菅田将暉&原田美枝子、親子役で主演! 川村元気の長編監督デビュー作「百花」で強力タッグ

2021年12月2日 05:00

川村元気監督作「百花」は2022年9月9日公開
川村元気監督作「百花」は2022年9月9日公開

映画プロデューサーで脚本家、小説家としても活躍する川村元気氏が、自身4作目となる小説「百花」(文春文庫刊)の映画化企画で、長編監督デビューを果たしていることが分かった。ふたりで生きてきた親子の愛と記憶をめぐる物語を菅田将暉原田美枝子とともに紡ぐ。

告白」「悪人」「モテキ」「君の名は。」など、これまでに40本以上の映画を製作してきた川村氏は、映画化された「世界から猫が消えたなら」「億男」をはじめ、刊行されたばかりの最新作「神曲」までに5作の小説を発表している。2019年に発表された「百花」は、川村氏自身の体験から生まれた作品で、山田洋次監督や吉永小百合が絶賛して話題を呼んだことは記憶に新しい。

画像2

メガホンをとった川村氏は、カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門に選出された「どちらを」で共同監督を務めているが、長編としては初監督となる。6月17日にクランクインし、関東近郊、兵庫・神戸、長野・諏訪、千葉・いすみほかでロケを行い、8月12日にオールアップを迎えた。映画は、22年9月9日から全国で公開されることも決まっている。

菅田は、記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出をよみがえらせていく息子・葛西泉に扮している。レコード会社に勤務し、社内結婚をして間もなく第一子が生まれようとしている日常から一変、認知症が進む母を目の当たりにして封印していたはずの過去の記憶と向き合うという役どころを、繊細に演じた。川村監督のこだわりで1シーン1テイクでの撮影となり、俳優陣にとっては過酷な現場になったことは想像に難くないが「一生忘れられないテイクが生まれました。原田さんとふたり、ボロボロになりました。ふと思い出してはニヤニヤしています」とコメントを寄せている。

画像3

一方、黒澤明監督、増村保造監督、深作欣二ら日本映画界の巨匠たちの作品に出演してきた原田は、女手一つで育ててきた息子とある事件をきっかけにすれ違うようになってしまった百合子に息吹を注ぐ。「いろいろなチャレンジがあり、冒険をさせてもらった現場」で、記憶を失っていくなかで思い出の奥底にある“秘密”に手を伸ばそうとする母の姿を、圧倒的な存在感と確かな演技力で見せる。

今回の発表に合わせ、劇中ビジュアルと超特報映像がお披露目された。ビジュアルでは、夕暮れ時の諏訪湖を背に、微笑む母と見つめる息子の姿が映し出されている。また、40秒の超特報は「また、母が遠くへ行ってしまいそうな気がした」という菅田のナレーションから始まる。現在と過去の記憶が混在する映像から、記憶を失っていく母の行く末を予感させる映像となっている。

菅田と原田、川村監督のコメント全文は以下の通り。

画像4

菅田将暉

川村元気さんとはこれまで色んな現場でお会いし、何本もお世話になっているのですが、世界中を飛び回り常に新しいものを探し続けるその姿勢に、どこか超人めいた華やかさを感じていました。しかし今回ご自身で書き、監督する「百花」を初めて読んだ時にびっくりしました。こんなにも小さな、小さな小さな物語。誰もが通る、親子の、家族の、褪せていく記憶の世界。どうしようもない人間の性が溢れていて、原作小説を読みながら気づいたら泣いてました。今、川村元気さん本人の手で残すべき作品だと思いました。自分の曖昧な記憶と向き合い、忘れていく人間を自覚し、足掻いていこうと思いました。そして、一生忘れられないテイクが生まれました。原田さんとふたり、ボロボロになりました。ふと思い出してはニヤニヤしています。公開が楽しみです。皆さまの記憶にこびりつき、明日がより豊かになる事を願っています。

原田美枝子

私自身、母の記憶にまつわるドキュメンタリー映画をつくっていたので、この本をすごく面白く読ませていただきました。当たり前だったことが次の瞬間分からなくなる、記憶を失っていく様をリアルにみせていくのは、非常に難しく大変でした。また現在の自分と20歳以上若い過去の自分の両方を演じたりと、いろいろなチャレンジがあり、冒険をさせてもらった現場です。
菅田さんは個性の強い方という印象だったんですけど、話し始めたらすごく素直で頼れる方で、たくさん支えてもらいました。川村監督は俳優のことをちゃんと見てくださる方で、信頼して身を任せることができました。
なかなかOKが出なかったシーンのロケで、ふと空を見た時、黒澤(明)さんや溝口(健二)さん、私の恩師である増村(保造)さんたちが並んで見守ってくれているような、不思議な感覚を味わいました。
みんなで魂を込めて作った作品です。楽しみに待っていてください!

川村元気監督

「あなたは誰?」
五年前に私のことを忘れてしまった祖母。
徐々に記憶を失っていく祖母と向き合いながら、私自身が様々なことを忘れていたり、記憶を書き換えながら生きていることに気付かされました。
人間は体ではなく記憶でできている。
どうしようもない瑣末な記憶ですら、それらは複雑にその人に根ざし、その人を形成している。
そんな実感から生まれた小説が「百花」でした。

原作小説を読み、すぐに電話をかけてきてくれた菅田将暉くん。
脚本や芝居について、何度も話し合いを重ねた原田美枝子さん。
監督をしながら自分で書いた物語の記憶は散り散りになり、いまは素晴らしいスタッフ、キャストと共有する記憶として再構成されています。
目下編集中ですが、菅田将暉原田美枝子の凄まじい姿が映っていることだけは確かです。
完成をしばし、お待ちいただければ幸いです。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 悪魔のいけにえ
  • サスペリア(1977)
  • ミスト
  • ジェーン・ドウの解剖
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • オーディション
  • 哭声 コクソン
  • クラウン
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「ジブリパーク」開業日は11月1日!「耳をすませば」「天空の城ラピュタ」などの世界を再現した建設中エリアに潜入

    1

    「ジブリパーク」開業日は11月1日!「耳をすませば」「天空の城ラピュタ」などの世界を再現した建設中エリアに潜入

    2022年1月27日 19:30
  2. 「ミラベルと魔法だらけの家」挿入歌、「アナ雪」の「Let It Go」超えの大ヒット

    2

    「ミラベルと魔法だらけの家」挿入歌、「アナ雪」の「Let It Go」超えの大ヒット

    2022年1月27日 11:30
  3. 「ジブリ作品を残していきたい」 宮崎吾朗監督&鈴木敏夫プロデューサーが「ジブリパーク」にこめた願い

    3

    「ジブリ作品を残していきたい」 宮崎吾朗監督&鈴木敏夫プロデューサーが「ジブリパーク」にこめた願い

    2022年1月27日 20:00
  4. 【コラム/細野真宏の試写室日記】2021年映画ランキングから見える映画業界の実態と「ARASHI 5×20 FILM」興行収入

    4

    【コラム/細野真宏の試写室日記】2021年映画ランキングから見える映画業界の実態と「ARASHI 5×20 FILM」興行収入

    2022年1月27日 09:00
  5. 井上真央主演、尾野真千子と初の姉妹役 BS松竹東急開局記念ドラマ「夜のあぐら 姉と弟と私」4月放送

    5

    井上真央主演、尾野真千子と初の姉妹役 BS松竹東急開局記念ドラマ「夜のあぐら 姉と弟と私」4月放送

    2022年1月27日 06:00

今週