コンタクト

劇場公開日

21%
45%
26%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球外の知的生命体と接触した女性の姿を描くSF超大作。科学と宗教、頭脳と心、ヒロインの心の成長、恋人たちの物語などさまざまな要素を盛り込んだ多面的な物語の構造が魅力。96年に他界した宇宙科学者カール・セイガンの同名小説(邦訳・新潮文庫)に基づき、セイガンと妻アン・ドルーヤンが映画用原案を作り(共同製作も)、「フック」のジェームズ・V・ハートと「マンハッタン花物語」のマイケル・ゴールデンバーグが脚色。監督には「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキスがあたった。製作はゼメキスと、彼のほとんどの作品に参加しているスティーヴ・スターキー、製作総指揮は「9か月」のジョーン・ブラッドショウと「素晴らしき日」のリンダ・オブスト。撮影は「フォレスト・ガンプ」「夕べの星」のドン・バージェス、音楽は「フォレスト・ガンプ」などゼメキスとは名コンビのアラン・シルヴェストリ、美術は「キルトに綴る愛」のエド・バリュー、編集は「バードゲージ」のアーサー・シュミット、衣裳は「フォレスト・ガンプ」のジョアンナ・ジョンストン、主演は「ネル」のジョディ・フォスター。共演は「評決のとき」のマシュー・マコノヘイ、「ニクソン」のジェームズ・ウッズ、「カウガール・ブルース」のジョン・ハート、「リバー・ランズ・スルー・イット」のトム・スケリット、「TINA ティナ」のアンジェラ・バセット、「ヒート」のウィリアム・フィクナー、「ボディ・バンク」のデイヴィッド・モース、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウほか。

1997年製作/150分/アメリカ
原題:Contact
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

電波天文学者のエリー(ジョディ・フォスター)は、砂漠の電波天文台で観測中に、恒星ヴェガ付近から地球に向けて電波信号が発せられているのに気づく。彼女は物心ついた時から常に、「なぜ私たちはここにいるのか。私たちは何者なのか」という疑問の答えを求めていた。最愛の父テッド(デイヴィッド・モース)が亡くなった後、エリーは科学に没頭する。彼女は地球外生命体からのメッセージの探究をテーマに選び、大多数の科学者からの嘲笑や成功の確率の圧倒的な低さにも関わらず、何年も宇宙からの電波の観測を続けていた。そして、とうとうメッセージは届いた。エリーが送られてくる電波信号を数字に変換すると、どこまでも続く素数の羅列になった。これは、素数を理解するまでの水準に達した生物の住む惑星を探すため、何らかの知的存在が発したメッセージに違いない。信号は単に素数を表しているだけでなく、複数の読み取り方ができることがわかった。さらに世界中の国々が協力して解読を進めるうちに、驚くべき事実が判明。このメッセージには、乗員を宇宙へ運ぶことのできる宇宙間移動装置=ポッドの設計図が含まれていたのだ。新時代の幕開けかハルマゲドンの到来か、世界中を巻き込んだ騒ぎが続き、この装置を建造するか否かについても論争が巻き起こる。最初にメッセージを発見し、その後も解読の中心となってきたエリーだったが、彼女の功績を妬む科学者ドラムリン(トム・スケリット)によって、科学調査班のリーダーの地位に果たして彼女が適任かどうかを巡る争いが起こった。そんな中、彼女は国際的な影響力を持つ宗教学者で、合衆国政府の宗教顧問でもあるパーマー・ジョス(マシュー・マコノヘイ)に援護を求めた。2人は、かつて愛し合った仲だったが、仕事第一のエリーのせいで、彼らの恋は短命に終わっていた。宇宙に目を向けてきた科学者と、人間の内面に深く分け入ろうとする宗教学者、まったく異なる信念を持って生きてきた2人だが、メッセージを理解しようとする共通の情熱から新しい絆で結ばれ、改めて愛し合うようになる。ポッドの建造が決定し、ただ1人の乗員の志願が始まった。エリーも志願するが、査問会はドラムリンを選んだ。だが、ポッドの運転テストの当日、テロリストが爆弾を爆発させて装置は破壊され、ドラムリンも死んだ。悲嘆にくれるエリーに、以前から彼女の能力を高く買って資金援助を続けていた謎の資産家ハデン(ジョン・ハート)が、装置はもう一基、北海道に建造されている、と明かす。エリーはポッドに乗り込み、巨大なマシンが動き始めた。強いエネルギー界にポッドが落とされた瞬間、めくるめく光のチューブ=ワームホールを抜けて時空間を移動する。そこは言葉にできないほど美しい空間だった。一面に広がる青い海と白い砂浜に降り立った彼女の前に、死んだはずの父テッドが現れた。これは、彼女の意識を読み取った知的生命体がテッドの姿を借りたのだった。生命体は「これは人類にとって第一歩だ」と言い、エリーは「この広い宇宙で、私たちは独りぼっちではない」と初めて実感する。彼女が次に気づいた時はベッドの上だった。彼女は国防庁長官キッツ(ジェームズ・ウッズ)や大統領補佐官レイチェル(アンジェラ・バセット)から、実験は失敗し、あの体験は幻覚ではないかと告げられる。調査会議が開かれ、エリーは激しい批判にさらされたが、彼女は毅然として自分が体験したことを信じていると主張し、多くの人々から温かく迎えられる。再び電波観測の任に就いた彼女は、砂漠の真ん中であの体験に思いを馳せる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 アカデミー賞(1998年)

