
  • サイバーカセットコレクション『ぷよぷよ の〜てんSPECIAL』(アルル・ナジャ、カーバンクル)
  • 『ショートケーキ』(柏木由紀)同封DVD『鹿児島くる!?』(ナレーター)
  • 仙台市・瀬戸勝パーキングCM(ナレーター)
  • TBSテレビ『震災報道スペシャル 原発攻防180日の真実 故郷はなぜ奪われたか』(ナレーター、2011年9月11日)
  • TBSテレビ『バラエティーニュース キミハ・ブレイク 飛び出せ!科学くんスペシャル』(ナレーター、2009年9月15日)
  • TBSテレビ『飛び出せ!科学くん』(ナレーター、2010年4月 - )
  • テレビ朝日『すくいず!』(番組企画第6弾『世界一キモいクイズ』ナレーター)
  • テレビ朝日『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(2008年4月24日放送、次回予告の語り手)
  • テレビ朝日『世界一奇妙なクイズ』(ナレーター)
  • テレビ朝日『大胆MAP 顔を見てみたいアニメキャラクター30人全部見せちゃうよ! 春の撮れたて新作SP』2008年4月6日放送分
  • テレビ朝日『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』(吹き替え)
  • テレビ東京『声・遊倶楽部』(司会)
  • テレビ東京『シネ通!』(ナレーター、2009年10月 -2011年9月)
  • テレビ東京 日曜ビッグバラエティ「破壊&爆破の達人」(ナレーター、2009年11月8日)
  • テレビ東京『ザ・逆流リサーチャーズ』(ナレーター、2010年1月 - 2010年3月)
  • テレビ東京『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- 完全ガイド』(ナレーター、2012年7月21日)
  • 東映チャンネル『パワープッシュ』(2009年9月)
  • 徳山競艇『G1 開設56周年記念競争 徳山クラウン争奪戦G1 開設56周年記念競争 徳山クラウン争奪戦(2013年5月1日時点のアーカイブ)』(CMナレーター)
  • 日本テレビ『夏の体のお悩み解決!名医が答えるレストラン』ほか健康情報単発番組シリーズ(※meiji明治乳業一社提供)(ナレーター(※大塚明夫と共演)、2009年7月25日)
  • 読売テレビ『ダウンタウンDX』(ナレーター、1994年1月 - 1997年3月)
  • 日本テレビ『Going!Sports&News』:日曜日のみ(ナレーター)
  • 日本テレビ『世界を変えるテレビ』(ナレーター、2014年5月6日)
  • 日本テレビ『第2回リアルロボットバトル日本一決定戦』(ナレーション、2014年12月2日)
  • パチンコ『CR新世紀エヴァンゲリオン』、パチスロ『新世紀エヴァンゲリオン』(葛城ミサト)
  • フジテレビ『ウチくる!?』(ナレーター)
  • フジテレビ『IQエンジン』(ナレーター)
  • フジテレビ『世界おもしろ珍メダル バカデミービデオ大賞』(ナレーター)
  • フジテレビ『メントレG』(ナレーター)
  • フジテレビチャンネルα『今夜!!ドラマ奇跡の動物園』(ナレーター、2008年5月16日)
  • フジテレビ『脳内エステ IQサプリ』(ナレーター、2008年10月 - 2009年3月)
  • フジテレビ『なかよしテレビSP』(ナレーション、2012年3月23日)
  • 不二家CM(ペコちゃん)
  • プレイステーション3専用ニュース・天気予報配信・読み上げサービス『葛城ミサト報道計画』(葛城ミサト)
  • Fキャラオールスターズ大集合 ドラえもん&パーマン 危機一髪!?(野比玉子〈のび太のママ〉)
  • 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ジャンプフェスタ2002(増田こうすけ)
  • BSジャパン『土曜は寅さん!』(番宣ナレーター・放送前解説)
  • 宝酒造『すりおろしりんご』(CMナレーション、1996年)
  • イエローハット(CMナレーション、歌、2014年 - )
  • 柏市防犯音声広報(2016年5月16日 - )三石琴乃さん防犯呼び掛け セーラームーンでおなじみ、柏南高出身の声優 16日から、市が起用,千葉日報,2016年5月14日
  • ナショナル ジオグラフィック『CIA極秘ファイル:エリア51 特別版』(ナレーター)三石琴乃さんによるスペシャルナレーションがついた豪華特別版,ナショジオ

その他

  • ソースネクスト 特打式シリーズ(シンディ
  • 三菱エレベーター アナウンス
  • 三菱エスカレーターアナウンス
  • ドライブエージェント パーソナル 〜しあわせを守るもの〜(母親)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/11/22 19:31 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 三石琴乃
  • 三石琴乃の作品
  • 三石琴乃の受賞歴
  • 三石琴乃の写真・画像
  • 三石琴乃の動画
  • 三石琴乃の関連記事
  • 三石琴乃のDVD
  • 三石琴乃のWikipedia
  • 三石琴乃の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi