第78回ベネチア映画祭終盤、コンペはポール・シュレイダー監督&オスカー・アイザック主演作やNetflix作品が高評価

2021年9月9日 15:00

「ラストナイト・イン・ソーホー」監督、キャスト陣
「ラストナイト・イン・ソーホー」監督、キャスト陣

9月1日から開催されている第78回ベネチア国際映画祭も終盤に入り、さまざまな話題作が披露された。コンペティションで評価が高いのは、ポール・シュレイダーオスカー・アイザック主演で、イラク人捕虜の拷問を担当した元アメリカ兵士でいまはギャンブラーの主人公を描いた「The Card Counter」。政治的な主題とエンターテインメントがうまく融合した見どころあふれる作品だ。アイザックは今回のベネチアで、「Duneデューン 砂の惑星」、ジェシカ・チャスティンと共演したHBOドラマシリーズ「Scenes from a marriage」(U-NEXTで配信予定)と、3本も出演作が並ぶ活躍ぶりで、その存在感を示した。

ジェーン・カンピオンパオロ・ソレンティーノの両Netflix作品も、期待に違わぬ力作である。カンピオンの「The Power of the Dog」は裕福な家の出身でありながら、西部で牧場を経営する兄(ベネディクト・カンバーバッチ)とその弟(ジェシー・プレモンス)の物語。性格の異なる兄弟の確執と、アメリカン・ウェストに対する郷愁が交差する。脇を固めるキルステン・ダンストを含め、鮮烈な役者の魅力が楽しめる。ソレンティーノの「The Hand of God」はマラドーナがナポリに移籍した80年代半ばを背景に、ナポリ育ちのこの監督の私的ノスタルジーが反映されている。エキセントリックな家族に囲まれながら、思春期から大人へと移行する少年の変化を描く。

フランソワ・オゾンの「Summer of 85」に主演したバンジャマン・ボワザンはじめ、グザビエ・ドランバンサン・ラコストなど若手俳優が勢ぞろいしたバルザック原作、グザビエ・ジャノリの「Illusion Perdues」と、堕胎が許されなかった60年代前半の女子学生たちの苦悩を描いたオドレイ・ディワンの「L’Evenement」の、2本のフランス映画も高評価だ。

クリステン・スチュワートがダイアナ妃に扮した「スペンサー(原題)」
クリステン・スチュワートがダイアナ妃に扮した「スペンサー(原題)」

マギー・ギレンホール初監督作「The Lost Daughter」と、クリステン・スチュワートがダイアナ妃に扮したパブロ・ララインの「スペンサー(原題)」も、欧米の批評家には高評価だった。ただしスチュワートの演技や、4文字言葉を発するダイアナ妃像は、やや賛否に分かれた印象だ。またオープニングを飾ったペドロ・アルモドバルの「Madres Paralelas」は、病院で新生児を取り違えられた母親の心情を、ペネロペ・クルスが抑制の効いた演技で表現し、賞賛された。

アウト・オブ・コンペティション部門では、エドガー・ライトアニヤ・テイラー=ジョイを起用し、60年代のSOHOの闇の世界を描いた「ラストナイト・イン・ソーホー」が話題に。ゴージャスなミュージカルのような幕開けから徐々にホラーへと変化していく演出に引き込まれる。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン