「DUNE デューン」ベネチア映画祭でスタンディングオベーション ティモシー・シャラメ「この映画は僕にとって一生の栄誉」

2021年9月4日 12:03

ドゥニ・ビルヌーブ監督とティモシー・シャラメ
ドゥニ・ビルヌーブ監督とティモシー・シャラメ

ベネチア国際映画祭で現地時間の9月3日、ドゥニ・ビルヌーブ監督の新作「DUNE デューン 砂の惑星」がアウト・オブ・コンペティション部門で上映され、熱狂的なスタンディングオベーションで迎えられた。

スター・ウォーズ」にも影響を与えたと言われるフランク・ハーバートの原作は、1984年にデビッド・リンチが映画化したほか、アレハンドロ・ホドロフスキーH・R・ギーガーなどを起用して制作を試みるものの、頓挫するなど、何人もの監督を魅了してきたカルト的なSF小説。ビルヌーブ自身も十代の頃に読んで以来、映画化することが夢だったという。そんな彼の作品は、原作が持つ壮大なスケールと哲学的な深さに加え、現在の世の中ともリンクする要素を持っている。

人類が他の惑星に移住している西暦1万190年、レト公爵(オスカー・アイザック)は宇宙帝国の皇帝(ステラン・スカルスガルド)より、砂の惑星デューンを収める指令を受ける。だが、そこには陰謀があり、やがて公爵の息子で予知能力のあるポール(ティモシー・シャラメ)とその母(レベッカ・ファーガソン)も命を狙われることになる。

他の映画化作品と異なるのは、レベッカ・ファーガソンゼンデイヤ扮する女性キャラクターの重要さだろう。また映画を牽引する主人公、ポールに扮したティモシー・シャラメのカリスマ性も、鮮烈な魅力のひとつだ。これまで「コンタクト」「ブレードランナー2049」といった作品を手がけてきたビルヌーブらしく、スタイリッシュでダークな映像と、ハンス・ジマーによる音楽が織りなす迫力は、観客を155分のあいだ魅了して止まない。

画像2

公式上映に先立って行われた記者会見には、ビルヌーブ監督とともに、ティモシー・シャラメゼンデイヤレベッカ・ファーガソンオスカー・アイザックジョシュ・ブローリンハビエル・バルデムが出席した。ビルヌーブ監督は、本作のテーマの現代性について、「原作は60年代に書かれたものだが、今の世界を予言したような要素がある。宗教と政治の混合、救世主的な人物の持つ危険さ、植民地主義、そして環境問題など、まさに今我々が考えるべきことだ」と語り、「作曲家のハンス・ジマーと、女性のキャラクターを強調するようなスコアを入れることも考えた。女性の存在は、原作にとても重要なものだ」と明かした。

一方、役作りについて尋ねられたシャラメは、撮影の数カ月前にデビッド・リンチ版を観たことに触れ、「(ポール役の)カイル・マクラクランのことはとても尊敬しているけれど、ドゥニから自分自身のポールを作れと言われたら、すべてを忘れて没頭するしかない。砂の上を歩く練習もしたよ。SF小説の映画化はいろいろな要素があとから加えられがちだけど、ドゥニの場合はその反対。原作にとても忠実で、キャラクターはシリアスであり、リアリズムがある」と強調した。さらに「この映画は僕にとって一生の栄誉。願わくば、続編が作られて欲しい。それが夢だ」と、映画に対する熱意を顕にした。

本作は日本で10月15日から全国公開となる。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
DUNE/デューン 砂の惑星(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. キャストが豪華すぎ! 世界の歴史を変えた“ほぼ実話”の陰謀を描く「アムステルダム」キャラポスター

    1

    キャストが豪華すぎ! 世界の歴史を変えた“ほぼ実話”の陰謀を描く「アムステルダム」キャラポスター

    2022年9月29日 08:00
  2. 森達也監督、初の劇映画に永山瑛太、東出昌大ら 新たなキャスト12名発表

    2

    森達也監督、初の劇映画に永山瑛太、東出昌大ら 新たなキャスト12名発表

    2022年9月29日 08:00
  3. 相葉雅紀、共演者から絶大なる信頼!「みんなが思っている以上に素敵な人」

    3

    相葉雅紀、共演者から絶大なる信頼!「みんなが思っている以上に素敵な人」

    2022年9月29日 20:30
  4. 「バーフバリ」シリーズのリバイバル上映決定 監督新作「RRR」の超絶アクションシーンも公開

    4

    「バーフバリ」シリーズのリバイバル上映決定 監督新作「RRR」の超絶アクションシーンも公開

    2022年9月29日 18:00
  5. アレハンドロ・G・イニャリトゥ新作「バルド、偽りの記録と一握りの真実」予告披露 11月一部劇場で公開決定

    5

    アレハンドロ・G・イニャリトゥ新作「バルド、偽りの記録と一握りの真実」予告披露 11月一部劇場で公開決定

    2022年9月29日 10:00

今週