ノミネート

音響賞  

第55回 ゴールデングローブ賞(1998年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ジョディ・フォスター
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5ロマンと現実の狭間で

shinさん
2021年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ピュアで意欲的に新しいことへ挑戦する人に、頭の固いお偉いさんがそれを阻む、というよくある対立構造から始まる壮大なSFファンタジー。

実証主義でデータのないものは信じない科学者が、その自分の信条に苦しめられてしまう。

自分の目で見たもの、経験したものが絶対であって、人に信じてもらうのはその次でいいのだ。ロマンを追いかけよう。失敗を恐れず冒険心を持とう。

言葉にしてしまうとチープで小っ恥ずかしくなってしまうけど、それを維持して実行することがどれだけ難しく、かつ大切で貴重か。

何かと予防線を張って、リスクを冒さず、無難な道を歩きたがる凡人には、憧れでもある反面、別世界のお話でもある。

一度は夢破れかけても、「二つ作れるならついでに作れ」という半ば強引な展開に笑いかけましたが、夢は諦めなければいつか叶うよ、という優しいメッセージなのでしょうか。

公開された当時に観た感想と今、久しぶりに観た感想が自分の中でほぼ同じなのは、やはりこの映画の持つメッセージ性が普遍的なものだからなのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

5.0素直に感動出来るSF映画。!

2021年7月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
西海一久

4.0やや地味なSFであるが、面白い

2021年6月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ

2.5ちょっとこれは

marさん
2021年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

当時のSFとして良くできてたんだろうな、っていうのが正直な感想。
ジョディ・フォスターってこういう学者とか敏腕ナントカみたいなのが本当に似合う。
あえて”当時の”と付けたのはやっぱり古臭さを感じる部分もあるからで、
僕は素人だけども宇宙科学とかに詳しい人にはきっともっと多くあるだろうと思う。

まず正直いって鼻についたのが、ちょっと恋愛要素を安易にやっちゃってないかってとこ。
マコノヒ―との距離の縮め方がやっぱり不自然だと思うし、
後半の、あの禁断の恋みたいな関係性もちょっと浮世離れしすぎてる感があった。
ただそこはSNSやらが無い時代のお話しなので、大目に見れなくもないんだけど…。
後年の「インターステラー」とはマコノヒ―つながりでどうしても比べちゃうとこがあって、
あちらはもっと普遍的な”愛”について言及してたかなと。
まぁとにかく、たぶん現代ではあの段階でセックス描写はしないと思うし、
僕も要らなかったと思うよっていう。

あとは上映時間が長い割に、脇を固めるキャラクターの描写が足りなかったと思う。
最初の搭乗者だった彼とか、カルトの彼とか、あとは資産家の彼とか。
別にオムニバスにしろってわけじゃないんだけど、どうしても予定調和というか
「お話しのためにこんな役まわりですよ」って感じがしちゃうというか、
前述の恋愛要素も相まって、上滑りしてる感じがどうしてもしちゃった。
そういや解読のくだりもちょっとアレでしたね。前時代的な盲点みたいだった。

総じて同時代の「SE7EN」と比べてこんなに古臭く感じるか、と。
自分が年齢を重ねたことを改めて認識したっていう次第です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る