「ブラック・ジャック」中国で実写ドラマ化! 注目の会社「Coloroom Pictures」が制作

2020年4月23日 13:00

「ブラック・ジャック」中国実写版ポスター
「ブラック・ジャック」中国実写版ポスター

[映画.com ニュース] “漫画の神様”手塚治虫による名作「ブラック・ジャック」が、中国で実写ドラマ化されることがわかった。この情報が判明したのは「Beijing Enlight Pictures(光線影業)」の制作ラインナップ会見でのこと。同社が2015年に設立した子会社「Coloroom Pictures(彩条屋影業)」が手掛けることになった。

ブラック・ジャック」は、1973~78年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載され、79~83年に不定期掲載された医療漫画。“無免許の天才外科医”ブラック・ジャックの活躍が描かれた。日本での実写化は、大林宣彦監督による映画「瞳の中の訪問者」のほか、加山雄三隆大介本木雅弘岡田将生ブラック・ジャックに扮した映像作品が発表されている。

今回、実写ドラマ化に着手する「Coloroom Pictures(彩条屋影業)」は、現在中国で注目を集めている会社だ。19年夏に公開され、中国映画興行収入歴代2位に輝いたアニメ映画「Ne Zha(英題)」をはじめ、16年に中国で話題を呼び、Netflixで配信されている「紅き大魚の伝説」、近年の中国国産アニメの最高傑作と称された「大護法之黒花生(原題)」(邦訳:大護法と黒ピーナッツ)を製作している。

Coloroom Pictures(彩条屋影業)
Coloroom Pictures(彩条屋影業)

また「千と千尋の神隠し」「君の名は。」「天気の子」といった日本映画の中国大陸での配給、宣伝も担当。同社はラインナップ会見で、これからの5年間で“漫画原作の実写化”を10タイトル制作する予定(「ブラック・ジャック」を含む)と発表している。

ブラック・ジャック」は、中国語版の漫画も発売されており、中国国内ではテレビアニメ版、過去の実写版も絶大な人気を得ている。そのため今回の実写ドラマ化への期待値は高く、ファンの間ではかなり話題になっているようだ。現時点では、放送日などの具体的な情報が明かされていないため、今後の動向が注目されている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
天気の子
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン