「ブラック・ウィドウ」北米興収はコロナ禍最高額8000万ドル Disney+でも6000万ドル

2021年7月15日 08:00

「ブラック・ウィドウ」
「ブラック・ウィドウ」

マーベル・スタジオ最新作「ブラック・ウィドウ」が、北米市場においてコロナ禍に公開された映画として史上最高の興収8000万ドルでデビューを飾った。

同作は、スカーレット・ヨハンソン演じる人気キャラクター、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを主人公にした初の単独映画。当初は2020年5月に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で数回の延期を経て、21年7月9日(現地時間)にようやく北米で封切られた。8000万ドルという成績は、6月公開の「ワイルド・スピード ジェットブレイク」(ジャスティン・リン監督)の7000万ドル、5月公開の「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」の4830万ドルを上回っており、北米の映画史上が着実に復活していることを示している。

さらに、同作はディズニーの動画配信サービスDisney+でプレミアムアクセスと呼ばれる追加料金(30ドル)つきで同日配信されている。このほど、ディズニーは「ブラック・ウィドウ」の全世界でのプレミアムアクセスによる収入が6000万ドルであると発表。アメリカ国外の興収が7880万ドルであることから、全世界の興行とプレミアムアクセスを合わせて、公開3日間で2億1880ドルを稼いだことになる。

ブラック・ウィドウ」の北米オープニング興収に関しては、1億ドルを突破するという予測もあったが、Disney+で同時配信されたこともあり実現はならず。ワクチン接種が進んでいるアメリカでは映画鑑賞に関するほぼすべての規制が撤廃されているが、調査によると、35歳以上の観客の多くがいまだにシネコンに戻ることに抵抗を感じているという。また、ワクチン接種の対象となっていない12歳未満の子どもを持つ親も同様であり、こうした層がプレミアムアクセスに流れたとみられる。

ディズニーは、次のマーベル・スタジオ作品「シャン・チー テン・リングスの伝説」を9月3日に劇場のみで公開するとしている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ブラック・ウィドウ (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「自分でも驚くほど美しい」滝藤賢一が映画初主演作でドラァグクイーン役 「ひみつのなっちゃん。」1月13日公開

    1

    「自分でも驚くほど美しい」滝藤賢一が映画初主演作でドラァグクイーン役 「ひみつのなっちゃん。」1月13日公開

    2022年7月6日 06:00
  2. 「ロッキーVSドラゴ ROCKY IV」8月19日公開 「ロッキー4」をスタローンが再構築、42分の未公開シーンも

    2

    「ロッキーVSドラゴ ROCKY IV」8月19日公開 「ロッキー4」をスタローンが再構築、42分の未公開シーンも

    2022年7月6日 07:00
  3. 映画ドラえもん新作タイトルは「のび太と空の理想郷」! 脚本・古沢良太がシリーズ初参戦

    3

    映画ドラえもん新作タイトルは「のび太と空の理想郷」! 脚本・古沢良太がシリーズ初参戦

    2022年7月6日 08:00
  4. 声優・坂本真綾の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    4

    声優・坂本真綾の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    2022年7月6日 11:00
  5. 「闇金ウシジマくん」実写シリーズの新章開幕! 女闇金・犀原茜が主人公の外伝、9月放送・配信

    5

    「闇金ウシジマくん」実写シリーズの新章開幕! 女闇金・犀原茜が主人公の外伝、9月放送・配信

    2022年7月6日 08:00

今週