ライオンズゲート、リブート版「ソウ」など新作3本の公開を延期

2020年3月21日 12:00

全米公開が延期となった「Antebellum(原題)」
全米公開が延期となった「Antebellum(原題)」

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの流行を受け、米ライオンズゲートが「Antebellum(原題)」「Run(原題)」「スパイラル(原題)」の新作映画3本を公開延期とすることを発表した。

米Deadlineによれば、いずれの作品に関しても新たな公開日は現時点で未定。ライオンズゲートは感染拡大防止策の一環として米国内の映画館が次々と閉鎖されている現状を鑑み、興行インフラの回復を待って今後の戦略ならびに公開日を検討する方針だという。

当初4月24日から全米公開予定だった「Antebellum(原題)」は、「ムーンライト」「ドリーム」のジャネール・モネイ演じる主人公のベストセラー作家ベロニカが、タイムスリップによってとらわれてしまった恐ろしい“もうひとつの現実”から抜け出すべく、手遅れになる前に不可解な謎を解き明かそうと奔走する姿を描くタイムリミットホラー。大ヒットホラー映画「ゲット・アウト」で製作を務めたジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが、共同で脚本を執筆しメガホンをとる。

5月8日全米公開予定だった「Run(原題)」は、異色サスペンススリラー「search サーチ」で注目を集めた新鋭アニーシュ・チャガンティ監督による新作。学校に通わず自宅学習を受けている少女が、母親(サラ・ポールソン)がひた隠しにしてきたダークな秘密を知ったことから、想像を絶する恐怖に巻き込まれていくさまを描く。

同15日に全米公開が予定されていた「スパイラル(原題)」は、クリス・ロックサミュエル・L・ジャクソンの共演で、世界を席巻したソリッドソリッド・シチュエーションスリラー「ソウ」シリーズをリブートするもの。警官ばかりを狙った連続殺人事件を担当することになった刑事コンビが、殺害現場に描き残された渦巻き(=スパイラル)模様を手がかりに、犯人を追いつめていく。ロックの原案を基に、「ジグソウ ソウ・レガシー」の脚本家コンビ、ピーター・ゴールドフィンガージョシュ・ストールバーグが脚本を執筆。「ソウ2」から「ソウ4」まで本家シリーズ3作品でメガホンをとったダーレン・リン・バウズマンが監督を務める。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com