サム・メンデス監督最新作「エンパイア・オブ・ライト」23年2月23日公開決定&ポスター披露

2022年11月22日 10:00

名匠が紡ぐ奇跡と感動のストーリー
名匠が紡ぐ奇跡と感動のストーリー

サム・メンデス監督がサーチライト・ピクチャーズとタッグを組んだ最新作の邦題が「エンパイア・オブ・ライト」に決定し、2023年2月23日よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開される。感動の物語を予感させるポスタービジュアルが披露された。

現代演劇界を代表する演出家として活躍したメンデス監督は、映画界進出後、デビュー作「アメリカン・ビューティー」がアカデミー賞の作品賞を含む5部門を受賞。以降も「007 スカイフォール」「007 スペクター」や「1917 命をかけた伝令」など、芸術性と娯楽性を兼ね揃えた傑作を作り続けてきた。

最新作はメンデス監督が「最も個人的な思いのこもった作品」と語る、初の単独脚本作品。撮影監督をロジャー・ディーキンス、音楽をトレント・レズナーアティカス・ロスが担当し、多感な少年時代に経験した激動の80年代の記憶を辿りながら、今を生きる人々にかけがえのないメッセージを紡ぐ。

1980年代初頭のイギリスの静かな海辺の町、マーゲイト。辛い過去を経験し、今も心に闇を抱えるヒラリーは、地元で愛される映画館、エンパイア劇場で働いている。厳しい不況と社会不安の中、彼女の前に、夢を諦め映画館で働くことを決意した青年スティーヴンが現れる。職場に集まる仲間たちの優しさに守られながら、過酷な現実と人生の苦難に常に道を阻まれてきた彼らは、次第に心を通わせ始める。前向きに生きるスティーヴンとの出会いに、ヒラリーは生きる希望を見出していくが、時代の荒波は二人に想像もつかない試練を与える。

主人公ヒラリーを演じるのは、「女王陛下のお気に入り」でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、以降も「ファーザー」「ロスト・ドーター」で2年連続アカデミー賞にノミネートされたオリビア・コールマン。スティーヴン役は「ブルー・ストーリー」で注目され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞した新鋭マイケル・ウォードが務める。そのほか、「英国王のスピーチ」「キングスマン」のコリン・ファーストビー・ジョーンズらイギリスを代表する名優たちが脇を固める。

ポスターは、オリビア演じるヒラリーと、マイケル演じるスティーヴンが優しい眼差しで見つめ合う姿を捉えたもの。それぞれのカットに加えて、2人がエンパイア劇場から花火を見つめる後ろ姿が写され、温かな希望を感じさせるデザインとなっている。

ディズニープラス
エンパイア・オブ・ライト
をディズニープラスで今すぐ見る

PR

©2024 Disney and its related entities

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース