第85回アカデミー賞(2013年) 全部門ノミネート・作品賞

映画トップ > アカデミー賞 > 第85回アカデミー賞特集(2013年) > 全部門ノミネート

映画.com 第85回アカデミー賞特集

今年度アカデミー賞特集はコチラから 第85回アカデミー賞フォトギャラリー

第85回アカデミー賞の全部門ノミネート

作品賞

愛、 アムール

愛、
                アムール

ミヒャエル・ハネケ監督が、 前作「白いリボン」(2009)に続き2作品連続でカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したドラマ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変化していく老夫婦の姿を描く。音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、 パリの高級アパルトマンで悠々自適な老後生活を送っていた。しかし、 ある日突然、 妻のアンヌが病に倒れ、 手術も失敗して体が不自由になってしまう。ジョルジュは病院嫌いな妻の願いを聞き、 車椅子生活になったアンヌを支えながら自宅で暮らすことを決意。2人はこれまでどおりの生活を続けようとするが、 アンヌの病状は悪化していき……。

キャスト ジャン=ルイ・トランティニャンエマニュエル・リバイザベル・ユペールアレクサンドル・タローウィリアム・シメルラモン・アジールリタ・ブランコキャロル・フランクディナーラ・ドルカーロワローラン・カペルトジャン=ミシェル・モンロックシュザンヌ・シュミットダミアン・ジュイユロ、 バリッド・アフキール
監督 ミヒャエル・ハネケ
製作 マルガレート・メネゴスシュテファン・アルントファイト・ハイドゥシュカミヒャエル・カッツ
脚本 ミヒャエル・ハネケ

「愛、アムール」の作品情報へ

アルゴ

アルゴ

「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「パール・ハーバー」のベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描くサスペンスドラマ。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で脱出。カナダ大使の自宅に身を潜める。CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

キャスト ベン・アフレックアラン・アーキンブライアン・クランストンジョン・グッドマンケリー・ビシェカイル・チャンドラーロリー・コクレーンクリストファー・デナムテイト・ドノバンクレア・デュバルビクター・ガーバージェリコ・イバネクリチャード・カインドスクート・マクネイリークリス・メッシーナマイケル・パークステイラー・シリング
監督 ベン・アフレック
製作 グラント・ヘスロフベン・アフレックジョージ・クルーニー
製作総指揮 デビッド・クローワンズニーナ・ウォラルスキークリス・ブリガムチェイ・カーターグレアム・キングティム・ヘディントン
原作 アントニオ・J・メンデスジョシュア・ベアーマン
脚本 クリス・テリオ

「アルゴ」の作品情報へ

ハッシュパピー バスタブ島の少女

ハッシュパピー バスタブ島の少女

米ルイジアナ州の湿地帯で、世間から隔てられた「バスタブ」と呼ばれる小さなコミュニティに病気の父親と暮らす6歳の少女ハッシュパピーが、音信不通の母親を探しに海へと出て行く姿を描く。第28回サンダンス国際映画祭グランプリや第65回カンヌ国際映画祭カメラドールほか映画賞を多数受賞。

キャスト クワベンジャネ・ウォレスドワイト・ヘンリー
監督 ベン・ザイトリン
脚本 ベン・ザイトリン、ルーシー・アリバー

「ハッシュパピー バスタブ島の少女」の作品情報へ

ジャンゴ 繋がれざる者

ジャンゴ 繋がれざる者

クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手がけるウェスタン。南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。ジャンゴには生き別れになったブルームヒルダという妻がおり、2人は賞金を稼ぎながら彼女の行方を追うが、やがて残忍な領主として名高いカルビン・キャンディのもとにブルームヒルダがいるということがわかり……。タランティーノと初タッグとなるレオナルド・ディカプリオが、極悪人キャンディを演じる。主人公ジャンゴにジェイミー・フォックス、ジャンゴと行動をともにするシュルツは「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ワルツ。

キャスト ジェイミー・フォックスクリストフ・ワルツレオナルド・ディカプリオケリー・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンウォルトン・ゴギンズデニス・クリストファージェームズ・レマーマイケル・パークスドン・ジョンソン
監督 クエンティン・タランティーノ
脚本 クエンティン・タランティーノ

「ジャンゴ 繋がれざる者」の作品情報へ

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、世界43カ国で上演されて大ヒットを記録した名作ミュージカルを、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイら豪華キャストで映画化。監督は「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーパー。舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュも製作に名を連ねる。パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。やがて運命的な出会いを果たした女性ファンテーヌから愛娘コゼットを託されたバルジャンは、執念深いジャベール警部の追跡を逃れ、パリへ。バルジャンとコゼットは親子として暮らすが、やがて激動の時代の波に飲まれていく。

キャスト ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウアン・ハサウェイアマンダ・セイフライドアーロン・トベイトサマンサ・バークスヘレナ・ボナム・カーターサシャ・バロン・コーエンエディ・レッドメイン
監督 トム・フーパー
製作 ティム・ビーバンエリック・フェルナーデブラ・ヘイワードキャメロン・マッキントッシュ
製作総指揮 ライザ・チェイシンアンジェラ・モリソンニコラス・アロットリチャード・パパス
原作 ビクトル・ユーゴー
脚本 ウィリアム・ニコルソンアラン・ブーブリルクロード=ミシェル・シェーンベルクハーバート・クレッツマー

「レ・ミゼラブル」の作品情報へ

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはただ一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。

キャスト スラージャ・シャルマイルファン・カーンタブーレイフ・スポールジェラール・ドパルデュー
監督 アン・リー
製作 ギル・ネッターアン・リーデビッド・ウォマーク
製作総指揮 ディーン・ジョーガリス
原作 ヤン・マーテル
脚本 デビッド・マギー

「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の作品情報へ

リンカーン

リンカーン

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。

キャスト ダニエル・デイ=ルイスサリー・フィールドデビッド・ストラザーンジョセフ・ゴードン=レビットジェームズ・スペイダーハル・ホルブルックトミー・リー・ジョーンズ
監督 スティーブン・スピルバーグ
製作 スティーブン・スピルバーグキャスリーン・ケネディ
製作総指揮 ダニエル・ルピジェフ・スコールジョナサン・キング
原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン
脚本 トニー・クシュナー

「リンカーン」の作品情報へ

世界にひとつのプレイブック

世界にひとつのプレイブック

それぞれに最愛の人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、笑いや涙を交えて描いたヒューマンコメディ。監督は「ザ・ファイター」のデビッド・O・ラッセル。主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス。妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、仕事も家も失い、両親とともに実家暮らし。いつか妻とよりを戻そうと奮闘していたある日、事故で夫を亡くして心に傷を抱えた女性ティファニーに出会う。愛らしい容姿とは裏腹に、過激な発言と突飛な行動を繰り返すティファニーに振り回されるパットだったが……。パットの両親役でロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーバーが共演。

キャスト ブラッドリー・クーパージェニファー・ローレンスロバート・デ・ニーロクリス・タッカージャッキー・ウィーバーアヌパム・カーシェー・ウィガムジュリア・スタイルズ
監督 デビッド・O・ラッセル
製作 ドナ・ジグリオッティブルース・コーエンジョナサン・ゴードン
製作総指揮 ボブ・ワインスタインハーベイ・ワインスタイン ジョージ・パーラ ブラッドリー・クーパー
原作 マシュー・クイック
脚本 デビッド・O・ラッセル

「世界にひとつのプレイブック」の作品情報へ

ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

2011年5月2日に実行された、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を、「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が映画化。テロリストの追跡を専門とするCIAの女性分析官マヤを中心に、作戦に携わった人々の苦悩や使命感、執念を描き出していく。9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。そんな中、CIAのパキスタン支局に若く優秀な女性分析官のマヤが派遣される。マヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが……。脚本は「ハート・ロッカー」のマーク・ボール。主人公マヤを演じるのは、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」「ツリー・オブ・ライフ」のジェシカ・チャステイン。

キャスト ジェシカ・チャステインジェイソン・クラークジョエル・エドガートンジェニファー・イーリーマーク・ストロングカイル・チャンドラーエドガー・ラミレス
監督 キャスリン・ビグロー
製作 マーク・ボールキャスリン・ビグローミーガン・エリソン
製作総指揮 コリン・ウィルソンテッド・シッパーグレッグ・シャピロ
脚本 マーク・ボール

「ゼロ・ダーク・サーティ」の作品情報へ

ページトップへ
Photo:Getty Images/アフロ