Summer of 85

劇場公開日

Summer of 85
13%
55%
28%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランス映画界の名匠フランソワ・オゾンが、若かりし日に読み影響を受けたというエイダン・チェンバーズの小説「おれの墓で踊れ」を映画化し、16歳と18歳の少年の人生を変えた、ひと夏の初恋を描く。セーリングを楽しもうとヨットで沖に出た16歳のアレックスは突然の嵐に見舞われ転覆し、18歳のダヴィドに救出される。2人は友情を深め、それはやがて恋愛感情へと発展し、アレックスにとっては、それは初めての恋となった。そんな2人は、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを立てるが、ダヴィドの不慮の事故により、2人の時間は終わりを迎える。生きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった。主演は、オゾン監督がオーディションで見いだしたフェリックス・ルフェーブルとバンジャマン・ボワザン。第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション選出作品。

2020年製作/100分/PG12/フランス
原題:Ete 85
配給:フラッグ、クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「常連(もしくは過去に一回でも選出されたことがある制作陣)」
出品作品 フランソワ・オゾン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

映画レビュー

4.0かの名曲との相性がもはや神がかり的

2021年8月30日
PCから投稿

この映画について話すと、よく「オゾン作品の中でいちばん好き」という声が聞かれる。かく言う私も同意見で、いちばんかどうかは別としても、本当に幅広い人に愛される映画なのだなと実感する。オゾン自身が17歳の頃に出会い、大いに感化されたエイダン・チェンバーズの原作小説をもとにしつつ、本作にもう一つの魂を与えたのは明らかにザ・キュアーの名曲の存在だろう。イントロがもたらす颯爽としたイメージと高揚感は今聴いても神がかり的だが、ここで謳われる歌詞がジャストではなくとも映画の主人公たちの別れや破局の心境をいささか代弁しているかのようにも聞こえるのは本当に不思議だ。80年代の空気と潮風の香りにどっぷりと浸かり、生涯忘れえぬ瑞々しいひと夏の恋が繰り広げられ、唐突に訪れる試練の渦中でいつしか「書く」ことの重要性に目覚める主人公。その姿がまた感動的。どれだけ時代が変わろうとも、この物語の尊さと普遍性は変わらない。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

3.5とにかく文学的

2022年6月25日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とまちゃん

4.0好きな人に飽きたって言われたら絶対傷つく

2022年4月28日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

洋画っていうと大体イメージするのは英語圏が舞台の作品だろうけど、今回はフランスで、そのせいか英語を喋る人達の距離感とはまた違った距離感で恋愛映画を見ることができた。
アメリカの映画とかだと人とかすぐ仲良くなるイメージだけどそんな感じじゃなくてぎこちない時間とかイチャイチャの仕方とかもフランス独特の感じが見れて新鮮。

2人のシーンはすごく綺麗でやっぱ男女のカップルの物語を見てるより同姓同士の恋愛を見てる方が素敵だなって思うしキュンキュンする。男と女が当たり前な世の中だからその殻を破って普段恋する対象じゃない相手と恋をに落ちるのは何か禁断的なものが感じられるな。あとは少し腐が混じってんのかも笑笑
でも大体こういうLGBTの映画の人たちってゲイだから好きになるんじゃなくて「その人」だから好きになるんだよね。そこが普通の恋愛よりも特別で唯一無二で2度と同じ相手には会えない気がするから魅力的なのかもな。

映画の内容は感動したけど、ところどころん??ってなるところが多かった。デヴィトを最初見た時はなんで心優しくて社交的な人間なんだろう、アレックスとは正反対でそこが噛み合ってる!なんて思ったけど見ていくうちに性的な対象にはみんな自分から誘ってたり、結局船も口だけで片付けてくれてなかったり、最終的には喧嘩でも最低なこと連発してたし。なんで言った本人があそこで泣いてたのかはわかんない。アレックスの気持ちになったら悲しすぎて私まで傷ついた。私ならそこで病んじゃって引きこもりになってたかな。デヴィトのお母さんもどう考えてもデヴィトの死は息子の不注意でそこを無理矢理他人に結びつけて現実逃避をしてはいけないのに、アレックスにひどい言葉を連発、思いやりがないのはどっちだよっておもった。

前半でアレックス、デヴィト、デヴィトのお母さん、三人のすごく幸せで楽しそうな空間がいっぱいあったから、もしもあんな感じでrelationship が終わるなら私は耐えられないな。でも最後ケイトが「あなたが理想の彼を夢見てただけよ」って言われてなんかハッときたし、、、でも私は純愛でいて欲しかったな、なんて思う。ちなみにケイトの発言は芦田愛菜のスピーチを連想させるね。わんちゃん芦田愛菜もこの映画見たのかも笑笑笑笑

でも、2人の幸せな時間は見ててすごくよかった。やっぱ美少年2人っていいね。そこは最近見た映画で1番キュンキュンしたかも。

追記

結局davidはただのプレイボーイであっさり捨てられたアレックス。そのままもう2度とdavidには会えなくなる。そんな辛い現実があってもまだdavidに対しての気持ちが諦めきれなくてそれで死体に跨ったり墓荒らしたり、したのかなー。ずっとずーっと、davidの幻想を追っていたんじゃないかなー

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ikemencorrector

4.0ロッドの曲で覚醒

2021年11月20日
Androidアプリから投稿

ストーリーは、最近のBL的な感じ?

フランスの海沿い。
バカンスあり、ラブありみたいな。

でも~大好きだったロッド・スチュワートのセイリングが、かかるなんて、予想外。

ほんとに、やられた~

それに、なんだろ。
未来のあるおわりかた、なんだな。

もう、キュンキュンしちゃう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツバチば~や
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「Summer of 85」以外にこんな作品をCheck-inしています。